1
/
5

【職種紹介】未経験でも大歓迎、新卒の挑戦を前向きにフォローする環境。情報戦略研究所コースが求める人材とは


こんにちは!レッドホースコーポレーションの加藤です。

一概に「マーケター」「デザイナー」「情シス」と言っても、企業によって業務内容や求められるスキルは違うもの。入社後に「こんなはずじゃなかった!」と頭を抱えるケースも多々見受けられます。特に新卒での入社は一度きり、業務内容や雰囲気をしっかり理解した上で入社したいですよね。

そこで本日は情報戦略研究所コースでプロダクトマネージャーを務める土屋さんにインタビュー。レッドホースが「マーケター」「デザイナー」「情シス」に求めること、所属メンバーの特徴や事業所ならではの文化など、情報戦略研究所のことを詳しく深掘りしました。



土屋文明 アスクル株式会社広告販促グループでマーケティングに従事。 ポイント・クーポンによる販促施策立案から進行管理、外部広告からの集客施策、アプリ運用などPDCAサイクル構築 ・運用、アクセス解析を実行し目標達成までの道筋を創造。 Yahoo!ショッピング店への出店立ち上げプロジェクトリーダーとして、予算管理、仮説検証、分析、開発・実行を経験する。 楽天株式会社ではディレクション、プロデュース業を主に担当。 スーパーDEALグループの立ち上げや新規アプリ開発プロジェクト等に参画しリリースまで経験。その後レッドホースへ

バックアップ体制は万全、新卒未経験でも安心

――情報戦略研究所コースには「プロダクトマネージャー」「マーケター」「デザイナー」「システムソリューション」の4つの職種があります。それぞれの業務内容について詳しく教えてください。

「プロダクトマネージャー」は中途採用で募集をかけているので、新卒の方がいきなり配属になることはありません。新規事業の立ち上げやプロダクトマネジメント経験を積んでから、キャリアアップとしての異動は大歓迎です。プロダクトに関わる様々な職種を理解して統率する立場なので、経験値とマネジメントスキルが問われます。

「マーケター」は幅広くマーケティングに関わる業務を遂行しています。集客のためのマーケティング施策は勿論のこと、顧客マーケティング設計や有料広告掲出、システム開発のディレクション、カスタマーサポートまで担う部署です。基本的にはECサイト「サンチョクR」に関わる業務が多いですね。システム開発と言っても開発は外部パートナーにお願いしているので、新しいページのワイヤーを作ったり仕様を固めたり、開発の方とコミュニケーションを取りながら要件定義していくのが担当範囲です。

「デザイナー」は社内のすべてのデザインを引き受ける職種です。チラシ・カタログ等の紙物からバナーやLP等のウェブデザイン、最近はYouTubeの動画コンテンツまで幅広く制作しています。

「システムソリューション」は所謂「情シス」ですね。システム選定から導入まで、自社が目指すべき姿になるために何が必要かを考えながら、社内のインフラを整えるチームです。

――「プロダクトマネージャー」以外の職種で、新卒の方に求めるスキルはありますか?

「デザイナー」はデザイン知識や経験がある方を求めています。学生時代に学んだスキルを活かして、自由に好きなようにデザインしていただきたい。

「マーケター」「システムソリューション」は未経験の方も大歓迎です。フォローやバックアップ体制は万全ですし、勉強に必要な本はすべて本棚に揃っていますし、今までの開発要件や議事録も調べればすぐに出てくる環境ですので、初めての方でも心配せずに入っていただけると嬉しいですね。もちろん基本的なPCスキル(Word・Excel・PowerPointの基礎知識)やITリテラシーがあれば即戦力になると思います。

20~30代が多くベンチャー気質、だからこそ成長できる


――他の事業部と比べて、情報戦略研究所コースの雰囲気に何か特徴はありますか?

まだ出来て3~4年の事業部ということもあり、比較的ベンチャー気質です。他事業部から異動してきた社員が戸惑うこともありました。もはや別会社に近いのではないでしょうか。

情報戦略研究所で働く人たちは、モチベーション高く、勉強熱心な方が多いです。僕自身「インプットとアウトプットを大事にしましょう」とは日頃皆に伝えていますし、本の貸し借りもどんどん出来るように仕組み化しています。他部署に比べると平均年齢が低いのも特徴ですね。新卒採用も多く、20代~30代後半がほとんどなので、皆さんにとっては溶け込みやすい環境だと思います。上下関係をあまり気にすることなくフランクに雑談できる間柄ですし、立場関係なく話せる環境が整っていますよ。

――情報戦略研究所コースは本社とは異なり、浜松町にオフィスがあります。オフィスを分けた理由を教えてください。

全員が本社に集まって仕事するのをやめよう、各地域にサテライトオフィスを置いてゆくゆくはそこで仕事しよう、という話が元々ありまして。その第一歩として、情報戦略として小さい第2本社を持つことになりました。

ただ、代表が「仕事はオフィスじゃなくても出来る」という考え方なので、そもそもレッドホースはオフィスにこだわりがありません。代表はよく北海道でワーケーションしていますし、今年の新卒には新潟と愛知でテレワークしている方もいらっしゃいますし、今はテレワーク推進中ですし。東京にいなくても仕事が出来る環境を今積極的に整えているところです。

――テレワークが基本とのことですが、コミュニケーションで何か工夫していることはありますか?

「新卒初日からテレワーク」というのは今年が初めてのトライなので、まだ全社で試行錯誤している最中ではありますが……。1日1回の雑談タイムを設けるなど、テレワークでもコミュニケーションの機会を作るようには心掛けています。出社するメリットは雑談できることだと思うので。そこをテレワークでどこまでカバーできるかは、全社的に挑戦している真っ只中です。

挑戦できる環境で、あなたの創造性を発揮して


――情報戦略研究所コースには、どのような学生が向いていると思いますか?

やる気がある人、明確にやりたいことがある人、見付けた課題に前向きに取り組める人ですね。逆に受け身の人には厳しいと思います。情報戦略研究所はフォロー体制は万全ですが、なにぶんベンチャー気質なので、一から十まで手取り足取り教えてもらえるわけではありません。逆に「このサイトのここに課題があると思います、自分が課題解決に取り組みたいです」という提案は前向きに受け入れられるような環境ですので、何事にもチャレンジしたい方にはぜひ来ていただきたいです。

――最後に、新卒の学生さんに向けて、何かメッセージをお願いします!

情報戦略研究所は、入社1年目から事業拡大や新規事業参入に関わることができる場所です。最初から「この会社でこういうことをやりたい」という明確な意志を持つのは難しいかもしれませんが、ある程度自分の中に軸を持って来ていただけると、間違いなく活躍できると思います。良くも悪くも会社の方針がガラッと変わることがありますが、そういった変化も楽しんで食らいつける人はぜひ一度ご応募ください! あなたの創造性をレッドホースで発揮してみませんか?

レッドホースコーポレーション株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more