1
/
5

マーケ×フルリモートでキャリア相談サービスに携わる面白さとは?【インタビュー後編】

マーケとして参画している小坂さんに、仕事内容とミートキャリアの魅力についてインタビューしました。前編では、「なぜミートキャリアだったのか?」「働き方や仕事の面白さ」について聞いてみました。

~前編はこちら~


小坂さん

大学卒業後、約9年間広告業界でマーケティング/クリエイティブ/プロモーションの職種を経験。HR TECHベンチャーを経て、現在は日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」のマーケティングマネージャーを担当しながら、マーケ・web制作関連の副業案件に携わる。自身が4回の転職を経験したことから、「スキルアップを含めた教育」「キャリア支援」の領域で自分のできることを模索中。

---マーケターとしてのキャリア展望をお聞かせください。

実はマーケターになりたい!と思ったことは一度もないです(すいませんw)。なんなら広告業界にいたときも、一番心から楽しかった!と言えるのはコピーライターをしていたときでした。

ただ色々な巡り合わせで、現職ではマーケティングのマネジメントを経験させてもらっており、ロジカルに考えて、かつ、それをどう人に伝えるか?のアウトプットのクオリティも担保できる人材になれたら、それこそ自分の目指すキャリアの一つかも、と思い始めています。

マーケターとしてはジェネラリスト志向でいろんな職種を渡り歩いてきたので「広告運用なら任せてください!」とか、一つの武器があるわけではないのですが、「戦略から考えて施策出しもしつつ、それを遂行できる/オペレーション化できる」というのをワンストップでできることも意外とニーズがありそうだゾ…?ということが最近少しずつわかってきまして(笑)

一方で、1つの会社やサービスにある程度長く携わっていると、どうしてもスキルの頭打ちを感じる機会も増えてきました。そういうモヤモヤの中で模索し始めたのが、単にお金を稼ぐための副業ではなく、自分のスキルアップにもつながるような副業だったんです。

そういう方針で副業探しを始めた瞬間(本当に瞬間です)に出会ったのがミートキャリアでした。

---ミートキャリアに参画して驚いたことはありますか?

まずはslackのコミュニケーションがとても盛んな点ですね。本業と他の副業でもslackを使っていますが、雑談から仕事の共有や相談も含めて、すごいアクティブなことに驚きました。あと、誰かの投稿に対してもみんなちゃんとリアクションしていて、フルリモートなのにアットホームな感じがとても印象的です。

あとはdailyで目標と進捗の報告をしあっているのをこっそりみて、これにも驚きました。こういった密な「ホウレンソウ」があるからこそ、良い施策をみんなでプロモート(促進)していく、逆に芽が出なそうな施策は早々に見切りをつけて次の仮説を検証しにいくという高速PDCAの実現につながっているのかな〜と横目に見ています。

あえてちょっと気になる点を挙げるとするなら、マネージャークラスの人材が不足していること。PR、マーケ、オペレーション、開発…副業参画メンバーも80名を超えており、CEO喜多村さんの右腕となって事業を切り盛りできる人材が増えてくると、よりスピーディに成果捻出に向けて動ける体制になるのではないかと思います。

ということで、ミートキャリアで一緒に事業を盛り上げてくれる人を募集しています!!!

---ミートキャリアのマーケポジションは、どのような人に向いていると思いますか?

・検証フェーズの”ジェットコースター感”をエンジョイできる人

毎週方針や注力ポイントが変わることがある環境だと思うので、そもそも「これと決めたらこれしかやらない!」という人にはあまり向いてないかなと思います。

・コミュニケーションが丁寧な人

日々slackを見ていると、皆さんとても丁寧にコミュニケーションをとっているなと感じます。本業含めて幾つかのslackコミュニティに入っていますが、和気あいあい感はピカイチです。そういうカルチャーに馴染めるかどうかも大切そうです。

・think deeply, move fastな人

オンラインだけでなくテキストベースのコミュニケーションも多いため、ファクトベース、ロジカルな会話が得意な人が向いていると思います。ミートキャリアは事業会社なので”机上の空論”だけ言ってても何も始まらない。ので、move fastでちゃんとアウトプットにスピーディに落とし込める、というのがセットだとフィットすると思います。

株式会社fruor's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings