1
/
5

What we do

当社は「Consulting & Incubation」の2軸で事業を展開しています。コンサルティング事業では、テクノロジーに拘ったファームとして事業展開を推進しています。インキュベーションファンドでは、コンサルティングで培った知見・実績を基に、複数の新規事業の立ち上げを目標としています。 ◆Dirbatoの社名に込めた想い◆ Digital×音楽記号(tempo rubato) tempo rubatoは音楽の速度記号の一つ。 本来的には音符の音価の一部を奪い、他の音符に付与することを意味しているが、現在は、「演者の感情の趣くまま自由に演奏をしてよい」という意味。 「新技術を自在に活用し、新しい世界を創造する」という意味を込めています。

Why we do

「テクノロジーで世界に喜びを。」 -日本におけるITコンサルタント、ITエンジニアの環境を変えるべく、日本発のテックインキュベーションファームを2018年10月 創業- 失われた30年と言われた平成が終わり、新年号 令和が始まりました。 平成30年の間に日本は世界経済から大きく後れを取り、世界に対する日本の存在感は年々小さくなっています。そんな中、IT業界に目を向けるとAIをはじめとしたテクノロジーが大量のデータとそれを処理する技術をもって既存産業の在り方を大きく変えようとしています。 この第四次産業革命とも言われるうねりは、過去の産業革命より大きなものになると予想され、シンギュラリティは確実に起こる未来だと言われています。このような大変革をどのように迎え、どう生きていくか。この判断を正しく行うことが出来れば、大変革は日本再起のチャンスになるのではと考えています。 我々ディルバートでは、大変革の中心地であるIT業界で活躍するITコンサルタントやエンジニアの市場価値を高め、より高品質なサービスを顧客へ提供することで日本再起の一翼を担えるよう、日々挑戦を続けていきます。

How we do

◆コンサルティングファーム◆ "テクノロジーを武器に、クライアントに新しい価値を提供する" あらゆる業界の課題に対して、最先端技術を活用したコンサルティングサービスを提供しています。各業界のトップクライアントを中心に、「IT戦略立案」「新規システムのグランドデザイン策定」「クラウドの最適化」「RPA支援」「セキュリティ支援」等、テクノロジー領域における様々なコンサルティングを実施しています。 また、当社ではインダストリー、ソリューションカットをせずに「ワンプール制」を導入。コンサルタントとして幅広い業界、業種での経験を培うことが出来ます。 ◆インキュベーションファンド◆ "テクノロジーを武器に、皆が幸せになるサービスを生み出す" B2B、B2C 両輪でITを活用した新しい事業の柱を立ち上げることを目標としています。第一弾として、2018年12月に参画したメンバーの起案を基に、2019年4月にはGRCS社と提携し、「Insur Tech ソリューション」をローンチ。現在複数のプロジェクトが同時並行で検討フェーズに入っており、グローバル展開も見せた事業立案を行っております。