1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

株式会社Chipperに2人目として入社した理由

目次

1. 生きていく不安

2. なぜchipperだったか

3. 今後のキャリアプラン

4. 最後に

1. 生きていく不安

新卒では一部上場企業に勤めていましたが、
何んとなしに自分の市場価値が知りたくて転職サイトに登録してみて自分の市場価値の無さに愕然としました。

組込み、インフラ、webサイト、アプリなど幅広い業務を経験させていただけて飽き性の僕としてはとても楽しかったのですが、どのスキルも言われればできる程度だっため、自分に強みの無い会社で役に立つSEに成長を遂げていました。

年金、退職金がもらえないと言われている世の中で、自分で食っていけるスキルが無い不安に駆られて、自分のスキルを上げるべくフリーランスになる決意をしました。

2. なぜchipperだったか

chipperには仕事がある。そう思いました。

フリーランスではフロントエンジニアとしての技術に特化しました。
一人で仕事を取るとなればバックエンドやインフラではつらいと思ったので。

初めはフリーランスの仲介業者を通して案件を紹介してもらっていました。
半年ほどして自分でも案件を探して土日もスキルを磨くことに時間を使いました。
一年ほどして土日の案件としてchipperに関わることになりました。

自分で仕事を取っていく中で生きる力としてはSEでは稼ぎの限界があると思い、
物を売る技術が必要だと感じていました。

その中でchipperのECサイトコンサルが魅力の塊でした。
SEとしての技術は伸ばし続けるつもりですが、ECサイトの知識と技術も取り入れて稼ぐ能力のあるSEとして生きていきたいと思いました。

3. 今後のキャリアプラン

まずはchipperを大きくしていくことが当面の目標です。

「アートを支えたい」という社長の強い意志がありそれを叶えることが今のやりがいです。
アートを支えたい人を支えたいってところですね。
まだ自分には成し遂げたいものが見つかってはおらず、稼げるSEになるというざっくりした目標しかたっていません。しかしながら、その目標はchipperの成長とともに達成できるという確信があります。

自分にやりたいことが出来たときに実現できる力をつけておく。

それが今考えられるキャリアプランです。

4. 最後に

生きてる不安を取り除くには自分に自信をつけるしかないです。

ドベンチャー企業でのプレッシャーに胃の痛くなることもしばしば。
ただ、chipperの業務経験を通して確実な手応えを感じています。
今はまだ力不足を痛感する日々ですが、将来の自分を想像するとワクワクが止まらないです。

生きているからには楽しく過ごしたいし、そのためには努力が必須です。
やりがいの無い人生は生きてると感じられない自分がいるので。

ここまで目を通していただきありがとうございました。
chipperに興味を持っていただけたら幸いです。

株式会社chipper's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more