1
/
5

iimonの魅力について、セールスとして働く2人に徹底的に語ってもらいました。

今回は、iimonでセールスとして働く、
北村さんと櫻井さんお2人にインタビューをしてまいりました!

「iimonでセールスとして働く魅力は何なのか?」
「なぜiimonで働こうと思ったのか?」
「iimonの社内の雰囲気はどうなのか?」など、iimonでの働き方やセールス職に興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください!

<目次>
① どのようにiimonと出会い、働くようになったのか。
② 入社の決め手は代表の熱い想い。
③ iimonの営業はお客様の反応を間近で見ることができるやりがいのある仕事。
写真左:櫻井さん 写真右:北村さん

どのようにiimonと出会い、働くようになったのか。

ー早速ですが、自己紹介と簡単なご経歴をお伺いしても良いですか?
まずは、北村さんからお願いします!

北村:よろしくお願いします!北村慧祐と申します。
経歴としては、新卒として大手アパレル企業に就職し、約2年間半程、店舗業務に携わりました。その後、より自分の働きが成果として反映される仕事に就きたいと思い、不動産売買を行う企業へと転職しました。約10年程、営業として活動しましたが、自分のあまりのIT知識の不足の痛感と今後のキャリアとスキルアップを望めないと判断し、異業種へのチャレンジを考え、SaaS事業を展開する企業(=前職)へ転職しました。

ーなるほど。北村さんはWantedlyからiimonの募集に応募されたと聞いたのですが、なぜ前職から転職を考えるようになったのでしょうか。

北村:前職の事業がうまくいかず、転職をせざる得ない状態になってしまい、転職活動を始めました。

ーなるほど。そこで、改めて不動産業界に関わろうと思われたんですね。

北村:いえ、実はそうではなく、どのステージの会社なのかや、自分がどういうポジションでジョインするかなど含め、全くゼロ状態から転職先を考えていました。

ー幅広い選択肢を持ち、検討した結果、不動産になったということですね。となると気になるのが、iimonを選んだ理由なのですが、何が決め手だったのか教えていただいても良いですか?

北村:そうですね、選んだ理由としては、
① 一緒に働くメンバーや事業に対して真摯に向き合う社長の熱い人柄
② 不動産業界の経験者だからこそ行うことができる事業を運営していること
③ 事業展開の方向性、役員の考え方と、自分の今後の方向性がマッチしていたということ

の3点ですね。

ーそれでは次に櫻井さんも、自己紹介とこれまでの経歴をお伺いしてもよろしいですか?

櫻井:櫻井大夢と申します。新卒でセンチュリー21FCのディベロッパーに入社し、売主としてマンション販売をしておりました。その後、名古屋支店で新規開拓営業を行い、契約まで一通りの業務経験をした後、Wantedlyでスカウトをいただき、実質第二新卒という形でiimonに入社しました。

ーありがとうございます。新卒の就職先としてなぜ、不動産業界を選ばれたのですか?

櫻井:当初はアパレル業界や商社なども見ていましたが、祖父母が不動産投資を行っていたということもあり、ずっと不動産というものに興味がありました。不動産を理解するためには、不動産業界に入るのが一番だと思ったんです。

ーなるほど。実際に不動産の業界に入られてみていかがでしたか?

櫻井:不動産というか、営業としての話になるのですが、正直かなり大変でしたね。
商品のターゲットが狭いですし、ニーズが高い物ではなかったので販売するのには苦労しました。ただ、セールスとしてのメンタルの部分だったり、知識の部分では非常に成長はできたと思います。

ーiimonへはどのような流れで転職をされたのですか?

櫻井:自己紹介の際にもお話ししましたが、私の場合、Wantedlyでスカウトをいただいたのがiimonとの出会いでした。丁度スカウトをいただいた時に、不動産業界のアナログな部分をどうにかできないかと考えていて、不動産DXや不動産テック会社を見ていたので、選考を受けることにしました。

ーなるほど。実際選考を受けてみてどうでしたか?

櫻井:島田の「不動産業界を変える」という尋常じゃない熱量に圧倒され、この会社に入社したいと選考の中で強く思うようになりました。また、島田と自分の境遇が似ていたり、営業として自分自身が考えていた、「本当に価値のあるいいものを世の中に伝えていきたい」ということを島田も持っていたこということも、iimonに入社をする決め手になったと思います。

役職や年齢に関係なくお互いに意見を言い合える環境がiimonの強み。

ー実際にiimonに入社をしてみて、何かギャップなどはございましたか?

櫻井:いい面悪い面双方を兼ねて申し上げますと、営業のやり方は比較的「自由」といったことではないかと。特に不動産業界ではガチガチで決められていることが多いのですが、そことは真逆ですね。ただ、当たり前ですが、その分、目標達成に向け逆算して行動する、自己管理能力が求められますね。毎日自分自身と戦ってます。

北村:確かに、それは私も同じように思います。
他で言うと、先ほど、島田は人柄として熱いと申し上げたと思うのですが、実は冷静な部分もあるんですよね。結構熱い面を持っている人って、比較的精神論で語る人が多いと思うのですが、島田は冷静に論理的にも伝えてくれるんです。そのくらいですかね。正直、選考の時にじっくり時間をかけ、納得できるまで話したので、ギャップはなかったです!

ーありがとうございます。現在お2人はどのような業務を担当されているのですか?

櫻井:​​主に不動産仲介会社様に対して「入力速いもん」をはじめとした「速いもんシリーズ」という仲介業務を効率化するSaaSを営業してます。リード獲得から商談、クロージング、アフターフォロー、カスタマーサクセス、まで一貫して行っています。リードのチャネルに関しては、テレアポや飛込などの新規開拓とHPや反響媒体からのお問い合わせ、既存のクライアントからのご紹介の3つですね。

ー営業チームは何名いらっしゃるのですか?

北村:私と櫻井、役員の後藤博一と、後藤光弘の4名のチームです。

ー営業チームの雰囲気ってどうですか?

北村:純粋にとても良いと思いますね。
例えば、営業のチームの年齢差でいうと、役員の2人は40代、私は30代、櫻井は20代ですが、役職や年齢で区別をせず、フラットに意見を出し合っていますよ。

櫻井:私はチームでは最年少ですが、ガンガン意見は言っています。多分普通の企業だったら、噛みつきすぎ位だと思います笑 でも、きちんと意見を受け止めてくれ、違う時はきちんと違うと言ってくれる、とてもありがたい環境です。

ー北村さんから見て、櫻井さんはどのように映っていますか?

北村:真っ新な部分が多い分、チームの中では、一番吸収力があると思います。やはり櫻井の年齢の時と比較して自分の吸収力が落ちてるっていうのすごい実感していますし、自分で経験し積み重ねてきたものがある分、意固地な部分がどうしても出てきてしまっているということもあるので、伸び率で言うと、彼の方が絶対にあると思いますし、とても刺激をもらえます。

iimonの営業はお客様の反応を間近で見ることができる、やりがいのある仕事。

ー業務の中で感じるやりがいは何ですか?

櫻井:利用してくださるお客様に、十中八九、「凄いですね、これは助かります」と喜んでいただけるところですね。「速いもんシリーズ」は不動産業界出身者が中心となって自社で開発しており、業務現場の不満や「こうなったらいいのにな」をプロダクトに落とし込めてるからこそ、頂けるお声だと考えてます。

ー北村さんはどう思いますか?

北村:私はプロダクト営業が大好きなのですが、その理由というのが、自分たちの意見だけでなくて、お客様の意見も反映ができるので、一緒にサービスを良くするということを実感できるからなんですね。意見を反映してプロダクトを改善し、さらに多くの人に使っていただく、この循環ができてくると、やって良かったなと思えます。

ー他の会社と比較し、どのようなところがiimonのプロダクトの優れている点だと思いますか?

櫻井:不動産仲介の現場で15年以上働いた中で生まれた疑問や不満を解消するために作られた、現場目線なプロダクトだということではないでしょうか。

北村:間違いないですね。他の会社様も同じような課題感は持たれているとは思うのですが、基本的にはIT企業に勤められていた方が、独立され作られたプロダクトであることが多いです。なので、それぞれの業務のしんどさだったり、どういうものが求められているのかという、ユーザーの気持ちが一番分かっているのは自分たちではないかなと思います。

ー他の会社ではなく、iimonでセールスとして働く価値は何だと思いますか?

櫻井:挙げていけばキリがありませんが、あえて言うなら「凄いですね」「助かります」「これからも頼みます」などセールスとして一番嬉しい言葉を毎度いただけることですね。(先ほど被ってしまい恐縮ですが…。)お客様目線で本当にいいものを提供しているからこそ、いただけるお言葉だと思っているので、やりがいは圧倒的にあるのではないでしょうか。

例えば、営業で何かを売りました、何か契約しますとなったとしても、お客様対応しない場合って、どうお客様が満足してるかがわかりにくいので、頑張りづらいと思うのですが、
iimonのプロダクトは導入してもらったらすぐにその反応を見ることができるので、実感が湧きやすいんです。

ー北村さんはどうお考えですか?

北村:そうですね、早いスピードで経験を積むことができることではないでしょうか。
iimonはスタートアップですから、昨日話したたことが今日違ったりもするわけです。その理由って何かっていうと、周りの状況は絶えず変化しているので自分たちの考えもそれに合わせ
なくてはいけないからです。でも、早いスピード感の中だからこそ、営業の経験も知識も早く積むことができます。なので、成長意欲が高い人にはぴったりな環境だと思います。

ーどのような人がiimonさんの営業に向いていると思いますか?

北村:それでいうと2つあると思います。

1つ目は、不動産業界やプロダクトをより良いものにしようと思える人です。
そもそも不動産やプロダクトに興味がなければ、サービスのアップデートに意見を出そうとも思わないと思いますし、熱量を持ってお客様にプロダクトの魅力を伝えられないと思うんです。でも逆に不動産業界というものや、プロダクト営業というものに興味があれば、そこに対して積極的に動けると思うので、必然的に成果や成長に繋がると思います。

二つ目は、チームとして動ける人です。
営業として個人、個人で動くことももちろんありますが、基本的には営業のチームとして動きます。なので、自分だけでなく、チームメンバーのことも気遣い動ける人の方が成長もできると思いますし、目標を達成した時の喜びも一緒に分かち合うことができるので、仕事にもより夢中になれると思います。

ーありがとうございます。最後にお2人の今後の展望を聞かせてください!

櫻井:iimonのプロダクトは、現在、1都3県に加えて各地方都市の不動産会社に使っていただいている状態なので、全国的にもっと普及はさせていきたいです。普及させる中で、iimonが目標としている、不動産業界の利益を出しやすくし、不動産会社のサービスの質も向上させることで、エンドユーザーの方も満足できるような世界を作っていきたいと思います!

北村:私は、人生をかけて人口減少問題を解決したいと思っています。
現在、人口減少が進んでいる理由の1つに、将来の不安や恐れから、子どもを産まないという選択をとる人が増えているということがあります。この現状が進むと、国としてあらゆる業界が衰退することになります。 そんな現状を変える為に、まずは私たちのプロダクトで不動産業界を効率的に収益が見込める業界に変え、不動産業に携わる人たちの将来の不安や恐れを解消していきたいです。そして、ゆくゆくはみんなが未来に希望や期待を持てる世の中、「iimon world」を作っていければと思っています!

最後まで見ていただきありがとうございました!iimonでセールスとして働きたい方、少しでもimonに興味を抱いてくれた方のご応募をお待ちしております!

株式会社iimon's job postings
89 Likes
89 Likes

Weekly ranking

Show other rankings