Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員紹介Vol.3】国内外で宿泊事業を手掛ける中、OYO LIFEに参画した理由とは

こんにちは! OYO LIFEインターンの田代匠です。
この記事では、各部門の責任者の方に、ご自身のキャリアストーリー/なぜこのタイミングでOYO LIFEに参画したのか/一緒に働く仲間に求めるものについてお話を伺っています。

第3弾はDesign&Transformation Head桑江 英将さんです。

◾️桑江さんのキャリアストーリーを教えてください。

大学卒業後、新卒で大手建設ゼネコンに入社しました。現場監督として、職人さん達と交流しながら、横浜周辺で大学の校舎や高層マンションなどの建設プロジェクトに携わり、現場で200人規模のマネジメントを行っていました。現場で働く職人が流動的に日々変化していくので、マネジメントスキルはそこでかなり鍛えられましたね。

このように環境は充実していたのですが、自分の将来のキャリア形成を考えた時に会社の人材育成のスピードと方針が合わないと感じ、入社から1年経ったタイミングでリクルートに転職をしました。リクルートでは転職人材サービスに携わる部署で、新規事業の開発や既存サービスの業務改善にグループマネージャーとして携わり、メンバーと一緒に色んなプロジェクトをグイグイ動かしていましたね。また、リクルートはそのOB・OGの多くが起業していることが示すように、社風が起業家の育成を後押ししています。社内外の講師が開くセミナーやリクルートグループ横断で行われるワークショップが定期的に開催されており、私もそれに参加していくうちに起業熱がどんどん高まっていきました。

ちょうどそのタイミングでインバウンドブームがきていたので、建築のバックグラウンドを活かし、京都で古民家を改装し、宿泊事業を始めました。リクルートに在籍しながら、両軸で少しずつ会社を大きくしていきましたね。その後、リクルートは3年ほどで退職して、自分の会社に専念し、会社の代表として日本全国だけでなく、ベトナムやインドネシアなど、東南アジアを中心に海外でも積極的に事業展開をしていきました。

(桑江さんが手掛けている宿泊施設)

◾️なぜこのタイミングでOYOに参画したのでしょうか。

3つ理由があります。まず、OYOでは、より多くの仲間や資本とともに、裁量権を持ちながら、大きい仕事ができるからです。これが一番大きな理由でしたね。自分でやっている会社は、言っても小さなベンチャー企業なので、このままやっていても、スケールできる規模は限られてくると考えていました。自分のスキルやノウハウを活かして、大きな可能性を試せる環境だったのがポイントでしたね。

2つ目は、自身のキャリアのポートフォリオに、外資系企業での経験を取り入れたいという想いがあったからです。現代はグローバルにキャリアを築く時代であるという前提に立った時、日本企業だけで働いてきた自分は、世界で戦える人財になっているのか?と日々問題意識を感じていました。将来、日本だけでなく世界から求められるような人財になるため、外資企業で経験を積みたかったというのがあります。

3つ目は私の彼女のためです(笑)。もう7年ほど付き合っているため、結婚も視野に入れているのですが、結婚を考えた時、生活していくためには自身の生活基盤を将来にわたって、より確固たるものにしたいと考え、ある意味「どんな場所や環境でも成果を出せる人材」になるために日々奮闘しています。


採用していただいた経緯としては、上記のような経緯から、LinkedInに日英の両言語で書いたレジュメをとりあえず載せて公開するという、ゆるい求職活動をしていたところ、転職エージェントさんからお声がけいただき、現在のOYOを紹介してもらいました。恥ずかしながら最初にエージェントの方に話を聞くまではOYOのことを知りませんでしたが、話を聞いた瞬間に「働きたい!」と想いが走り、すぐに面接希望を出しました。すると、その日たまたまOYOのカントリーマネージャーがインドから来日しており、また翌日には帰国してしまうとのことだったので、急遽面接を組んでいただき、私の会社で使っているプレゼンシートを用いて、彼の前で、自分の会社がどんなことをやっているのかをプレゼンしたところ、高評価をいただいて、その流れで採用が決まりました。


(セミナーでの一枚)

◾️一緒に働く仲間に求めるものは何でしょうか

フランク且つ積極的にコミュニケーションが取れる方がいいですね。OYOのような急成長ベンチャーは、あらゆる部署の情報がすごいスピードで日々更新されていきます。特にコミュニケーションを密にしないと情報ギャップが発生しやすいので、皆で同じビジョンや情報を常に共有しておく必要があると私は思っています。そのために活発なコミュニケーションは必須ですね。

また個人的には、会社を辞める時でも、そこで縁が終わるのでは無く、自身が培ったコネクションや人間関係を活かして次につなげたいと思っている人に来ていただきたいです。そうすることでお互いのキャリア可能性が広がるので。

私が担当しているDesign & Transformation部門では、専門スキルを活用した業務だけでなく、マネジメントの能力や協力業者との交渉術など、様々なスキルが日々磨かれるため、そういった複合的なスキルを身に付けたいと思っている人に向いています。現在デザインや改装など、建築分野に携わっていて、職場の閉鎖的な雰囲気に嫌気が差していたり、もっと自身の可能性が伸ばせる職場で自分を試してみたい人にも向いていると思います。

最後になりますが、やはりスタートアップでまだまだ立ち上げの段階なので、経験の枠を超えた沢山の事に携わっていただく事になるかと思います。今まで経験したことの無いエキサイティングな環境で新しい事に挑戦したい!という想いをお持ちの方を是非お待ちしております!

<OYO LIFEについて詳しく知りたい方はこちら!>



OYO LIFEでは一緒に働く仲間を募集しています!!


Tranformation
全国にOYO LIFEを創り上げるTRマネージャー/TRデザイナー募集!
日本で展開する「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備から退去まで一気 通貫のサービス提供を実現することで、気軽に部屋を借りることができるサービスです。 「OYO LIFE」は最速で成長しているOYOの運営ノウハウを元に、日本の賃貸物件に手軽さと利便性をもたらし、ライフスタイルに新たな価値を提案します。 <OYO LIFEで働く3つの魅力 > ①日本支社立ち上げフェーズ 2018年7月に立ち上がったばかりの組織フェーズで、自社プロダクトをスクラッチから開発経験を積んで頂けます。 ②外資系の多様性、フラット、自由な環境 階層分けの少ないフラットな環境下で、多国籍のメンバーと、自由に伸び伸びと就業する事が可能です。 ③圧倒的優秀なエンジニア 幼少期の初等教育から、プログラミングに勤しむ生粋のエンジニアで、インド最高峰の理系大学を卒業したメンバーが揃っております。
OYO LIFE


商品企画プロダクトプランニング
ミレニアル世代をハッと驚かす!住宅プロダクト開発マネージャーWanted!
日本で展開する「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備から退去まで一気 通貫のサービス提供を実現することで、気軽に部屋を借りることができるサービスです。 「OYO LIFE」は最速で成長しているOYOの運営ノウハウを元に、日本の賃貸物件に手軽さと利便性をもたらし、ライフスタイルに新たな価値を提案します。 <OYO LIFEで働く3つの魅力 > ①日本支社立ち上げフェーズ 2018年7月に立ち上がったばかりの組織フェーズで、自社プロダクトをスクラッチから開発経験を積んで頂けます。 ②外資系の多様性、フラット、自由な環境 階層分けの少ないフラットな環境下で、多国籍のメンバーと、自由に伸び伸びと就業する事が可能です。 ③圧倒的優秀なエンジニア 幼少期の初等教育から、プログラミングに勤しむ生粋のエンジニアで、インド最高峰の理系大学を卒業したメンバーが揃っております。
OYO LIFE
OYO LIFE's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more