Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「若者がワクワク輝ける場所を創造する」ベンチャー取締役をインタビュー


イキイキしている人が集まるIntense。学歴や環境などの理由で、その人の本来持っているワクワクする気持ちが発揮されないことが多い世の中。「やる気ある若者を変えたい、輝かせたい!」と語るのは、人の成長に喜びを感じている取締役の鈴木恭平だ。どんな人でも輝ける社会にしていきたいという想いのあるIntenseは、価値やワクワクを創出していくという彼の考えを実現していく場所でもある。今まさに、輝く未来に向かってIntenseが走り出す瞬間だ。



―入社のきっかけ

社長の木ノ内とは元々の知り合いで、同じ高校でした。

高校はテストの結果で上から下までクラス分けされる一学年が約1500人の大きい高校だったのですが、二人とも一番上のクラスにいて、そこで知り合いました。

社長も私も旅行が好きで、そういうところで気が合いました。

高校時代は授業中に『明日から旅行こう!!』って急に思い立って、次の日から学校休んで旅行いったりしてました(笑)

あまり書いて欲しくないですけど、遊びすぎて2人ともクラスが下にどんどん落ちていったんですけどね(笑)

今でも初心を忘れない為にお金をほとんど持たずに貧乏旅行をして、旅先で釣りをして食料を確保したりしています。
社員も旅行好きが多いので、みんなで一緒に旅行をすることもあります。
先日もみんなで福岡に行きました!!!

仕事で目の前のことに向かいすぎているときに、気分転換に旅行をすることは大切にしています。



―仕事に感じている魅力

私の業務内容は管理、マネジメントや面談など、裏方の仕事がメイン。

私は価値の移動には興味がなくて、作ったチームが大きくなっていったり、もともと出来なかったことができるようになったり、そういう価値の創出に幸せを感じます。
例えば部下の永田は、1年前に大学をやめて上京し、Intenseに入って頑張ってくれています。

そんな永田は入った時と比べると、話す内容や言葉づかいが変わってきていて、顔つきもたくましくなってきて、あと持つものも変わってきて憧れていたロレックスを買いました(笑)

どんどん成長していくところを見ることに、喜びを感じます。

会社を大きくしていくこともやりがいを感じますね。



―社長の魅力

社長はとにかく優しい(笑)

自分は突き詰めたり、厳しいこと言ったり、ハードで細かいタイプで。社長はそういう自分を許してくれます。「そんなに突き詰めなくていいよ」って言って。

目の前のことに追われているときにも、先のことが見るように、方向性を修正してくれます。

厳しいこと言われると、人は下を向いてしまうけど社長の木ノ内は


「未来に目を向けさせてくれる」そういう存在です。



―今後やっていきたいこと

大学に行って就職してもうまくいかない人が多い中で、目標が定まってない人の目標を明確にさせてあげる事や、その人がワクワクできるものが何かを見つけられるように、その先の選択肢を提供したい。

事情があって大学に行けなかったり、良い学校に行けなかったりすると、仕事も選択肢がなくて良い就職先につけない現状です。

そういう人がやる気を出して行動すると詐欺のようなものに引っかかってしまう。

原因は情報がないからで、そういう人に情報と環境を提供して、ワクワク輝ける世の中に、会社にしていきたい。

人を幸せにするためには、自分が幸せにならないと与えることができないので、まずは自分たちが輝いて、それを外にも伝えていけるようにすることが、自分の考える会社の未来です。



―どういう人と働きたいか

・共に夢の実現のために会社を大きくしてくれる人

・0からの事業形成を楽しめる人

・夢や、やりたい事がある人

こうなりたい!今のままじゃ嫌だ!!

という熱い想いを持っている人と働きたいですね。

知識や経験は後からつくので。


―仕事で辛かったこと

小さなうまくいかないことはたくさんありますね。

挫折というか悩みで、部下をなかなか成長させてあげられないことがあって、もっとできることがあるんじゃないか思うことがあります。

生まれ持った素材の良い悪いとかは関係ないと思っていて、どんな人でも輝けるというのがIntenseの理念でもあります。

私は自分自身が輝いてないと周りの人のことも輝かせられないと思っているので、自分が視野を広げていくことも重要です。

ワクワクしていないと成長できないので、ご飯を食べにいくにしても新しいお店に行ったりして、私自身が普段からどれだけワクワクできるか、そしてそういう機会を人に提供できるかを意識しています。



―メッセージ

顔つきや、喋る内容が変わっていく。

そういう人をどんどん排出していけるような環境作りをしていきたいです。

やる気ある若者を見ていることが幸せなので、社内の教育システムをより良いものできるように取り組んでいきます。

永田は、元々は名古屋に住んでいて、社長になりたい!100億稼ぎたい!と当時から言っています。

なんのために大学に行っているのだろう、このまま学生をしていても変わらないと悩んでいる永田に、私は言いました。


「輝ける場所があるよ!!!」と。


その言葉にワクワクして、彼は東京にきてくれました。

勇気を出して東京に来て、1年ですごく変わりました。

今はイキイキと生きているので、彼のように自分を変えたい人、今のままじゃ嫌だと思っている若者がいたら、ぜひ一緒に働きましょう!

株式会社Intense's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more