1
/
5

【Apollo社員紹介#2】コンサルタント (Yui Kumasaka)

熊坂 惟(Yui Kumasaka)
大学卒業後、新興国進出支援を行うベンチャーの創業に参画。約5年間アジア各国での市場調査・マーケティング支援を行った後、デロイトトーマツコンサルティング、PwCコンサルティング及びアクセンチュアにて、サービス企画、業務改革、人材育成、マーケティングなどの領域でコンサルティングを実施。その後、立ち上げメンバとしてアポロにジョイン。

アポロへ入社を決めたきっかけは?

私は仕事において、「何をやるか」も大事ですが「誰とやるか」が非常に重要だと思っています。その点でアポロのメンバは各領域において圧倒的に秀でています。もちろんスキルレベルもかなり高いですが、マインド面もプロフェッショナル。純粋に、このメンバで何かやりたいと思いました。

お仕事内容について教えてください

一言でいうと、クライアント企業のビジネスゴール達成を支援するのがコンサルタントの仕事です。
目先の要望に応えるだけでなく、高い視座を持ち、クライアントが持っていない知識や異なる視点の提供を通じてクライアントだけでは到達できないところへ導くことを価値として提供します。
企画・構想フェーズから実行まで一気通貫で、クライアントと共に知恵を絞り、伴走することにこだわりをもっています。

私が携わった案件を具体例として紹介します。
概要としては、クライアント企業が保有する膨大なデータをインプットとし、統計解析・AIを活用することで、取引先企業の各種業務ニーズを満たすソリューション開発を支援する、というものでした。
弊社データサイエンティストとタッグを組んだプロジェクトなので、私はプロジェクトの全体管理に加え、開発機能の構想~要件定義といった上流の役割を中心に担っていました。次々に顕在化する課題をいかに社内の他部署も巻き込みながら解決するか、クライアントと共に考え、ときには経営層にプロジェクトの重要性を訴える等、その状況に応じた最善な打ち手を講じながらプロジェクトを推進してきました。
クライアントが見えていない視点を補い、中長期的な目線を持たせることがコンサルタントの重要な役割の一つだと考えています。

お仕事の中での苦労・やりがいについて教えてください

多岐に渡る業界・テーマを扱うため、プロジェクト開始前から業界、クライアントはじめプロジェクトに関連する内容をインプットすることは意識して行っています。大変さ以上に、これまで知らなかった業界等について詳しくなっていくのは純粋に面白いと思っています。
プロジェクト全体を俯瞰的に捉える中で、プロジェクトとして、また個人として、どこで価値を出すべきか常に判断しながら進めることは難しくありながらも、時にその判断が大きく成否を分けることもあるのがやりがいでもあります。

また、クライアントと一緒に試行錯誤しながら汗をかいて考えたものが形になっていくのは楽しいですし、頼っていただけるのは純粋に嬉しいですね。

今後の目標はありますか?

今はコンサルタントの傍ら総務や人事の業務も行っています。
コンサルタントとしては、スキルや経験値を更に高めていきたいですし、培った経験やスキルを後輩に還元していきたいと考えています。
総務・人事としては、会社としての基盤を整備しつつ人員を拡大させ、会社として掲げる上場を成し遂げることが目標です。

アポロの社風を教えてください

仕事に対してストイックな方々が多いです。「プロジェクトやクライアントがより良くなるためには何ができるか」という視点を持っている社員が多いです。
あとはオタク気質ですね。自分が興味関心を持っている分野に関しては、皆さんかなりの知識量を持っていると思います。

最後に、求める人物像について教えてください

好奇心が強く、なんでも興味をもって面白さを見出せる人はコンサルタントに向いていると思います。あとは、妥協せずに頑張れる人ですね。明確な答えがない中で掘り下げて考えられる人は成長スピードが全然違います。個人的には仕事に対して本気になれる人と一緒に働きたいですね。

現在、当社ではコンサルタントを積極採用中です!ご興味がある方は、下記よりお気軽にエントリー下さい!

アポロ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more