Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員紹介Vol.11】「不動産業界の皆さまと一緒に新しい"WoW体験"をつくってゆきたい」BDセールス・マーケティング責任者 野本が語るOYO CULTURE

Background

Q. OYO LIFEに入社するまではどんなキャリアを積んできましたか

新卒でシャープ(株)に入社し、法人向けにシステム商品の企画や販売を行っていました。当時からクラウド事業の戦略立案や新規事業の立ち上げをしたりと、「ビジネスを創る」という機会は多かったように思います。

2社目ではその経験を生かして、ベンチャー企業のスタートアップメンバーとして、事業開発やセールス&マーケティングまで、幅広く担当しました。3年間勤務し、もう1度スタートアップで挑戦したい。という思いで転職を決意しました。

そして、OYOが3社目に勤める会社となります。 OYOを選んだ理由は、僕自身日本の賃貸マーケットの慣習に課題感を感じ、マーケットに絶対的ニーズがあると感じたからです。

Team Diversity

Q. OYO LIFEで働く環境について教えてください

現在はBusiness Development(物件獲得)の営業とマーケティングチームの責任者をしています。

Business Development(物件獲得)は、OYOのビジネスにおいては、上流工程に位置し、オーナー様や管理会社の皆さまから物件をお預かりし、OYOの物件として世に出すために他のチームへ引き継いでいきます。OYOの中でも最も不動産経験者が多く、エネルギッシュなメンバーの多いチームですね。

僕にとってOYOは、シンプルに生き甲斐的な存在になっています。皆さまからお預かりする物件には、色々な思いが込められていて、それを私たちも一緒になって広めてゆける、そんなやりがいがあります。

関係する業界各社の皆さんと一緒に、不動産の新しい“WoW体験”をつくってゆけたらと思っています!

OYO Culture: IMA

Q. 入社してから最大の「今」エピソードを教えてください

必要な体制やリソースを整える意思決定と実行のスピードですね。オーナー様や管理会社様向けに特化したブランディングやマーケティングの強化が急務だと思い、経営層へ打診したのですが、承認された翌朝には法人マーケティング部門が設立されていました(笑)

会社やチームにとって「今何が必要か」に基づいて、直ちに実行する。そんなスピード感がOYOらしさです。

On Your Own Life

Q. あなたのこだわりのライフスタイル を教えてください

基本的にオフは家族と過ごしています。
子供が二人いるのですが、子供と過ごす時間が一番のリフレッシュです。
温泉旅行に行ったり、パパ友と飲みに行ったり、オンでフルスピード加速をしているので、オフはゆったりと充実した時間を過ごしています。

Profile

Ayumu Nomoto (34)
Business Development
Since 2019/6

Business Development

OYOのサービスの基幹となる物件の獲得をミッションとしており、オーナー・管理会社・仲介会社との交渉を通して、物件の申込から契約までを担当しています

OYO LIFE's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more