1
/
5

インフラ事業部初のフルリモート!エクスブレーンを選んだ理由

■自己紹介をお願いします。

2023年4月にエクスブレーンへ入社いたしました、インフラ事業部の松下祥子と申します。

前職ではスマートフォンアドバイザー、校務のICT支援員といった操作活用支援に関する業務に従事していました。
またホテルのコンシェルジュやフロントで顧客対応をするなど、他業種での勤務経験もあります。

今回転職を考えた理由は、ICT支援員の仕事の任期が終了したこと、また、担当校が自宅から500㎞以上離れているため、通勤中に交通事故に遭い、周囲から反対された経験があるためです。

ITの知識やヘルプデスクの経験を生かした仕事がしたくて、現在住んでいる新潟県で求人を探しましたが全く見つからず、東京都周辺での仕事探しを視野に入れることにしました。その結果、エクスブレーンに出会いました。

■エクスブレーンに入社を決められた理由は何でしたか

理由は大きく3つあります。

1つ目は人を大事にしている点です。
面接時に会社として大事にしていることは人間関係や人間性だとお聞きしました。
年収面や働きがい等、様々な側面がある中で人を大事にしている会社は少ないのでそこに惹かれました。

2つ目はエンドユーザーと直接取引がある点です。
大手のslerも含めてエンドユーザーと直接取引や直接の関わりがある会社は稀なので、本来は実際にエンドユーザーと関わる機会がほとんどありません。
エクスブレーンは他と違って直接エンドユーザーと関わる機会があり、貴重な経験が出来ると同時にとても面白そうだと思いました。

3つ目はリモート勤務が選択可能だったことです。
本来募集条件としてはフルリモートではなく東京支店出社が採用の条件だったのですが、面接の際に子供の園の在籍の関係ですぐの引っ越しが難しいとの事情を説明したところ会社の方から1年間フルリモートを提案してもらえました。
本来の採用条件と変えるという、正直あり得ないくらいとても柔軟な対応をとってもらえたことが、ある意味一番の決め手となりました。

■エクスブレーンで働いてみての感想はいかがでしょうか?

あまりITっぽくないというのが所感でしょうか。

特にインフラ事業部はクライアントやお客様と関わる機会も多いので気さくな方が多く和気あいあいとしている印象です。
私の場合月に1度しか支店に出社しないのですが、出社時に支店メンバーとお昼に行ったりお土産をもらったりしています。

上下関係があまりなくフラットで社員同士の仲のいい会社というのが実際に入社してからの印象です。

規模の大きな会社の場合どうしてもトップダウンの指示となりがちですが、エクスブレーンの場合は物事の捉え方が非常に柔軟なのが特徴的です。

事業部内で今後の方向性や事業計画、アサインが異なるチームの今後の動向など共有し一緒に考えるような姿勢も会社の魅力だと思います。

あとは、他の方から“想像よりもフルリモートで業務に支障が出ていない”と評価してもらえたことが印象に残る出来事でした。

■今後実現したいことがあれば、教えてください。

顧客に向けた操作関連のレクチャや研修、活用資料の作成、資産管理ツールやセキュリティツールを含めたITツールの環境整備(のご提案)でしょうか。
せっかくのITツールも、ケーブルやアダプター1つでもトラブルの原因となり業務に支障をきたしてしまうので、適切な環境整備 がとても大事だと感じているからです。

また、イレギュラーインシデント発生時の障害切り分けに関するフローチャートの作成など、業務改善にも取り組みたいと考えています。

部内初のフルリモート勤務だったので手探りの状態からスタートしましたが、今後同様の人材が増えた際のロールモデルとして業務内容を整えていきたいと思います!

■採用担当から

松下さんはヘルプデスクをメインに、フルリモートで業務を行っています。
インフラ事業部では通常リモートワークは週1~2回ですが、事情がある場合は相談することができます。

ご興味のある方は、ぜひ応募をご検討ください。

株式会社エクスブレーン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社エクスブレーン
If this story triggered your interest, have a chat with the team?