1
/
5

【中途入社者が語る】成長と社内の雰囲気

2021年4月以降入社した営業社員5名に、フレッシュハウスで感じたことをインタビューしました。
第一弾は『成長と社内の雰囲気』がテーマです。入社1ヶ月~5ヶ月目の社員は当社をどう思っているのか・・・生の声をお届けします!

ーーー本日は、インタビューの機会をありがとうございます。入社して数ヶ月、成長を感じることはありますか?

新川:そうですね。自分は4月入社なんですけど、お客様の質問にその場で答えられることが入社当初よりも増えたので、成長は感じます。知識も経験もちゃんと積めているなぁと実感しています。

太田:自分も、ある程度多種多様な案件を対応できるようになったなと思います。

ーーーそう思えたきっかけは何ですか?

太田:営業や施工管理を一貫して対応するなかで失敗はあるんですけど・・・失敗を重ねた分覚えられることも多いなってすごく思います。

一同:あ~。

斉木:自分は、一人で契約できたとき本当にうれしくて。できるようになった!という実感がありました。

ーーー確かに。未知だったものができるようになると、成長実感ありますよね。

斉木:そうなんですよ。嬉しさもひとしおでした。(笑)

ーーー清水さんは入社して1ヶ月経ったところですが、成長を感じることはありますか?

清水:斉木さんの感覚と少し似てるかなと思います。普段使ってはいるけど今まで知らなかった住宅設備の知識が、研修で学べば学ぶほど身についているなと感じます。

新川:こんなにたくさん設備機器があるのか!?って最初は驚きだったなぁ。

ーーー石原さんは前職でもリフォームに携わってましたよね?

石原:そうですね。水栓交換とか給湯器、洗面などの50万円未満のリフォーム工事は営業も施工管理も経験があって。今もそういった案件が中心なので、成長を感じるか?と聞かれると悩みますね・・・。

新川:自分は全く知らない状態で入社したので、同期入社の石原さんをめちゃくちゃ頼ってます。(笑)

石原:配属先違うのにすごい連絡くるんですよね~。

一同:(笑)

ーーーみなさんそれぞれ配属先の営業所が違いますが、営業所ってどんな雰囲気ですか?

清水:自分はまだちょっと緊張してます。

太田:初めは誰でもそうだよね。

斉木:もう慣れたけど、初めはね。自分の営業所はメンバー全員が明るくて、助け合っているなと感じます。

新川:それはうちもです。個々で対応することもあるんですけど、互いに助け合う雰囲気があるというか。なので、声も掛けやすいんですよね。

石原:うちも。誰にでも聞きやすいです。

ーーー風通しが良いんですね。

石原:そうですね。しっかり仕事もしてるんですけど、和気あいあいと雑談して盛り上がったりすることもあります。

太田:うちはオンオフのメリハリがありますね。仕事の指導とか教育は厳しさを感じることもあります。でも、普段はアットホームで話しやすいし、明るい雰囲気で。そのメリハリは良いなと思います。

ーーーみなさん、本日はざっくばらんにお話しくださりありがとうございました!
次回は『入社後のギャップと今後』についてお伺いしますので、よろしくお願いします。

一同:はい!

今回インタビューをした5名の内3名は建築や住宅、リフォームの業界でのご経験がない方です。しかし、研修や営業所での経験のなかで少しずつ成長しています。この5名が、より多くのお客様に喜んでいただけるリフォームプランナーになれるよう、一緒に頑張っていこうと感じました。
リフォームへの「挑戦」や「興味」がもしあれば、ぜひフレッシュハウスを一度覗いてみてください!

株式会社フレッシュハウス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more