1
/
5

ENERGIZEから独立した私が今思うこと vol.4

こんにちは!

ENERGIZE-GROUP で内定者インターンをしています、村上明日海(あすみ)です!
今回も、弊社ENERGIZE-GROUPの社員・卒業生に一人一人スポットライトを当てた記事です。
弊社の社員にはどんな人がいるのか、一人一人について深く書いた記事を発信していきます。

過去3本に続き、昨年9月に独立した卒業生、鈴木祐太郎さんについての記事です。
これが4本目、最後の記事になります。
前回の記事はこちら

今回は、祐太郎さんに多くの部分を作成してもらいました。
本人の言葉で、みなさんへのメッセージが届くことを願っています。

ENERGIZEで得た学びについて、そして就職活動をしている皆さんへのメッセージが込められた記事です。ぜひ最後までご覧ください!

目次

  1. ENERGIZEで学んだ最も重要なこと
  2. 就職活動をする学生へメッセージ

ENERGIZEで学んだ最も重要なこと

記事を読んでくださっている皆さん、初めまして。

昨年9月でENERGIZEを卒業し、現在、株式会社WaterO代表取締役と、「御殿場の新時代」を創る会の代表をしております、鈴木祐太郎です。

私は、内定者の活動から合わせて4年6ヶ月、ENERGIZEで活動してきました。

新卒採用、コスト改善コンサルティング、営業成績向上コンサルティング、組織変革コンサルティングなどを提供し、結婚式場、飲食業、ホテル業、EC通販、ITベンチャー、フィットネスジム、歯科医院、美容室、インテリア販売、アパレル業を中心に、日本全国約100社の皆様とプロジェクトをご一緒してきました。

振り返ると様々な出来事が思い出されますが、あっという間の4年6ヶ月だったと思います。

そんな私がENERGIZEの活動で得られた最も重要な学びは、

一貫性ある自分でいる事

です。


私たちが意味する「一貫性」とは、英語で「integrity」と言います。

これは、ENERGIZEのグループ会社である 株式会社INTEGRITY からもわかる通り、私たちが大切にしている価値観の一つです。
(会社の成長を共にしてきた尊敬するアメリカ人のコーチに、「株式会社INTEGRITYという社名にする」と伝えたところ、「本気か?」と言われたという話は社内では有名です。※それほど崇高な言葉だということです!)

誠実である、一貫している、さらに言うと、あるべき理想像と一貫した言動を扱う誠実な自分である、というような意味です。

手前味噌ですが、私は大学4年生から「御殿場を日本一の街にする」と言い続けて来ました。エントリーシートにも書きましたし、入社面接の時も言いました。
そして、コンサルティングをしている中でも「自分がやりたいと思っている事は『地元の御殿場を日本一の街にすること』なんです。」と何度もクライアント様にも伝えて来ました。
入社してから約4年後、こうして立候補をして、「私は御殿場を日本一住みがいのある街にします」と演説する事になるとは、当たり前ですが当時は想像していませんでした。

ただ、この言葉を口に出し続けてきたから、今回のチャンスが巡ってきたのだと改めて思います。

一見不可能に見える夢でも、勇気を出して口に出してみましょう。それを応援してくれる方は必ず現れます。

そして、言葉を口にするのであれば、その言葉通りに生きましょう。発する言葉も大切ですし、それに一貫して行動することで周りの方々から信頼して頂けるからです。

ENERGIZEでは「言ったことをやらない」ことは、あるべきでない姿として強く認識されています。
そして、「言葉を大切に扱う」「メンバーの言葉を尊重する」という文化も同時にあります。

言葉の持つ力は偉大であると気付かせてくださったこともそうですし、私の本心から生まれた言葉を大切にして頂ける環境だったことにとても感謝しています。

就職活動をする皆さんへメッセージ

最後に、今回、私の御殿場市長への挑戦は、実は日本史上最年少市長(27歳8ヶ月)への挑戦でした。
(これまで市長就任時に最年少市長だったのは、平成6年5月に就任した東京都武蔵村山市の志々田浩太郎氏で、就任時28歳0カ月)

「最年少市長なんて肩書きは欲しくない。仮に、私が明日、皆様のお力のお陰で日本史上最年少市長になったとしても、3ヶ月後4ヶ月後には、誰か別の人が最年少市長となることを願う。」

「私の姿を見た日本全国の若者が、『自分もチャレンジをして良いんだ』『街を変えるのは自分だ』と思ってどんどん立候補するようになって欲しい。」

私が、選挙期間中、最後の演説で伝えさせて頂いたフレーズです。

今、新型コロナウィルスの影響で日本が、世界が混乱しています。
生活に困っている方、命の危険にある方が沢山いらっしゃいます。

この危機を乗り越える為には、エネルギー溢れる私達若い世代が社会や親からの印象で作られる”普通”に生きるのではなく、本気で「この状況をなんとかするんだ」と思って立ち上がる必要があります。

また、就職活動時に一生をかけて実現したい志はなくても構わないと思っています。私がそれを見つけることはできたのは、色んな人たちの支えと偶然の出会いがあったからであり、一言で言えば奇跡です。

今この文章を読んでくださっている皆さんには、自分の心や言葉と一貫性を持った就職活動をすること、そして挑戦するという選択肢を簡単に捨てないこと、この2つを大切にして頂けたらと思います。

今日まで4本立てで長い記事もありましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆さんの就職活動を、心より応援しています。

鈴木祐太郎



今回は、皆様に直接声を届けたいということで、祐太郎さん本人が記事を作成してくれました!

ここまで4本立ての長い企画でしたが、読んでいただけた方、本当にありがとうございました。

引き続き他のメンバー紹介記事も執筆しておりますのでこちらもご覧ください!

最後に

現在ENERGIZE-GROUPでは、現在新卒(23年卒)、中途メンバーの採用をしております。

ENERGIZE-GROUPに興味を持った、ENERGIZE-GROUPのインターンシップに興味を持った、ENERGIZE-GROUPの文化を知りたいと感じた、一つでも当てはまった方はぜひ「話を聞きに行きたい」を押してくださいね!

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

ENERGIZE-GROUP's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more