1
/
5

What we do

「サステナブルな人材プラットフォームを」 価値観自体が大きく変わりつつある現代において、重要度が増している 「働きがいと経済成長の両立」。 私たちは、新卒向け就活サービス「OfferBox」を運営する株式会社i-plugの100%子会社として、新卒採用以外の領域、中途事業領域において、Technology×Dataで付加価値の高いエクスペリエンスを提供していきます。 サービス名である”PaceBox”は、従来のダイレクトリクルーティングサービスとは異なり、"定着"を目的とした本質的な企業と転職希望者のマッチングを確立するプラットフォームです。

Why we do

「採用における大小さまざまなバイアスを正す」 私たちにとってのゴールは「入社」ではなく「定着」。 求職者と企業の可能性を引き出すプラットフォームを提供することで、求職者が自身のペースで継続的なキャリア形成を実現し、同時に企業の成長が実現できるための人材獲得のための仕組みをつくっていきます。 SDGsのNo.8でも提唱されている 「働きがいと経済成長の両立」 は、日本だけで無く世界的にも最重要イシューとして取り上げられています。価値観自体が大きく変わりつつある現代においては、さらに重要度が増しています。 わたしたちは人材領域に関わるものとしてこれほど解決する意義のあるテーマはないと捉え、「HRtechとPeople Analyticsで“働きがいと経済成長”を両立させるためのサステナブルな人材プラットフォームを」をミッションとし、今後も最適なマッチング提供を目指していきます。

How we do

「有言実行できる組織を目指して」 株式会社paceboxは「どうやっているのか」ではなく「これからをどう作っていくのか」というスタートラインに立ったばかり。 ただし、「働きがいと経済成長の両立」を実現したいと言っている以上、自らがそれを実現出来なければ意味がありません。 新卒向けダイレクトリクルーティング市場のパイオニアとして成長した「OfferBox」の倍速の成長を目指しながら、働きがいを両立させ、HRtechとPeople Analyticsで“働きがいと経済成長”を両立させるためのサステナブルな人材プラットフォームを作っていきます。