1
/
5

【社員紹介】海外→田舎でエンジニアへ!個性派バックエンドエンジニアの素顔に迫る!

今回は、マプリィでバックエンドエンジニアとして働かれている望月さんのインタビューをご紹介します!

ー自己紹介をお願いいたします。

入社2年の望月です。

出身は広島県広島市で、大学卒業後、海外で子供たちに日本語を教える仕事やプランティングのボランティアなどをしていました。

趣味は散歩とK-POPです。

マプリィには、2020年4月に入社しました。

僕はエンジニアとしては、ほぼ未経験からでしたが、今ではバックエンドエンジニアとして業務をしています。

ーなぜマプリィで働きたいと思ったのですか。

海外に住んでいるときから、農業やITに関心がありました。

あと、田舎で働いてみたいという想いもありました。

そこで、田舎のIT企業ってないのかなと色々と調べてみていたんですが、なかなかないなぁと思っていたところに、本当にたまたまマプリィを見つけて応募してみました。

ーなぜエンジニアを目指されたんですか。

海外で働いている時に、少しプログラミングに触れる機会があって、自分が書いたコードでシステムが動くことに感動し、これを仕事にできたらなと思い、一念発起してエンジニアを目指そうと思いました。


ーマプリィではどんな仕事をしていますか。

入社当初は地理情報ファイルの解析を行っていました。

地理情報をもとに緯度経度をマップに表示するといったような仕事です。

今では、Web系全般を担当していて、サーバ、GIS系(マップや緯度経度の操作など)、バックエンド、ブロックチェーンなどの開発に携わらせていただいています。

未経験だったので、もちろん業務をこなすことは簡単ではなかったです。

ただ、未経験だけどすぐに裁量を持たせてもらって、凄く自分の成長に繋がったと思いますし、やりがいを感じました。

もちろん、その過程で諸先輩から色々とアドバイスを貰ったり指導、サポートしてもらい、めっちゃ凹んだこともありました。笑

けど自分で調べまくって手を動かしまくって…ということは凄く勉強になったなと今では実感しています。

まずは自分で調べてやってみる!って自分が凄く成長する要素の一つだなと。

それって確かに時間はかかるんですが、自分で調べたことって自分の知識や経験として必ず残って活きてくるので、そのお陰で僕の成長スピードはだいぶ早かったんじゃ、、と自負しています。笑

最近では、一緒に働く仲間が増えてすごく嬉しいです。

今後は「この人に任せておけば安心だ」と技術面で信頼されるエンジニアになりたいですね。

また、マプリィの海外版の開発に携わってみたいなと思いますね。


ー自社の魅力を教えてください。

誰でも必ず成長できる環境であるということと、いい意味で会社の将来が予測できないというところですね。

マプリィはいい意味で毎日が変化の連続です。

そのため常に予想のできない状況があったりするんですが、それってプログラミングと似ているような気もしていて、これからの自分がどれくらい成長しているのかの予想がつかないくらい色んなことができる状況っていうところも魅力だと思います。

それと、田舎の落ち着いた雰囲気や古民家で仕事をしたいという人にはおすすめですね。

開発部のメンバーは基本大人しい人が多いんですけど、個性豊かで自分をしっかりと持っている人、田舎が好きな人が多いんじゃないかと思います。

あと、みんなアグリテックで農業や林業などの業界を盛り上げたいと思っていたり、自分の開発を通じて世の中や人のためになることにやりがいを見出していたりするんじゃないかと思います。

株式会社マプリィ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more