1
/
5

システム開発から飲食業まで幅広く事業展開する理由

【profile】市來 孝彬

前職では不動産テックのスタートアップにジョイン。2年間フロントエンドからサーバーサイド、インフラまで全ての領域の開発を任せられる。また、採用業務や組織づくりにも参画。2021年1月に株式会社クロコに転職。エンジニア業務を経験した後に、現在は営業と採用をメインに業務を行っている。また、エンジニアグループのリーダーとして、マネジメント業務も行っている。

皆さんこんにちは。クロコの採用担当の市來です。本日は、面談でよく質問される「クロコはどうしてそんなに事業領域が広いのか?」について、お話させていただこうと思います。

どうして事業領域が広いのか

クロコが掲げているミッションは、「全てのお客様・社員の黒子(クロコ)となり社会の発展に貢献する」です。
黒子というのは、歌舞伎の舞台裏で黒い垂れ幕で顔を隠して演者さんをサポートする人のことです。
ここでお伝えしたいのが、お客様はもちろんのこと、社員の「やりたい」も実現する会社だということです。

例を挙げると、元々飲食事業部でバーテンダーをしていた社員がいました。
彼は将来「旅をしながら働きたい」という夢を持っていました。
バーで勤務していると、当然店舗で勤務する必要があるので、旅をしながら働くことができません。
そこで上司と話し合い、どこでも働くことができるエンジニアにジョブチェンジをして、今ではIT事業部でエンジニアとして活躍しています。

このように、クロコが創業したときから、社員の「やりたい」を実現してきました。
特定の事業をするというこだわりを持たずに、社員の「やりたい」を実現する会社を作ろうということにこだわり続けました。
社員「やりたい」を実現するうちに事業領域が拡大し、現在は以下の領域で事業を行っています。

・IT事業
・グラフィックデザイン
・映像制作
・エネルギー事業
・催事販売
・飲食店経営、コンサルティング
・その他自社サービス

一見すると多角経営の戦略を採っている会社のように見えますが、社員の「やりたい」を実現した結果なのです。
弊社には、「価値あるWebサービスを作ってたくさん世に出したい!」という想いを持った人から、「YouTuberになって有名になりたい!」という想いを持つ人まで様々です。
弊社ではそれらの想いを実現させるべく、全員が協力をしながら業務を行なっています。
※YouTuberになりたい社員の想いを実現させるために、実際に会社としてYouTubeチャンネルを開設しております!

今後の事業戦略はあるのか

「今後は全社的にどの事業部に力を入れるのですか?」
「今後どのように事業展開をされていくのですか?」
こちらも面談でよく質問される内容です。

結論から言うと、何か他の事業をやりたい社員がいればその領域にチャレンジすると思います。
そして、「将来的にこの分野で事業展開したい」という経営陣のこだわりはありません。
再三申し上げている通り、クロコは社員の「やりたい」を実現する会社なのです。
この理念は創業当初から徹底しており、普段の意思決定の中にも垣間見えるほど浸透しています。

最後に

クロコと一緒に成長し、事業を牽引してくれる方を現在募集中です。
現在エンジニア(PG, PM)とデザイナー、Webディレクターを募集しています。
もしよければ募集記事から応募頂き、カジュアル面談をさせていただければと思います。

あなたの「やりたい」をクロコと一緒に実現しませんか?
皆様のご応募お待ちしております!

4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings