1
/
5

知識と経験を財産に、お客様に寄り添うDX|#1Axisをツクルヒト vol.4

Axisは、29期をスタートするにあたり、初めて営業部門を新設するなど組織を大きく変化させた。
「#1Axisをツクルヒト」は、変革期を迎えるAxisを成すヒトに焦点をあて、対談形式でお伝えするストーリーです。

引き続き、営業部門と共に新たに誕生した「デジタルコラボレーション事業部」にスポットを当てます。

【今回のツクルヒト】
宮崎隆:取締役。システムエンジニアとして活躍後、技術系コンサルタントに転身。長年複数の大手企業で活躍。6年前に外部コンサルとしてアクシスに関わり、昨年取締役として経営に参画。新規部門を中心に事業開発・推進を担う責任者。

嘉本壮吾:情報系専門学校を卒業、新卒8年目。長年システムエンジニアとして県内外のお客様のシステム開発に従事。今回、新部署の若きリーダーに就任。

大藪夏美:文系大学を卒業後、ほぼ未経験でアクシスに入社、新卒2年目。仮配属中から積極的に業務に取り組み、物怖じしない姿勢で高い評価と信頼を得て活躍中

鈴木雅俊:昨年9月アパレル業界から未経験でアクシスに転職。IT未経験ながら、接客業で培った傾聴力と、人を巻き込む人間力で積極的にチャレンジを続けている

-聞き手-
桑原東子:広報。メーカー営業としてキャリアをスタート。その後、財団、学校法人、企業と幅広い分野で広報を経験。2020年Uターン転職で東京から帰郷。人生初のIT業でアクシスの魅力を探っている。

■INDEX
-どれだけの知識を蓄えられるか、が問われるコンサルタント
-人と組織の変化無くして、本当の意味で課題解決はない
-私の「Shift the Local」とは・・・

どれだけの知識を蓄えられるか、が問われるコンサルタント
桑原:アクシスが成長していく上でのミッションや課題として考えていることは?
宮崎:お客様の「ITを使って何かを変えたい」きっかけを作り、その先の道を提示することが社内の役目と考えています。開発、アウトソーシグ、出向など様々な解決策をアクシスはソリューションとして提供することができます。お客様の課題を解決する道筋を見出し、適切なサービスを提示することがミッションです。
嘉本:今年、営業部とデジタルコラボレーション事業部が一緒に新設になり、ある意味で第二の営業だと考えています。営業が獲得した案件において、お客様との繋がりを明確にし、その先の道筋を作ること。お客様の要望を深掘りし、紐解いて適正なアクシスのソリューションに導き、お客様との関係性を強くする立場だと考えています。
桑原:アクシスのソリューションを満遍なく、知る必要もあるということですね。お客様の話を聞きながら、当て嵌まるサービスを考え、提案する・・それだけのコミュニケーション力、知識量含めて、勉強は続きますね。
宮崎:そうですね。実は、毎日「DX」分野のトピックス1件を選び、その理由、考えや行動にどう反映するかといった考察を書くことを宿題としています。そうして、知識の蓄積を実践しています。
桑原:それって、すごく大変ですよね。
宮崎:大変だよね。(笑) だた、振り返ると大きな財産です。1ヶ月で20個の記事がピックアップされ、一人ひとり書くことで頭にも入ります。その知識が必ずや財産になると思っています。

人と組織の変化無くして、本当の意味で課題解決はない
桑原:DXというと今まさに注目の分野ですが、心がけていきたいことは?
大薮:「ゴールを忘れない」ことです。なぜ、この課題を解決しようとしているか、を忘れないようにしたいです。つい、目の前のことに注意しがちですが、本来の目的、方向性を見失わないようにしたいです。
鈴木:システムを納品したら終了ではなく、課題解決にどれだけ貢献できているか、お客様にどれだけ満足いただけているかという点で、お客様に寄り添ったDXを推進したいです。
嘉本:DXに関わり始めて、担当者に限らず全社を巻き込んで業務を進める中で、結局は「人」が変わることが不可欠だと感じています。根本にあるのは「人の問題」が大きいですね。これを機会にして、お客様の「人」という資産を変えていくことを心がけていきたいです。
宮崎:やっぱり最後、変わらないといけないのは「人」であり「組織」です。そして、その方法としてデジタルの力があると考えています。デジタル化、IT化ありきではなくて、本当に変えないといけないものは何かを見抜く、深掘りする事を心がけていきたいですね。

桑原:どれだけデジタル技術が進んでも「人」が使うもの、ということですね。
さて、今後、このチームの活躍が期待されていまが、どんな人に仲間になって欲しいですか?
宮崎:人と話すことができる。人の話を素直に聞けることが大前提です。その上で、一緒に物事を考えて、一緒にゴールに進むことにやりがいを感じられる人、仲間と一緒に進むことにやりがいを感じられる人、そういう仕事のスタイルがあっている人が良いと思っています。
嘉本:人に興味がある人。自分はちょっと違うかもしれませんが。(笑) 先ほど、話もしたように「人」がメインなので、人に興味がある人の方が、この仕事は楽しいと思います。
宮崎:明るくて元気な人、また冷静で物事に鋭く気切り込める人も適していると思います。お客様と向き合う時は一人ではありません。様々な切り口で物事の整理や、解決策を提案するので、偏りのないメンバーにしていきたいです。

桑原:では、このチームで成長できる点については、いかがですか?
大薮:対人、対組織という仕事の経験を、この年齢にして多く積んできたと私自身感じています。この経験は、今後のキャリアでためになると感じています。
鈴木:思考力が身に付くと感じています。1つの課題を深掘りすることも多いです。難しいこともありますが、クリアできた時に成長を感じられると思います。
桑原:なるほど。システムエンジニアのスキルはどのくらい必要ですか?
嘉本:システムの知識はあって損はありませんが、必須ではありません。基本的な仕事の流れを知ることから業務なので、仕事の流れがわかっていれば大丈夫ですね。担当する業種にもよりますが、専門用語は都度勉強が必要です。特にビジネス用語はコンサルの立場でお客様を訪問するので、その知識は欲しいですね。

桑原:どういう部分でキャリアアップにつながると考えていますか?
宮崎:エンジニアのキャリアとして「コンサルタント」はよくある道です。もっとお客様の会社の中に入って仕事をしたいという営業職の方には、そういうスタイルがありますね。
桑原:エンジニアの経験を積んできた人は、包括的にお客様に貢献したいとか、より広い範囲で仕事をしたいという希望もあるということでしょうか?
宮崎:お客様の顔を、声を「聞きたい」「知りたい」というエンジニアにはキャリアアップになりますね。サンプルのコードをつくる場面も多いので、プログラミングの知識やスキルは活かせると思います。システムエンジニアの中でも、上流の業務がしたい、お客様のシステム企画に興味がある人にはこの仕事は魅力があると考えています。

私の「Shift the Local」とは・・・
桑原:では、最後の質問です。あなたにとってのShift the Localとは何ですか?
鈴木:以前の仕事は「転勤=言われた場所に住む」がネックでした。住みたい場所で働くことが私にとっては大切にしたいことなので、場所を選ばないということです。鳥取のアクシスは「すごい」と他県でも言われる会社にしていきたいです。
大薮:「場所の概念がないこと」です。鳥取の前提を外しても「アクシス」がすごいって言われることや、DXといえば「アクシス」のように場所に囚われずに戦えることだと思います。
嘉本:これまでは一部上場の企業や首都圏の大きな企業がお客様でしたが、今日やっと鳥取にお客様ができました。以前なら大手コンサル会社に依頼したことも、オンラインやレヴィのツールを活用することで、固定概念に囚われず、品質で選ばれていることが「Shift the Local」だと思っています。
宮崎:コロナでどこでも仕事ができて、繋がれるようになりました。そうなると勝負はサービスの品質と、携わる人です。その意味で「すごい集団が鳥取にいる」と言われるようになること。そして、その話題が人づてに広がっている状態が「Shift the Local」だと思っています。「仕事を鳥取に出すのではなくて、この仕事を頼むならアクシスがいい。」と、場サービスで決めてもらうことだと思います。

デジタルコラボレーション事業部の誕生はアクシスにとって営業部の発足と共に大きな変化である。インタビューを通して、部署設立の背景や、求める人材像、システムエンジニアに限らず成長できることついてメンバーに話を聞いた。
「システム開発は、リリースがゴールではない」それは、私自身がアクシスに入社以来、話を聞いた全てのシステムエンジニアが語った言葉である。と同時に、構築したシステムがお客様の下で、活用されていることを「知る」ことが喜びだと、口をそろえた。
事業部のメンバーはその若さを活かして日々経験を積み成長しながら、自分事としてお客様の課題に向い伴走している。その姿はお客様にとっても大きな刺激にもなっているのだろうと想像ができた。
事業部発足は、これまで首都圏を中心に多くの企業のデジタル化や、デジタルを用いた課題解決に寄与してきた経験をデジタル化の中で、IT企業の本来の役割を担い、最大限活かす一歩になると今回のインタビューを通して感じている。
どれだけ、技術が進歩しても、便利になっても、最終的な課題は「人」に起因する。だからこそ、お客様の「人財」を活かして、共にゴールを目指すことにやりがいを感じられる人、仲間と共にやり遂げることに喜びを感じられる人に仲間になって欲しい。

関連ストーリー:
お客様のゴールはシステム構築ではない|#1Axisをツクルヒト vol.3

株式会社アクシス's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more