1
/
5

アサインされる側から送り出す側へ。採用・事務の面から会社を支える坂本さんにインタビュー

イチアール社員へのインタビュー企画、今回は採用・事務を担当する坂本さんにお話を伺います!元々はプロジェクトに「アサインされる側」だったという坂本さん。イチアールで「送り出す側」を経験してみて感じることとは?

入社のきっかけや今後の目標などをたっぷりとお話しいただきます。

【プロフィール】

略歴:新卒でデータ分析を行う企業に就職し、BIツールのダッシュボード開発を行う。その後は別業界へ転職したのち、やはりITに関わる仕事に就きたいと考え、イチアールへの入社を決意。

アサインされる側から、採用・事務として送り出す側へ


ー イチアールを知ったきっかけは何ですか?

坂本:転職サイトのマイナビです。

ー 入社の決め手になったポイントは?

坂本:面接の際に、とてもフレンドリーな企業だと感じたことです。不明点について丁寧にご説明いただくなど、雰囲気の良さも魅力的でした。

元々同じSES系の企業で働いていたので、働き方のイメージがついていたというのも大きかったです。

ー 担当している業務について教えてください。

坂本:現在は採用と事務を担当しています。採用で行う業務は、内定者とのやりとりから営業担当者へ案件探しを依頼するところまでです。

事務では契約関連の業務がメインで、契約書の締結や請求などを行っています。

ー 担当している業務にどんな魅力を感じますか?

坂本:以前はプロジェクトにアサインされる側でしたので、採用や事務として送り出す側に近い立ち位置になったことが新鮮でした。

採用では、案件に求められるスキルとエンジニアの方たちのスキル感がわかるので、以前の自分に足りなかった点などに気付くことができます。事務の面では、少し複雑に感じていたSESの商流を理解でき、知識として身に付きました。

業務を引っ張る存在になることが目標


ー 入社してからわかる、イチアールの「よかったこと」を教えてください!

坂本:わからないことがあれば、周囲の人が丁寧にサポートしてくれることです。意見を言いやすい風潮なので、自信を持って発言できることも魅力に感じています。

担当する業務の幅が広く、さまざまな経験を積めるのもよいところですね。

ー これからイチアールで叶えたいことは何ですか?

坂本:採用も事務もまだまだ不慣れな部分があるので、まずは慣れていけるように頑張りたいと思っています。業務に慣れた後は、業務の効率化などを提案していきたいです。

特に採用については、前々職のデータ分析の経験などを活かす機会があれば嬉しいです。

ー 最後に、イチアールにはどんな人が向いていると思いますか?

坂本:目標に向かって頑張ることができる人、または頑張っている人たちと一緒に働きたいと考えている人が向いていると思います。

イチアール株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings