1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

最先端の活力成分『テストフェン』についてご紹介

こんにちは!アルファメイルの佐藤です!

今回は成分紹介の第二弾。

世界中で大注目されている最新成分『テストフェン』についてお話しいたします。

最近では日本でも男性向けサプリやアスリート向けのサプリなどでお見かけすることが多くなっております。

そのため、ご存知の方もおられるのではないでしょうか。

本記事ではそんなテストフェンの魅力について解説いたします!

テストフェンとは

まずはテストフェンがいかなる原料なのか、その概要についてご説明いたします。

『Gencor pacific』が開発・販売

テストフェンを開発したのはアメリカのカリフォルニア州にある『Gencor pacific』。

科学的な根拠に基づき原料を開発・販売しているバイオメーカーでございます。

提供する原料はインドやスリランカ発祥の伝統医療「Ayurveda(アーユルヴェーダ)」と”科学”を掛け合わせた独自の技術によって開発されております。

ちなみに「Ayurveda(アーユルヴェーダ)」とは世界各国で補完代替医療として注目されており、WHO(世界保健機構)が予防医学として正式に推奨するほど高度な医学。

これらの知識と”現代科学”をMIXさせることで開発された原料は、数々の臨床試験を行い有効性について徹底的に調査されています。

そのためGencor pacific製の商品はしっかりと有効性が確認されていることが特徴なのです。

また、原料となる植物は厳格な品質保証プロセスに従って栽培されており、安全面にも徹底して配慮されています

つまりテストフェンは、”有効性”と”安全性”を共に高いレベルで追求している最先端のバイオメーカーによって開発されたのです!

フェヌグリーク種子の抽出成分

テストフェンの原料は西アジアや東南ヨーロッパを原産とするマメ亜科の植物「フェヌグリーク」。

インドでは主にカレーのスパイスに用いられる他、ミイラの保存やタバコなどにも使用されるなど汎用性が高い植物として知られております。

さらに古来より滋養強壮効果があるとされ、活力食材としても親しまれてきました。

テストフェンはそんなフェヌグリークの種子の有効成分を抽出して作られております。

ただ、フェヌグリークの成分は決して珍しい原料ではございません。

なぜなら世界でも配合されているサプリメントなどは多く、日本でも目にする機会が比較的多いからです。

しかし、テストフェンはその中でも異質の存在。

有効成分を抽出した上で独自開発されたサポニン配糖体である”フェヌサイド”が50%以上配合するように規格化されているんです。

さらには性科学における計量的臨床試験(DISF/DISF-SR)を行った初めての天然由来原料でもあります。

ありふれたフェヌグリーク原料の中でも、群を抜いたクオリティの高さを誇る原料なのです。

米国特許取得の常識を覆す活力成分

テストフェンは開発段階から様々な臨床試験が繰り返されており、多くのデータが蓄積されております。

その信頼性は高く評価され、アメリカで特許を取得しているのです

何より我々が注目したのは特許取得に至った理由。

驚くことに、テストフェンは男性機能に関する試験内容が認められた結果、特許の取得に至ったのです。[

「それって驚くようなことなの?」と思われる方も多いでしょう。

ですが、日本国内でこれまで効果的だと信じられてきた活力食材や原料の多くは、科学的根拠が乏しいものばかり。

例えばマムシやスッポン、ニンニクなどの活力食材の多くは古くからの「効きそう」というイメージに依存しており、科学的にその効果は証明されておりません。

さらには男性向けサプリによく主成分として配合されているアミノ酸なども、男性機能に関して有意な効果は認められていないんです…。

つまり、テストフェンが男性機能について行われた数々の実験をクリアした事は驚嘆するべき事実。

男性機能を科学的に分析しエビデンスを充実させることに注力した結果、日本の活力成分の常識を大きく覆すような原料が誕生したのです!

推奨摂取量とは?

テストフェンは『Gencor pacific』によって徹底的に安全に配慮され開発されております。

そのため、非常に安全レベルの高い原料であることは間違いございません。

しかし、それは安全が確認されている量の範囲内での摂取を行った場合のお話し。

過剰に摂取するとやはり危険が伴います。

これはテストフェンに限らず、どのような成分であっても同じことです。

そのため、あらゆる成分には推奨される摂取量が設けられているのです。

テストフェンの推奨摂取量は1日あたり450mgから600mg。

もちろん100%の安全を保証するものではではございませんが、安心して摂取するにはこの量を厳守することが大切なんです。

最後に

成分紹介の第二弾は、テストフェンについてお話させていただきました。

テストフェンは第一弾でご紹介した『LJ100』のデータを基に、男性機能の根本的なメカニズムを分析した上で調査を行った結果たどり着いた答え。

男性機能と運動能力の関係から”ワークアウト系”の原料に焦点を当てピックアップした成分の一つなんです。

我々アルファメイルが”男性機能の業界”を丸ごと塗り替えるには、これらの科学に基づいた知識が必須となります。

この先も弊社では最先端の原料をどんどん調査しようと企んでおります。

最新情報の海に溺れるような現場に興味がある方は、我々と共に働きましょう!

株式会社アルファメイル's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings