1
/
5

【仕事紹介】YouTubeのサムネイルはこうやって作られます

こんにちは!STAGEON人事部です!

今日ご紹介するのはサムネイルデザイナーのお仕事。

「YouTubeの仕事」というと、動画を編集するクリエイターや企画を考えるプランナー、そして実際に出演をする演者にスポットライトが当たりがちなのですが、サムネイルデザイナーもかなり重要なお仕事です。


どんなに面白い企画でも、高度な技術を駆使した編集でも、そしてどんなに目を惹く魅力的な演者さんが出演していたとしても、サムネイルがよくないとその動画は伸びません。


サムネイルで興味を惹くことができなければ、そもそも視聴者にクリックしてもらうことができないからです。

良いサムネイルを投稿することは、視聴者に見てもらうための第一関門ということになります。

難しいように感じるかもしれませんがちゃんとコツがあります。

(そのコツは入社した方だけに教えます!)

まずは、サムネイルデザイナーがどんなお仕事をしているのか見ていきましょう。

サムネイルデザイナーのお仕事って?

サムネイルチームの1日はチームミーティングから始まります。

チャンネルの動向を把握して「こういうキャッチコピーが当たりそうだな」「この構図はシリーズ化できるかも」などサムネイルの分析をしていきます。

基本的に翌日以降に投稿予定の動画に対してサムネイルを作成するのですが、編集チームから上がってきた動画をチェックして、プランナーが考案した企画の意図を汲み取りながら、プランナーの指示に基づいてデザインしていきます。

サムネイルのデザインは、WEB広告などのデザインとは少し違います。

毎日YouTubeに上がっているたくさんの動画に埋まらないように、YouTube上でパッと目を惹くサムネイルを作成するのがサムネイルデザイナーのお仕事です。

作成はPhotoshopを使います。

未経験者からするとPhotoshop自体難しく感じられるかもしれませんが、サムネイルチームでは毎日のサムネイルデータをチーム内で共有し、「よかったサムネイル」「改善が必要なサムネイル」を全てアーカイブで残しています。

未経験の人でも挑戦できるように、教育体制もしっかり整えているので、もしこの記事を読んでいる人の中に「Photoshopは触ったことがないから、自分には出来ないかも...」と思う人がいても、安心してください。

もちろんPhotoshop経験者は大歓迎ですが、それよりもSTAGEONは、やる気やチーム全体の士気をあげてくれるような熱い気持ち向上心がある方を積極的に採用しています。

サムネイル作成に重要なこと


サムネイル作成をするにあたって重要なこと。

これは、STAGEONが"やる気やチーム全体の士気をあげてくれるような熱い気持ち向上心がある方を積極的に採用"していることにも関係してくるのですが、サムネイルって、1枚の画像から「これはどんなストーリーなんだろう」視聴者をわくわくさせなければいけません。

動画のどの部分を切り取るのか、動画をどういう風にアピールするのか、引き出しは多いに越したことがありません。

どうやってスキルを養っていくのかといえば、Photoshopの練習やデザインの勉強ももちろんですが、マーケティングの知識、そしてリサーチ力もかなり重要になってきます。

"いかにYouTubeでたくさんのサムネイルを見れるか"がサムネイルデザイナーとして成長するにあたっての近道なのです。

いくら経験があっても"学ぶ気持ちがない人"には難しいお仕事ということになりますが、同時に「YouTubeが好き!」という気持ちがあれば自然とスキルが身に付くとも言えるでしょう。


いかがでしたか?

もしかすると思い描いていたデザイナーとは少し違う部分もあったかもしれません。

しかし、YouTube運営においてかなり重要な要素を持つサムネイルデザインについて学びながら実績を積み重ねていけるお仕事は、他にはなかなか無いのではないでしょうか。

この記事を読んで、少しでも気持ちが動いたなら、一度話を聞きにくるだけでもOK。

あなたの挑戦をSTAGEONスタッフ一同、お待ちしています!

㈱STAGEON's job postings
60 Likes
60 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more