1
/
5

【Vol.2】とにかく“ポジティブに”| 会社を支えるマーケティングマネージャーにインタビュー!


株式会社日本商業不動産保証は、オフィス・店舗の敷金減額サービス『敷金半額くん』を展開しています。

弊社は敷金に代わるサービスを提供することで、企業がオフィスや店舗を借りる際に預ける敷金を不要にし、その分の資金を事業に投資できるようになることで企業の経済活動の活性化に貢献しています!

本日は経営企画・マーケティング部門でマネージャーの権藤さんにお話をお伺いしました!

#自己紹介をお願いします

権藤)初めまして、経営企画・マーケティング部門でマネージャーをしています権藤豪と申します!

私は2年前に弊社に入社をしました。

元々は新卒でベンチャーキャピタルで働き、その後はベンチャー企業数社で管理部門やIPO準備などを経験し、現在は弊社にて経営企画やマーケティングといった業務を行っております。

本日はどうぞ宜しくお願い致します!


#現在の仕事内容を教えてください

権藤)基本的に会社のこと全般に携わらせて頂いております。

具体的には経営計画の策定から資金調達、営業部と一緒に営業戦略の策定やマーケティング施策への取り組みなど幅広く行っております。

インタビュワー)会社全般に携わっているということですが、会社の目標はどのようなものか教えてください。

権藤)日本商業不動産保証という会社の理念として、”非合理的な商慣習を変えていくことで日本の経済を活性化していきたい”ということが根本にあります。

これは代表の創業の想いとして、「経済活動を活性化することで、日本企業の成長を促進したい」というところからきています。

その中の非合理な商習慣というところに”敷金”というテーマがあり、まずはそこを解決していくというのが現在の目標ですね。

#目標を達成するために権藤さん自身はどのような取り組みをしているか教えてください

権藤)いま注力しているところでいうと、大きく分けて2つあります。

一つはマーケティング活動によって、営業以外の面で弊社のサービスを広げていくということを行っています。

もう一つは、営業サイドのメンバーがより働きやすいように環境を整えていくということを行っています。

というのも弊社のサービスはまだまだ業界的にはチャレンジングなことをしているので、その中でメンバーがパフォーマンスを最大限発揮できるように取り組んでいます!

インタビュワー)環境を整えるとは具体的にどのようなことをしているんですか?

権藤)例えば社内の制度や業務ツールを整備する、業務効率をあげる施策を導入する、業務負荷が多い場合はマネジメントサイドと連携して業務分担の見直しや採用などでの人員体制の見直し、個々の業務負荷を適正にするなどを行っています!

弊社もベンチャー企業ですので、急成長する中でどうしても一時的な負荷がどこかに出たり、それまでのやり方と実態にズレが出ることがあります。そういった課題に対して部門や立場を超えて取り組む時に、全体がうまく回るようなハブとなる役割で動いてますね。


#日々の仕事内で意識していることを教えてください

権藤)とにかく”ポジティブ”の一言ですね!笑

やはり仕事をしている限り、一つ一つ見ていくと難しいことや悩むことって必ず出てきます。

でもそこに対して「難しいね」で終わってしまうと、何も新しい可能性って生まれてこないですよね。

逆に「こうやれば、できるかもね」とポジティブに物事を捉えていくことで新しい可能性って大きく広がると思います。

なので仕事を行うときはどんな場面でもポジティブに物事を考えるようにしてます!

もちろん、スーパーマンのように全てができるわけでは無いですし、新しい事業なので思ったようにいかない、失敗する場面もあります。

なので成功しかダメということではなく、失敗したとしてもチャレンジできたことやそれを次に活かせることを前向きにとらえる、物事への向き合い方としてのポジティブさは意識しています!

インタビュワー)”できない理由を探すよりもできる理由を探す”ということですね!

#日頃からメンバーとの間で意識していることを教えてください

権藤)一番意識していることとしては”コミュニケーション”です。

弊社のサービスが「不動産×金融」というそれぞれに専門性が高い領域を掛け合わせています。

私含めて様々なバックグラウンドのメンバーが多く働いているので、単語一つとっても一人一人の受け取り方が微妙に違ったりするんですよね。

この微妙なニュアンスの違いが大きな問題を引き起こすこともあるので、コミュニケーションをたくさん取ってメンバー一人一人の特徴を把握できるようにしています!

インタビュワー)専門性が高い領域だとなおさらすり合わせるの大変そうですね!

#日本商業不動産保証にマッチする人はどんな人ですか

権藤)弊社にマッチするのは”とにかく新しいことに挑戦したい人”です!

理由としては、弊社のサービスが新しいということももちろんあります。

合わせてまだまだ組織も小さいので、「この部分をこうした方がよくなるのに」と提案したことがすぐに反映されやすい環境があります。営業としての仕事だけでなく、会社自体や働く環境含めて新しいことに挑戦したい人には面白いと思いますね!

インタビュワー)新しいことに取り組みたい人は絶好の環境ですね!


#他社と比較した時の日本商業不動産保証の強みを教えてください

権藤)一つは”サービス力”です!

他の企業も行っているサービスではなく、弊社独自のサービスを経験できるというのは非常に貴重なことであり他社にない強みだと思っています。

もう一つは”圧倒的な経験値”です!

弊社は、これから成長していく企業ですので様々なフェーズを経験することができるので今後のキャリア人生で大きな影響を与える事ができると思います。

また、サービスの利用企業はベンチャー、スタートアップ企業がとても多く、不動産と金融に関わるサービスなので、社長やCFOといった方々と仕事をすることになります。知見や経験を積みたい若い営業メンバーにとって得難い環境だと思いますね!

インタビュワー)様々なフェーズを経験できることに加えて、”不動産”と”金融”の知識はどこの業界に行っても活きるスキルでもありますよね!

権藤)そうですね!2年以内に上場を目指しているフェーズで働く経験は中々ないですから、経験として非常にプラスになると思います!

#求職者の方へ一言お願いします

権藤)まだまだ成長段階の会社なので会社やサービスを一緒に作っていきたいという人、新しいサービスを社会に広げていきたい人、是非お話をしましょう!

また今後のキャリアに悩んでいる人も是非一度お会いできると嬉しいです!


本日インタビュー対象者の権藤をより詳しく知りたい方はこちら

株式会社日本商業不動産保証's job postings

Weekly ranking

Show other rankings