1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

『海外で働くことは大きな決断ではなかった』経理として働いていた彼女がセブ島でAdminマネージャーになった理由を聞いてみた!

こんにちは!採用担当のNanaです。

社員インタビューを通して、KREDO IT ABROAD(以下:KREDO)の日本人メンバーがどうしてフィリピンのセブ島で働こうと思ったのか、自身の価値観や今後の展望などを皆さんにお伝えしていきます。

さて、今回取材させていただいたのは、KREDOの基盤をつくり会社を守るAdminマネージャーになったFukunishi Shokoさん(以下:Shokoさん)です!

KREDOに来る前は何をしていたのか

ー Shokoさんはどのような学生時代を過ごしていましたか?

もともと子供が好きで、学生時代は幼稚園教諭免許取得のために勉強していました。無事に免許取得できたのですが、自分の中でもっといろんな環境を知りたい!いろんな人と関わりたいと思い、就職するのではなく卒業後に上京しました。

ー さすがの行動力!上京後は何をしていましたか?

上京後はアルバイトをしながらとにかく遊びました(笑)アートや芸術にも興味があったので個展を開いてみたり、渋谷の交差点でフリー似顔絵を描いてみたり。本当に楽しんでいました。色々な人と関わっていくうちに経営について興味を持ち、遊びと平行して学校にて経理の勉強を始めました。

ー その後の経歴について教えてください。

経理について勉強後、実務経験を得るために100名未満の中小企業の経理部門として働きました。3年間働く中で会社がどのように成り立っているのか、お金の動きを経営者の1番近くで学ぶことができ有意義な時間を過ごすことができました。

KREDOに入社したきっかけ

ー そんな中どうやってKREDOを知り、なぜ入社を決めたんですか?

経理や経営について学んだタイミングで、英語スキルを身につけたいと思いました。理由は外国人の友人が多く、もっとコミュニケーションを取りたかったからです。KREDOを知ったきっかけはWantedlyでした。『海外』『英語』で検索をし、セブ島勤務のインターンを募集していたKREDOがヒットしたのでとりあえず話を聞いてみようっていう気軽なかんじで応募しました。

当時は経理としてのインターンは考えてはいない状態で面談をしました。まず最初に驚いたのが、面談相手が代表の横田(以下:Takeoさん)だったことです。Takeoさんがとてもフレンドリーで、気さくだったので会話をしていく中で自然と一緒に働くイメージを持つことができ、入社することを決断しました。

ー その会話の中で海外にいくことを決めたんですね!インターンはどのようなことをしましたか?

はい。私にとって海外で働くことは特段大きな決断ではありませんでした。まだ見ぬ世界や環境に身を置けることが楽しみでしょうがなかったです。

インターンでは1日のうち4時間は英語の授業を受けて、その他の5時間は、主に生徒様が快適に留学生活を送れるようあらゆるサポート、また空港ピックアップなどをする生活サポートという1番生徒様に近い存在として業務をしていました。

ー インターンから正社員になったキッカケを教えてください!

3ヵ月目あたりにTakeoさんとMTGをしたのがキッカケです。その時にTakeoさんから『創立間もなく大変だと思うけど、絶対にやりがいはあるはずだから一緒にこれからも働かないか?』と言われ、自己成長につながると考えました。あとは紛れもなくKREDOで過ごした日々が楽しかったのも理由の1つです!またその際、Wantedly面談で話した『経理』という言葉をTakeoさんが覚えていてくれて、経理かつAdmin部門の組織づくりが目標ということを聞き、今まで日本で働きながら学んだことをアウトプットできると思いました。

KREDOの正社員になってから現在

ー 正社員になった時のAdmin部門はどういう状況でしたか?

当時のAdminスタッフはフィリピン人4名、日本人2名。まずはこれまでの業務フロー調査や外部とやり取りをして、経理・法務・総務・人事などAdminの状況把握からスタートしました。組織化はできていないし自分の英語力もつたなかったので本当に手探り状態でした。それと同時に日本人とフィリピン人の仕事の進め方に戸惑ったのを覚えています。

時間を重ねる毎にメンバーとの信頼関係も構築され、ある程度の状況把握ができたところで課題が見えてきました。それはやはり組織化でした。

ー 確かに大変ですが、やりがいのあることですね!そこからどのような想いでマネージャーになったんですか?

フィリピン人と働く中で、文化の違いを理解し合い、責任感を持って働いてもらえるように組織化したらもっとKREDOが成長する、仕事に対してメンバーの自己成長、よりやりがいを持って取り組むことができると考えていました。またその環境をつくりたい!と強く思いました。

現在ではAdmin部門内で経理、HR、総務(労務)とそれぞれ組織化することができ、それに伴い従業員の定着率も上がったことは本当に嬉しいですね。

これからのKREDO

ー いま掲げている目標を教えてください!

フィリピン人だけでKREDOを支えることができるように!が目標です。日本人である私たちが現状、彼女たちのマネジメントをしていますが、スキルが身につき仕事に対してやりがいを感じているメンバーが増えている中で、最終的にはマネジメントもフィリピン人ができるようになったら、さらにおもしろい会社になると感じています。そのためにはもっと私たちが持っているノウハウを共有したり、まだまだ手を付けられていないところへは協力をしながらノンストップで前進していきたいと思っています。

ー 最後に!どんな人と一緒に働きたいですか?

まずKREDOのビジョンである「ITと教育で 世界に価値を創造し 人類に貢献する」に共感してくれる人。

そしてまだまだ組織として整っていないので、人事・経理の実務経験者を募集しています。

スピード感をもって業務ができる、自主的かつポジティブマインドを持っている方と一緒に働きたいですね。あとは素直なひと!素直さはどんなビジネススキルよりも勝るものだと思っています。まだまだ成長途中のKREDOを是非一緒につくりましょう!

Kredo Japan株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings