1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【部長interview_第3弾】「人々の生活と記憶に残る仕事がしたい」

こんにちは!ブランド戦略室、髙野です。

今回は『エンタープライズ業界におけるQA』についての部長インタビュー第3弾!是非、ご覧ください!

第1弾はこちら   第2弾はこちら


QI事業部部長 岸谷信一

神奈川県茅ケ崎市出身。新卒で都内ホテルに約4年勤務ののち、2007年にProVisionへ入社。携帯電話検証を経験し、QAチームのマネジメントを担当。現在は部長としてQAサービスを展開する部門の全体統括を行いつつ、エンタープライズ業界へも注力している。

スキルと経験だけじゃない、信頼してもらう為に大切なこと

――エンタープライズ業界にProVisionの社員として関わるとき、良さとかメリットはどういったところにあると思いますか?

例えば、金融系の案件に関わりたいと思っている人がいたとして、金融の知識がないとだめです、未経験はだめです、となってしまうことも割とある業界なので、そんな時にProVisionの会社としての経験が強みになる部分だと思います。

勿論、うちでも同じように知識を持っていてほしいと言われることもあるんですけど…、お断りされるケースも勿論ありますし笑 

そんな中でも、チームとしてその知識や経験を担保します、外からフォローしてProVisionチームとして対応できるので大丈夫ですと言ってやらせて頂けるケースもあったり、業界知見がなくともProVisionが積み重ねてきた「品質を高めていく」という知識は業界が変わったとしても活用できるだろうとご期待頂き、お仕事を依頼して下さるケースもあります。

一一個人の知識と経験だけでお客さんに判断頂くのではなく、チームとして、会社として信頼してもらえるような体制を整えた上で、そこで勝負しに行く、そこを信頼してお任せ頂くという部分がうちの良い所ですね。

それにやはり、その業界知識がないとだめと言うと中々人が集まらなかったりするので、お客さん自身でもその辺を理解されている部分もあって。知識、経験がないから諦めるのではなく、そんな中でもどうするのか提案してくれるProVision、というスタンスは1つお客様に選んで頂いている理由なのかもしれません。

――創業当初から根付く、お客様の為にできることはなんでもやります精神ですね!他にも評価して頂いている部分ってどんなところがありますか?

正直なところ、経験やナレッジはまだまだ発展途上だと思っています。ただ、その知らないこと、まだチャレンジしたことのないことに対して貪欲に吸収しにいく、勉強しにいく姿勢が伸びしろということで、お客様に非常に評価頂いてる部分だと思っています。

実際につい先日も、「確かに経験は足りないけれど、その熱量を買ってProVisionさんにお任せしようと思います」と顔合わせでお客様から言って頂けたことがありました。

そういった時に改めて、なんとか目の前のお客様の役に立ちたい、そこで自分が学びたい、成長していきたいという貪欲さやひたむきさが評価されているなと感じますね。ホスピタリティの部分といいますか。

結局どんな大企業でも、ベンチャー企業でも、そこにいるのは“人”なんですよね。一緒に働きたいと思われる人、会社であることが、どこにいっても大切なんだなと身に染みて感じています。

――やっぱり、私たちが大切にしている理念は、どこにいっても欠かすことのできないものということですね!素敵な理念です!

多くの人を支える、記憶と形に残る仕事がしたい

―—最後に、エンタープライズ業界におけるProVisionの、今後の展望などありますか?

そうですね!このインタビューの中でお話した、金融や医療、物流というキーワードに表れるように、少しずつProVisionとして業界進出が実現できてきたかなとは思っていますが、やっぱり更に幅広く様々な業界に携わりたいなという想い、希望はあります。

例えば、自動車だったり、航空関連、食品関連、建設建築、あとは…宇宙!NASA?笑 

真面目な話、そういったところも業界としてはエンタープライズに該当するので、さらに広げ続けていきたい。そうして挑戦し続けた先で様々な業界にProVisionの名が知れ渡り、幅広く価値を提供し続けられる企業でありたいですね。

――色んな方にインタビューしてきて思うのですが、こういう会社にしたいから、という内発的な想いから取り組む領域や事業を切り拓くという考えは私にとってすごく新鮮です!ちなみに、岸谷さんが一番挑戦したい業界ってどこですか?

僕ですか?笑 悩みますね~!すこし前に事業部全体会議で社員の皆にアンケートで同じ質問をしてみたんですが、なんとその結果、宇宙が1番だったんですよね!笑 

いきなり宇宙っていうのはさすがにハードルが高いとは思ったんですけど、NASAとかJAXAの案件に自分たちが携わるってすごくロマンがありますし、夢がある。品質保証の最高峰だと思っていますし、僕もいい大人ですけど、こんな話をしたらワクワクしちゃいますよね!いつかはそんなところにまで関われたらすごく嬉しいなと思います。

ただ現実味のある直近の話で言うと、スマートシティのサービスに携わってみたいというのが僕の気持ちですね!

自動運転とか決済とか、今までの生活ががらりと変わってしまうかもしれない何か、が実現しそうでおもしろいですよね。何かしらの形でスマートシティの実現に携われたら、すごく面白そうだなと思っています!

――たしかに!わくわくしますね!!!近い将来、その夢が叶った時は、またこうしてインタビューさせて下さいね!!

第3弾は以上となります!最後までご覧下さり、有難うございました!

エンタープライズ業界に興味のある方はこちら ▶エンタープライズ系QAエンジニア募集


ProVision会社紹介動画
▶テストサービス紹介動画テストサービス
株式会社ProVision's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more