1
/
5

【社員インタビュー】「0→1を生み出したい」SIer→外資系生命保険アーキテクチャーが、次なるキャリアとして東急URBAN HACKSを選んだ理由

こんにちは、東急株式会社「URBAN HACKS」採用担当です。

URBAN HACKSは、交通事業を軸に不動産や商業施設開発、ホテル、レジャー等多彩な事業を展開している東急株式会社が、街づくりにおけるDXを目的に、2021年7月より生まれた新組織です。現在、新たなイノベーションを生み出すべく、積極採用を進めています。

本企画では、URBAN HACKSで働く個性豊かなメンバーを紹介!第3回はアーキテクチャーの柴山さんです。どうしてURBAN HACKSにジョインしたの?働く魅力とは?お話を伺いました。

誰のために、何のためにシステムをつくるのか

ーーまずは、どのような学生時代を過ごしてきたのか、教えてください。

大学入学当初は勉強もせずに遊んでばかりでしたね(笑)。2年生になってからは、勉強しなければ卒業できないことに気がついて心を入れ替えました。平日は全コマ授業、週末は警備員のアルバイトをする生活を送っていました。

専攻は、ロボットの自動制御の研究室に進みました。自分でプログラムを作ったり、PHPでWebの掲示板を作ったりして遊んでいましたね。

就職活動は、正直どの会社がいいか全然わからなくて。当時はインターネットもあまり普及していなかったので、必要な情報を集めることができなかったんです。自分のやりたいことができそうなSIerを順番に受けていって、最終的に金融業界に強い上場企業であった株式会社日本システムディベロップメント(現社名 NSD)に入社を決めました。

ーーそこではどのような仕事をしましたか?

入社してすぐに、金融系のパッケージのソフトウェア開発チームにアサインされました。設計やコーディング、テストまで、上流から下流の工程を一通り経験できたのは非常によかったです。その後はマネジメントにも携わりました。

ただSIerの性質上、お客様先で仕事をしていても、フィードバックはほとんど返ってきません。自分で何のために仕事をしているのか、誰が使うのかが分からないままものづくりをするのは、個人的に面白味を感じられませんでした。

そこで事業会社への転職を考え、外資系生命保険であるアリコ(現社名 メットライフ生命保険) に入社。

実際に入社してみて、裁量権を持って自分の力でチームを動かすことができたのは非常に面白かったです。また、メットライフは世界中に9000万人の顧客を持つグローバルなグループ企業です。優秀でインターナショナルなチームメンバー、グローバルから提供される潤沢なナレッジなど、非常に恵まれた環境でした。

0→1にチャレンジできる環境を求めて

ーー転職を考えたきっかけを教えてください。

もともと40歳になったら、自分自身の環境を大きく変えたいと考えていました。大企業では、意思決定のフローが複雑なため、スピード感をもって開発できないことに課題を感じていたからです。また1年ごとに予算が決まっていたり、プロジェクトごとにチームが組成されるため、スクラムを組み、アジャイル開発を行い、チームを強くしていく発想もあまりありません。ベンチャーやスタートアップに転職して、新しいキャリアを築こうと考えたのです。

とはいえコロナ禍が直撃し、予想以上に苦労しました。転職活動をするうちにスタートアップは合わないかもしれないとも思い始めました。ほとんどのスタートアップが1つのサービスやプロダクトを持っている状態で募集しているため、自分のやりたい、ゼロからプロダクトを創る本当の意味での0→1に携われないのではと考えたのです。

そこでDXを推し進めている大企業にもいくつかエントリーしました。でも、裁量権があまり無さそうで、ますますキャリアに悩みました。

そんなときに東急からスカウトが来たんです。当時、東急は何のプロダクトをつくるかも、全く決まっておらず、壮大なビジョンはあるという状況でした。0からやれることに心が躍りましたね。宮澤さんからは「既存プロダクトの塗り替えはやらない。下請け業者ではないし、裁量権をもって自分たちでいつ何をどうやってつくるか決めることができる」と伺いました。まさに自分が探していたスタートアップだと感じました。話して5分くらいで即決でしたね。

ーー現在の業務内容を教えてください。

アーキテクチャーとして、全体を俯瞰して、設計やガバナンスのコントロールをする役目を担っています。この1か月は東急の既存のWebサービスやアプリケーションのインフラやバックエンド側がどのように構築されているのか等の情報収集に力を入れてきました。もともと金融系出身という事もあり、セキュリティやリスクマネジメントなどの経験も生かしています。

10月から本格的にプロジェクトがスタートしたこともあり、直近では採用活動に力を入れています。現在はサーバーサイドとインフラの人材が居らず、私自身が兼任しています。ここは早急に規模を拡大していきたいです。

想像以上の裁量権。全部自分たちで決められる

――東急で働いてみて、ギャップはありましたか?

本当に裁量権があるのか、正直不安ではありました。でも入ってみたら、本当に自分たちで全部決めていて。良いギャップでした。

また、東急からの我々への期待感は非常に大きいなと感じます。既存事業部門の方たちとのキャッチアップや情報交換の機会は非常に多いです。加えて、東急では私たちURBANHACKSだけでなく、さまざまなプロジェクトが常時並行して走っています。モチベーションが高まりますね。

ーー柴山さんからみて、東急で働く魅力はどんなところにありますか?

膨大な顧客基盤とリアルな接点を持っている部分です。市場開拓を自分たちでしなくていいのは、ほかのベンチャーやスタートアップにはない点です。技術者として、プロダクトを生み出すことに専念できるのは非常に魅力的に感じます。

そして先ほど少し触れたのですが、自分たちで決められることですね。カジュアル面談をしていても皆さんここに良いリアクションがあります。「え、本当に自分で全部決められるんですか?」って。例えば、採用技術やクラウドがどれがいいとかも、チームで合意形成が出来れば自分たちで決められます。既存のものが良くなければ、新しいものを採用して開発ができます。「何を作るか」まで決めることができる環境はそうそうありません。その分、責任もありますし、アウトプットを出すことが求められますが、技術者として力を試される環境だと感じます。

東急のシステムをもっとよりよく

ーー柴山さんの今後の目標を教えてください。

東急はスピード感をもって事業を進める風土が根づいている会社です。既存のプロダクトを見ていても、これまでさまざまなイノベーションを進めてきたんだろうなということを実感できます。ここにアーキテクチャーである私の経験をどのようにコラボレーション出来るのか、どのようなリファレンスを渡せるのか、もっとこうすればよくなるのではというアイデアが湧いてきます。東急のシステム全体をもっとよりよくしていくために、全力を尽くしていきます。

ーー最後にここまで読んでくださった方にメッセージをお願いします。

この1か月間、0から1を生み出すフェーズで、非常に楽しい時間を過ごしました。現在、一番初めに開発するプロダクトの方向性は決まりつつあります。しかしこれからもどんどん新しいプロダクトを作り続けるし、裁量権についても変わりません。ともに理想のDXを追求できる仲間と一緒に働けるのを楽しみにしています。ご興味を持っていただいた方はぜひ一度カジュアルにお話しましょう。待ってます。

東急株式会社では一緒に働く仲間を募集しています!!

創業99年目のチャレンジ!東急の次の100年を創るインフラエンジニア募集
街づくり×DXの立ち上げの中核を担うサーバーサイドエンジニア募集!
創業99年目のチャレンジ!東急の次の100年を創るアプリエンジニア募集

320 Likes
320 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more