Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「一緒に“ ラブソング ”を書こう」

ヒトリから組織へ

私、横山彩乃はここまで約4ヶ月間、たくさんの方に支えられながらも、社内には私一人でした。
『私が描く未来は、一人で作ることはできない。』
一人で戦うことはここで終わり。

もっと戦略的に戦ってみよう。
私と、一緒に。

DariaMeは常に「個」を尊重します。
それぞれが歩んできた道を大切にしたい。
あなたにしか出来ない仕事をしてほしい。

DariaMeであなたと私たちにしか出来ないものを創造しよう。

「一緒に“ ラブソング ”を書こう」

共感して泣いたり、笑顔が溢れて勇気をもらったり。
ラブソングは人の心に残る。
そんなものを作ろう。

心に残る曲はいくらでも出てくるのに、なぜ心に残る記事はこの世にこんなにも少ないのだろう。

メロディーがないと感動できないのか。
それなら、メロディーが聴こえるような記事を書こう。

人々から共感を得ることで、人の心に残り、人々の人生を豊かにし、生きやすさを提供する。
それだけのことが私たちには難しい。
人の心を揺さぶることは、とても困難だ。

自然や、音楽や、映画や、芸術は人の心を果てしなく揺さぶることができる。

私たちは生き様を見せることで人の心を揺さぶろう。

21世紀を必死に生きる若者たちへ

綺麗に見せようとする世の中。

溢れかえる情報。

何を信じたらいい?

誰を信じたらいい?

私たちはどこを向けばいい?

誰かが手を叩けば人が集まる。

本当にそこに行きたいわけでもないのに。

結局、大きい声を出す人の後ろに隠れている。

人に合わせて目立たないように生きてきた。

自分の意志より、社会の流れに乗る。

果たして、それは幸せなのだろうか。

DariaMeはそんな若者たちの味方でいたい。

DariaMeはそんな世の中の普遍を変えたい。

必死に生きてきたあなたに怖いものなんてない。

21世紀に、『逃げ場と救いと喜び、そして幸福体験』を提供しよう。

株式会社DariaMe's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more