1
/
5

【ProLiListのご紹介 第1弾】“受付”への愛から、派遣を辞め起業家に転身。

株式会社RECEPTIONIST代表取締役社長橋本真里子様は、10年以上派遣社員での受付嬢を務めた後に、その経験やスキルを生かして起業されました。就職活動に悩んでいる女子大生や正社員以外の働き方を目指している女性のヒントになるようなお話を中心にお伺いしたいと思います。

― プライベートでも仕事でも、選択しなければならない場面は誰しも沢山あると思います。橋本様が何かを選択する際に、大事にしている価値観は何ですか?

「興味を持っている事があれば臆する事なく向き合う事」は昔から意識し続けてきました。「自分にとってレアな経験(例:人生で経験できるタイミングが数少ない)になる可能性があるもの」には直感を感じますね。

― 橋本様にとっての「レアな経験」を1つ教えていただけますか?

1番のレア経験は「起業」に向き合っている事だと思います。“組織の一員としての仕事” と”組織のトップとしての仕事”はステージも内容も大きく異なっております。一般的には 「起業」よりも「従業員」として会社に関わることが多いと思うので、起業経験は「レアな経験」と言えると思います。

― 起業に至るまでの流れを教えていただけますか?

大学卒業後すぐに就職せずに、1年間のフリーター生活の後に、受付(派遣)の仕事を選び、その後10年以上経験を重ねてきました。受付はアナログな文化が残っており、デジタル化の必要性を痛感し受付の課題を解決できるのは自分しかいないと思ったので、起業を決意しました。

― 大学卒業後に「就職」を選ばなかった1番の理由は何ですか?

わたしの就職活動時は、まずは就職することがゴールになっているような就職氷河期と言われる時代でした。個性をなくして就活に臨むことに違和感を覚えていたからです。

― 大学卒業後に就職する学生も多い中、大学卒業後にフリーターになった時に焦りはありましたか?

フリーターになった後もやりたい事が見つからなかったのですが、「安定した収入があることの大切さ」や「社会の一端を担っている存在になったこと」を感じることができました。今振り返ると、少数派であっても“自分の意志で選択したので”後悔や焦りを感じた事は一度もありませんでした。

― フリーターの後に、受付(派遣)という仕事を選ばれていますが、何がきっかけでしたか?

就職氷河期という状況は変わっておらず、正社員での就職は難しいと考えました。まだ やりたいことが明確にはなっていたかったこともあり、「受付」という仕事であれば、今後どんな仕事にも生かせる「ビジネスマナー」が身につけられると思いました。また、「女性にしかできない」「年齢も限定的」と言ったこともあり、チャレンジしてみたいと思ったためです。

― 受付(派遣)を10年されてからの起業ですが、行動に移せたきっかけは何ですか?

受付として経験を重ねていくうちに、「レベルアップしていきたい!!」という思いが 段々強くなっていきました。それと同時に、受付の仕事への愛が強くなり、働くこと自体が好きになっていったと思います。

― 受付の仕事を好きになれたのは何故ですか?

最初の会社で出会った「先輩受付のプロ意識の高さ」だと思います。プロ意識を持っ て、自分の仕事誇りを持っている人たちに囲まれることで、刺激をもらいました。私にとっては勉強しなければいけないことばかりでしたが、壁を乗り越えるたびに受付業務の魅力を感じ、いつの間にか「自分にとって天職だ」と感じるようになったんです。

― 受付への愛がとても伝わります!その一方で、「受付の仕事」について知らない方も多いと思います。受付の仕事の特徴について教えて下さい。

1番の特徴は「自分のペースで仕事が出来ない事」です。「○時00分」のタイミングは来客が一気に押し寄せるだけでなく、会議室の利用者も入れ替わるので、受付にとって1番忙しい時間です。その一方で「その忙しさを見せずに、お客様や社員の皆さんに気持ちよく商談や会議に入っていただく事」が受付の役目だと考えています。

― 受付の仕事にやりがいを感じてらっしゃるんですね。橋本様にとって受付のやりがいは何ですか?

受付が臨機応変に動いた事で、社員の方やお客様にストレス無く商談や会議を終えられた瞬間ですね。社員の方やお客様の笑顔を見ると、モチベーションがアップします!!

― 素敵なやりがいですね!他者(取引先、上司、先輩など)から評価される事がやりがいに繋がっている方も多いと聞きます。他者評価がやりがいになっている部分はありませんか?

他者評価もやりがいに繋がっていますよ。受付は人に見られる分きちんと評価してくれる人は評価してくれます。同じ会社に受付の人が複数人いたとしても、信頼がある人に特 定の仕事がいくケースもあり、そのような相談をされると嬉しいです!それ以外でも、 「時給が上がる」「役職があがる」ことでも、自分は評価されていると実感できました。 (笑)

― モチベーションが高い状態で仕事をされている印象を受けました。高いモチベーションを維持するコツがあれば教えてください。

目の前にある仕事をやりきる事が大事だと思っているので、それに向けて一歩一歩努力していこうという気持ちが私のモチベーションの源泉です。それ以外では、女性なので可愛い服を着る事でもモチベーションがアップしますね。 (笑)

橋本様の今後についても伺わせてください。今後の目標は何かありますか?

現在創業7年目ですが、IPO(Initial Public Offering 新規株式上場)を実現していきたいと思っております。IPOは社員、株主含めて一致団結してやっていくものだと思っているので、皆さんに関わって良かったと思ってもらえるように邁進していきたいです。

― IPO以外で、今後の目標はありますか?

お世話になった人が「これから起業したい!」と言った際に、今までに培ってきたものを還元していきたいです。創業する時に多くの先輩起業家に背中を押していただき、いつか恩返ししたいと思っていたのですが、ある先輩起業家から「自分への恩替えはいいから、次世代に返していって」といったアドバイスで「次の世代に恩を循環させる必要性」 に気がつく事が出来ました。

それは起業家として素敵ですね。橋本様の中で理想のイメージ像は何かありますか?

年齢を重ねればステージが変わり、自分の中の優先順位も変わってくると思います。如何なる時も“選択”という場面は避けられないので、そんな時に選択肢を持っている自分でありたいです。例えば、IPOを達成した後にどんな世界が待っているかはわかりません。IPO後どんな人生の選択肢を持つ事になるかもわかりませんが、選べる選択肢は1つでも多い方がいいと確信しております。人生の選択肢を増やす事は人生の豊かさに繋がると信じています。

―「人生の選択肢を増やす事は人生の豊かさに繋がる」は名言ですね!何があれば選択肢が豊かになっていくと思いますか?

「自立すること」「稼げること」だと思います。派遣の仕事は、全力で頑張っても得られる収入は限られる上、出産する際は“仕事を辞める=収入0”を選ばないといけません。そうすると「パートナーの収入=自分の豊かさ」という選択肢しかありません。

起業する前に「稼げる力」は必要だと感じましたか?

受付(派遣)は一生できる仕事ではないので、仕事を手放さないといけないタイミング がある事は覚悟しており、起業前から「自立することの必要性」は何となく感じていまし た。現在子供が1人いる母親ですが、「自分で稼ぐ力」を持ってておいて良かったと思っています。その力を持てればパートナーをサポートする事も出来るし、人生が豊かになると感じましたね。

― 貴重なお話の数々をありがとうございました。大学卒業後就職活動するのが当たり前という状況下、就活で悩んでいる女子大生にはインパクトを与える内容だと思いました。就活に悩んでいる女性だけでなく、結婚・出産でキャリアを諦めざるをえない女性が多い中、自立し、稼げる力を持っていれば選択肢が多く豊かな人生を送る事ができる話も参考になりました。

引き続きPro LiListとしてご活動いただけましたら幸いです。本日はありがとうございました。


LiLiキャリアアップスクールでは、ProLiListの方々を講師にお招きした特別講義も開催中!
ロールモデルとなる様々な女性の成功体験だけでなく失敗談など、リアルな声をお届けしています。

また、「5年後10年後のキャリアの決め方が分からない」「仕事の仕方は本当にこのままで良いのか不安」などの悩みを抱く就活生やファーストキャリアにお困りの若手女性限定で、
プロの専属メンターが伴走し、メンタル面も含めキャリア設計について1on1でサポート。

▼ただいま無料カウンセリング受付中です!お気軽にご相談ください。
詳細はこちら

Weekly ranking

Show other rankings