1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「アフターコロナ」、日本負荷試験テクノの働き方の変化について総務椎名へインタビュー!

こんにちは、日本負荷試験テクノ広報です。本日は総務椎名に、緊急事態宣言後の会社にどんな変化があったのか、お話を伺いしました

【プロフィール紹介】

椎名結(しいな ゆい)
栃木県出身。趣味は散歩、ペットショップ巡り。

⋄⋄「アフターコロナ」、働き方の変化は?⋄⋄

――新型コロナウィルスの影響で、会社全体で働き方に変化はありましたか?

もともとテレワークをしていたスタッフも2名いましたが、女性社員で妊婦期間の在宅勤務という形でしたので、今回のコロナの影響でテレワークに変わったスタッフはいませんでした。現場のスタッフに関しては、この間勤務時間の短縮を実施していました。点検に出るスタッフは、点検が終わり次第なるべく早く帰らせるようにしています。現場からいったん会社へ戻り、事務作業を早めに済ませて退社するようにしています。オフィス内では、席同士の距離を取ったり、窓を開けて換気をよくしたりしていますね。

――負荷試験やメンテナンスの需要に変化はありましたか?

問い合わせ件数自体は多少減ったかもしれませんが、法令点検ですので大きく予定がずれることはほとんどありませんでしたね。あとは医療機関などの点検に関して、延期の依頼が数件あった他は、ほぼ通常通りに動いていました。

――昨今の社会の変化の中で、日本負荷試験テクノ様の業種としての強みは何ですか?

負荷試験は消防法で定められている点検で、一年に一度は必ず行わなければならないものなので、ほかの業種に比べてコロナなどの影響は受けにくいと思います。

――今後の働き方の課題・改善点として、どんな点が挙げられますか?

もともと訪問型の営業をしていましたが、最近では対面での面談は断られてしまったり、オンラインでの相談・面談をご希望されるお客様が多くなっています。その中で、オンラインでの対応を増やしていかなければいけない点は、目の前にある課題だと感じています。ただ一方で、やはり対面での面談の方が双方の温度感も細かいニュアンスも伝わりやすいので、なるべく訪問での営業活動ができることが好ましいのですが。必要に応じて、お客様のニーズにも柔軟に対応できるように準備はしていかないといけないと思っています。

――この間地方にも点検に行かれましたか?

そうですね、この間関東圏内での営業自体は控えて地方への対応にフォーカスしていたので、岡山にも行きましたし、沖縄や北海道など全国から問い合わせも来ていて、来月は北海道へ負荷試験の点検に行く予定です。



プライベートでの新しい試みと今後の目標

――緊急事態宣言による自粛生活で、プライベートでの変化はありましたか?

そうですね、自粛期間にもともとあまりしていなかった料理をするようになったことでしょうか(笑)。最近ですとタコライスや生姜焼き、豆腐ハンバーグを作りましたね。以前は波がありましたが、最近では毎日自炊するようになりました。あとはAmazonプライムでバラエティーをよく観るようになりましたね。

――スキルアップのために何かされていますか?

上司からも勧められて、月に一冊は本を読むようにしています。今まで読まなかった自己啓発本なんかも読んでいますね。ちなみに先月読んだのは「気遣い」に関する本でしたが、事務の仕事をしているので、以前よりも周りをよく見て細かい部分まで気付けるようになった気がします。

――社員の年代も幅広い会社ですが、社員同士のコミュニケーションを円滑にするための秘訣は何ですか?

そうですね、7対3ぐらいの割合で男性が多く、年齢層も20代から50代後半と幅広い中で、気遣いはしつつも変に遠慮することなく、誰にでも気兼ねなく声を掛けるようにしています。わからないことがあれば、なるべく聞くようにしています。それがコミュニケーションに繋がるので。私だけでなく、社内全体にそういった空気が流れていますよ。黙々と仕事をする時間もあれば、笑い声もあるような心地いい環境ですね。

――どんな方と一緒に働きたいですか?

積極的な方がいいですね。わからないことがあれば委縮せず、どんどん聞いていただきたいですし、あとは少しありきたりですが向上心がある方もいいですね。素直で気配りができることも大事ですね。学歴や経験は問いませんので、基本的なパソコン操作ができれば大丈夫です。

――今後の目標を教えてください!

私自身としては新しい方に入社していただいて、人に教えることも上手になりたいですね。そしてできれば、負荷試験のスケジュール管理を完璧にこなせるように育てていけると嬉しいです。今は一人でいろいろな業務を担当しているので、業務の分担をはっきりさせてそれぞれプロフェッショナル化できたらいいなと思っています。負荷試験のスケジュール管理はとても大事なので、社員の体力面も考慮しながらうまく調整したり、経費削減も実現しくことが理想です。また、会社としては、今関西に支店を出そうと計画中でそれに向けていろいろ動いていますので、事業拡大をどんどん進めていきたいと思っています。全国に少しずつ支社も増やして展開していきたいです!

――それでは最後に、求職者の方へメッセージをどうぞ!

負荷試験、営業、事務、とそれぞれスキルを磨けることももちろんですが、人として成長できる機会の多い会社だと思います。成長意欲のある方にぜひ来ていただきたいです。スキルや経験よりも人柄、人間性重視での採用となりますので、「私こそは!」という方はぜひご連絡ください。


椎名さん、本日はありがとうございました!

日本負荷試験テクノ株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings