1
/
5

DXやIoTに興味がある人は知っておきたい言葉。RPAとは!?

RPA?RPG?RPO?間違えられやすいのですが、RPAとは「ロボティックプロセスオートメーション」というサービスの頭文字をとった略語です。

RPAの歴史は実は古く、1950年代に遡ります。RPA開発の第一歩となったのが1959年の「機械学習」(ML: Machine Learning) の登場したことがきっかけのようです。機械学習とは、コンピューターが大量のデータから反復的に学習し、そこに潜むパターンを自ら見つけ出すことを指すようです。



そして、機械学習の開発によりコンピューターは以前に増して複雑な機能を備えるようになり、翻訳や要約など、言語に基づく高度な作業を実行するプログラムの作成も可能となったとのこと。しかし、コンピューターが人間の言語を処理するには限界があり、それがやがて「自然言語処理」(NLP)の開発につながり、RPAは一旦衰退をしました。

しかしここ数年で、人の作業を代行できるRPAのニーズは飛躍的に高まり、ゆくゆくはAIとRPAの連携が期待されています。



企業のDX化に欠かせないツールの一つとなりつつあるRPA。皆さんが就職を検討されている職場にも、すでに導入されているかもしれませんね。

株式会社batton's job postings
1 Likes
1 Likes

IoT

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more