1
/
5

背中を追う人間から、背中で語る人間に。-最年少リーダーの夢と葛藤-

【社員インタビューNo.4】
株式会社オーサムエージェント
東日本セールスチーム リーダー 梅原 真琴

2018年入社。翌年から関東エリア営業部の主任として活躍。現在は24歳という若さで東日本セールスチームのリーダーを務めている梅原さんに、今までから現在に至るまでの仕事に対する想いや取り組み方、そしてご自身の夢についてインタビューしました。

もっと社長に近いところで仕事がしたい。

- まず、梅原さんが普段オーサムエージェントでしている仕事内容を、教えて頂けますか。

主に1都3県の運送会社様へ、人材採用に関わるご提案とサポートをしています。世の中にある無数の製品の物流を担っているにも関わらず、この業界は慢性的に人手が足りないんですよね。僕はそんな各企業様に対して課題の改善策を提案し、ご契約後は応募から採用、そして定着までの一連の流れをサポートしています。また、リーダーという役割を頂いているので、自分が持つチームのマネジメント業務も行っています。

‐ もともとこのような業界に興味があって入社されたんですか?

実は、業界に興味があったわけではないんです(笑)もともと車がすごく好きで。高校を卒業した後、大手カー用品メーカーに入社したんです。地元静岡の店舗に配属されて、整備士兼買取販売の店頭スタッフとして働いていました。そこでは東海エリアの店舗で一位の売り上げ実績をあげたんですが、インセンティブが全くなく、頑張っているのに稼げないという状況がしんどくて、転職を考えるようになりました。

- そうだったんですね。そして、オーサムエージェントに至るんですか?

いえ、実はもう一社別の会社に入社しています。当時インスタグラムでフォローしていた、車好きなら誰もが知っているアカウントがあったんですが、その方が経営する会社の求人を出していたんです。しかもフォロワー限定で。もともと好きでフォローしていた方でしたし、タイミングも良かったので即応募を決めましたね。


前職の仲間たちです

- インスタグラムでの求人というのはかなり現代的ですね。

そうなんです。50名程度の応募があったらしいんですが、最終的に僕を含めた3名が入社しました。前職とは全く違う業界でしたが、営業として働いてそれなりに売上を上げて給与ももらえて、転職してよかったなと感じていました。
ただ、もっと社長に近い位置で仕事がしたいな、と漠然ともやもやを抱えて過ごしていたのも事実です。そんなときにたまたまオーサムエージェントに出会いました
実は当時、様々な転職サイトを使って漠然と色んな会社に応募していて、オーサムエージェントに応募したのも本当に偶然なんです。この会社に入りたいとかここで働く人に憧れてとかそんな理由は特になく…応募していた企業の内の1つくらいの気持ちだったんですよね。

- そうだったんですね。ではどうして入社を決められたんですか?

一番の理由はレスが早かったことです(笑)応募してからの返信と、その次への動きが早くて、かなり印象に残りました。面接は現取締役の中島さんが対応して下さったんですが、給与とインセンティブの面をしっかりと説明してもらったことで安心したのを覚えています。何より社長との距離が近いこともプラスのポイントでした。前職はワンマン経営の気質が強く、将来的に独立して自分でビジネスを興したいという夢がある僕にとって社長を近くに感じられることは大きな魅力でした。また、まだ創業2年目だったということもあり、これから会社を作り上げていけるという裁量と責任感の大きさを感じられたことも転職の理由としては大きかったですね。

しんどいこともありましたが、あの時諦めなくて本当によかったです。

- そうだったんですね。「社長との距離の近さ」は全社員が感じていることだと思います。オーサムエージェントの魅力の一つですよね。入社されてからこれまではどんなことを経験されましたか?

紆余曲折ありましたね。最初の半年くらいは営業として名古屋を中心に地場を回っていたんですが、とにかく売れなかったです。新プラン立ち上げのタイミングで専属セールスとして活動したこともあったんですが、そこでもうまく行かず。まずは認知度向上、と全国各地の運送会社さんをあたりweb商談を行いましたが、そもそも先方が顔を見せてくれないことも多々ありました。コロナが流行する前だったのもあり、web商談の環境が整っていない企業が多かったことも痛手でしたね。オーサムに入社するまでは営業としてある程度成果を残してきていたので、こんなにも上手くいかないものかと落ち込むこともありました。ぶっちゃけ、辞めることも考えましたよ。固定給の仕事の方が楽なんじゃないかとか…

- 今の梅原さんからは考えられない、意外な経歴でした。その経験を乗り越えたから今があるわけですね。

そう思いますね。かなりしんどかったですが、あきらめなくてよかったなと。ただ、当然のことかもしれませんが、今の自分があるのは自分だけの力じゃないなとも思います。オーサムは上手くいかなくても挑戦させ続けてくれる環境ですし、困ったときに背中を追わせてくれる先輩方がいます。自分次第で変えられると気づいたのもこの時だったかもしれません。

自分がやらないといけないという責任感が常に自分のモチベーション

- すべては自分次第。私も日々痛感しています。苦しくなることはないですか?

当時はとても苦しかったですよ。今は、純粋におもしろいなと思います。特に今は東日本セールスチームをまとめる立場になって、『営業』という仕事以外のやりがいも感じています。僕はもともと人と距離を詰めるのが得意ではないのですが、その弱点を克服するチャンスでもありますね。将来独立したいという夢を叶える上で、避けては通れない道だなと思います。ありがたいことに自社媒体の知名度も上がっていますし、関東エリアでのお客様も増え、営業としての成果も上げられるようになったので、苦しいよりも楽しいと感じる瞬間が多いですね。「売らなきゃ」というより、「お客さんが抱える課題に対して最善の提案をしたい」という想いで常に臨んでいるので、自分を待っていてくれるお客さんがたくさんいるのは本当にありがたいなと感じますね。

- そうなんですね。夢を叶えるための通過点という考え方ができると、困難なこともポジティブに捉えられるなと勉強になりました。今後、どのようなチームにしていきたいですか?

一番思っているのは、メンバー1人1人が自走できるチームにしたいです。誰かが突出して売れるとか、誰かがいないとチームが回らないとかそういう体制ではなく、1人1人が自分で考えて、行動して、成果を出す。そうなればチームとして強いなと感じています。そのためには僕のマネジメントスキルももっと上げないといけないでしょうし、個々人の繋がりも深めていかないといけないですね。本当に難しいですが、頑張りたいです。

- 梅原さんが頑張れるモチベーションはどこにあるのでしょうか。

夢を叶えたいからというのはもちろんですが、自分がやらないといけないという責任感が大きいと思います。特に僕は東京オフィスの立ち上げ時期から関わっているので、自分が頑張らないと拠点の行く先が見えなかったですし、今でいえば自分はもちろんチーム全員の成長にもコミットしないといけない。会社に対してもメンバーに対してもお客さんに対しても自分に対しても、しっかり責任を持って接する意識が欠けてはいけないなと思います。

自分に限界を作らず、常に上を目指し続ける人間でいたい。

- そんな梅原さんは将来どんな人間になっていたいですか?

独立するという夢は必ず叶えたいです。そのためにはマネジメント力をつけないといけない。当たり前ですが、営業としてしっかり売上を上げて、社内にいるセールスメンバーの誰にも負けないことも大事です。自分自身に限界を作ることほどもったいないことはないので、常に上を目指し続けられる人間でありたいですね。僕は入社直後に直属の上司だった中島さんのイズムをかなり継いでいて(笑)ずっと背中を追いかけてここまでやってきたので、中島さんを超えることも直近の大きな目標です。いつかは僕自身が中島さんのように背中を追われるような人間になりたいです。


※梅原さんが継ぐ『中島イズム』はこちらからご覧ください。

- ありがとうございます。最後に、梅原さんにとってオーサムエージェントはどんな会社ですか?

とにかく成長の機会はたくさんありますし、やりたいことに積極的にチャレンジさせてくれる会社ですね。ただ、繰り返しになりますがそれを活かすも殺すもすべてが自分次第だと思います。「これがしたい」「こうなりたい」をサポートしてくれる環境なので、あとはそのために自分がどのくらい考えて行動できるか、どのくらい努力できるか、が大切だと思います。あとは、人がいいのも魅力です。僕は人と距離を縮めるのが苦手だといいましたが、オーサムは僕より年上の方ばかりなので、すごくかわいがってくれます。メンバーと休日にフットサルをしたり旅行にいったり。社長も社員に還元したいという想いが強いので、個人的に誕生日プレゼントをもらうこともありましたし、両親へのプレゼントをもらった時はかなり衝撃をうけました(笑)とにかく風通しがよくて距離が近いところがオーサムの良いところですね。

- 最後に、今後オーサムに入社してくれる方にメッセージをお願いします!

僕自身、高卒で特に資格もなく現在に至るので、自分次第でどこまででも成長できる会社です。自分でしっかり考えて最適な行動を起こせる人、今のぬくぬくした環境を抜け出して刺激的な生活を送りたい人にはピッタリの環境だと思います。ベンチャー企業ならではの魅力や待遇もたくさんあるので、ぜひ興味をもってくれたら嬉しいですね。

株式会社オーサムエージェント's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more