1
/
5

25歳の女性営業マネージャーが語る、Surpassの環境と人の魅力

本企画は、「Surpass(サーパス)にはどういう人が入社するんですか?」「どんな方が活躍されていますか?」といった声に応えて、現場で活躍している社員を伝えるインタビュー企画です。

今回お話を伺ったのは、25歳という若さでマネージャーとして活躍中の渡邊(わたなべ)さんです!

新卒では人材会社の営業として働いていた渡邊さん。そんな彼女が、新たな活躍のステージにSurpassを選んだ理由とは。

若いうちにマネジメント経験を積みたいと考えている第二新卒の方、営業経験を活かしてキャリアアップをしたいと考えている方にとって、参考になる記事となっております。

<渡邊さんの略歴>

1995年生まれ。新卒では婚活業界を目指していたものの、募集が1社しかなく断念。2018年4月、「人と人を結ぶ」という共通点から人材業界へ進む。

営業として経験を積んでいくが、長時間労働の社風に馴染めず入社6ヶ月で退職。2018年10月に知人の紹介でSurpassへ転職。

営業経験を活かし、入社2年でリーダー、3年でマネージャーに昇格。現在は、不動産賃貸保証プロジェクトのマネージャーとして4名を統括している。

──本日はどうぞよろしくお願いいたします!

よろしくお願いします!

──はじめに、渡邊さんの就職活動〜現在までの簡単なご経歴を教えてください!

新卒では、婚活業界を目指していました。私自身がすごく結婚願望が強いというのと(笑)、大学時代に自分が紹介した友人同士がカップルになることが多く、その体験に喜びを感じたことがきっかけです。

また、女性活躍の社会が進んでいく一方で、出会いが減ることが見込まれるから、今後の婚活業界は熱いんじゃないかと業界の将来性を感じたのも志望理由の一つでした。

ただ残念ながら、婚活業界で新卒採用をしているところは1社しかなく、そこは落ちてしまったんです。「人と人を結ぶという意味では人材業界も近いかもしれないな」と思い、1社目では人材業界を選びました。

──たしかに、「人と人」という意味では似ているかもしれませんね!

そうなんです。でも入社した会社は8時に出社して、21時にPCの電源が強制シャットダウンされるまで働くのがあたりまえでして…。

通勤に約2時間かかっていたこともあり、「これは無理だ…。もう少し、人間らしい生活がしたい…」と思うようになりました。入社4ヶ月で転職を決意して、Surpassに出会い、2018年10月に入社したというのが簡単な経歴になります。

──人間らしい生活…。泣 4ヶ月での退職という決断は、勇気がいったんじゃないですか?

もちろん勇気がいりました。ただ、私が辞める頃には、本社に配属された20名の同期も半分が辞めていたので、逆に早く辞めねばという感じでした(笑)

──転職活動を始めてから、Surpassとはどうやって出会ったんですか?

大学時代の先輩に転職相談をしたのがきっかけです。「オレいまSurpassって会社にいるけど、めっちゃ人いいよ。とりあえず社長に会ってみる?」と勧められたんです。

その先輩とは価値観も似ていて信頼をおいていたので、すぐに人事の方に繋いでもらいました。

──先輩の紹介だったんですね!人事とはどんな話をしたんですか?

ざっくばらんに面談というか、お話をしました。話をしたときの印象は「営業のアウトソーシングをやっている会社なんだ。じゃあ派遣とはまたちょっと違うんだな。」くらいの認識で、正直なところ全然ピンときていませんでした(笑)。

ただ、先輩からは「とにかく人がいい会社」と聞いていたので、「聞いてた通りだな」という印象はありました。フィーリングも合いそうだったので、この会社で働けたら楽しいだろうなと思っていましたね。

──どういう点がフィーリングが合いそうって思ったんですか?

人柄の良さとか、オフィスの雰囲気ですね。人事の方も親身に話を聞いてくださり、オフィスの机や椅子もパッと明るい配色なのでなんかいいなって思ったんです。1社目のオフィスはちょっと薄暗いというか、覇気がないオフィスだったんで余計に感じましたね(笑)

あと、みんな帰るのが早かったのは高ポイントでした!当時はまだ21時まで働いていたので、人事とのカジュアル面談が平日の22時になってしまったんですよ。いまじゃ考えられないですね。

Surpassオフィスに行ったら人事のお二人以外はもう誰も残っていなかったんです。「遅くてもみんな19時頃には帰るよ」と聞いて、なんていい会社なんだろう!と思いましたね。あれ、感覚おかしいですか(笑)?

1社目では22時以降もオフィスに人がたくさんいましたし、上司から深夜2時にメールが飛んでくるなんてことも日常茶飯事だったので…。

──大変な環境だったんですね…。その後、すぐに選考を受けられたんですか?

そうですね、人事面談の次は社長の石原さんとお会いしました。

なんかその日がSurpassの10周年記念パーティーと重なっていたようで、「汐留のビル40階くらいのレストランに来てね」って言われたんです。スーツ着て、履歴書もって、レストランの前で「あー場違いだー」って思いながら石原さんとお会いして、お食事やお酒をいただきながらいろいろお話しました。

お話した最後に「あ、そういえば履歴書もらわないといけなかったね!」と言われお渡しをして、その3日後くらいに内定をいただきました。

──石原さんの第一印象はどんな感じでしたか?

すごくパワフルでエネルギッシュな方だと思いました。考え方にも共感できましたし、同時に女性としての強さも感じました。他社の選考を受けていなかったという外部要因もあったかもしれませんが、入社は即決でしたね。

──入社後は、まず研修をして、それからプロジェクト配属になるんですか?

そうですね。3日間の研修で会社のことを知ったり、Excelの使いかた・ビジネス文書の書きかたを学んだりして、4日目からすぐにプロジェクトへ配属されました。(今はテレアポ研修もあります)

最初の配属は、不動産の賃貸保証のプロジェクトでした。入社当時は明確な営業の数字目標がなかったので、3ヶ月でリスト先の顧客をすべて回るところからスタートしました。

2018年10月にメンバーからスタートして、2020年3月にはリーダー、同年11月からはマネージャーに昇格して、今も同じプロジェクトで頑張っています。

プロジェクトが変わることの方が多いんですが、私はずっと同じプロジェクトの担当になっています。このあたりは人によって異なりますね。

──メンバー、リーダー、マネージャーって、それぞれどんな仕事をされているんですか?

メンバーは、プロジェクトをとにかく一生懸命やっています。私のように既存のクライアントへ関係構築をするプロジェクトもあれば、新規を取ってくるプロジェクトもあります。プロジェクトによって難易度が異なるのですが、どんなプロジェクトも必死にやる、というのがメンバーの仕事ですね!

リーダーは、一番説明しにくいですね(笑)。プレイヤーとして動きながら、3〜5名のメンバーをマネジメントしています。わたし的には、一番考えることが多いポジションでした。正直、一番大変なポジションだと思います。

マネージャーは、リーダー・メンバーのマネジメントがメインですね。平均的に、リーダー1名・メンバー4名くらいを担当します。1つのプロジェクトだけの人もいれば、複数のプロジェクトマネジメントをしている人もいます。

マネージャーになるとクライアントとのやり取りが非常に多くなるので、クライアント先との仕事の進め方やコミュニケーションに対して非常に気を配ります。

メンバー・リーダー・マネージャーと分かれ指揮命令の関係性はもちろんあるものの、全員で協力してプロジェクトを進める、大変なときは助け合うといった雰囲気で仕事できる点がSurpassのいいところです。

──渡邊さんは、このままSurpassで長く働いていこうとお考えですか?
それともある程度キャリアを積んだら、違うところにキャリアアップする予定なんですか?

今のところは、次を探したり他のキャリアを考えたり、といったことは一切ないですね。ただ、これから長く働いていく上で、気になる点はあります。

──お、ぜひ教えてください!

やっぱり私には、結婚して子どもを産みたいという気持ちがあります。その辺りのフォロー体制を、会社としてどんな形で実現できるのかがとても気になっています。。

今会社ではママプロジェクト、というのがスタートしていて、産休に入ったメンバーが、営業ではなく、営業経験を活かしてSalesforceなどの支援をするメンバーとして、在宅で時短でちゃんと仕事ができる場所も作り始めています。

でも、既存の営業のプロジェクトでは、まだまだ産休に入っているメンバーが復帰するってなったときに、すぐアサインできるプロジェクトが現状だとそう多くはありません。復帰後はどうしても時短勤務になってしまうので、その働き方を受け入れてもらえるプロジェクト先がなかなかないんですよね。

たしかにプロジェクト先の方としては、時短よりもフルタイムで働いてくれる人の方が業務をお願いしやすい部分はあるとは思うんです。でも、だからこそ、どうしたら営業で時短でも、プロジェクトに復帰できるのか、ということをちゃんと考えて行く必要はあるんだと思っています。

その辺りの制度が、もう少し整っていけば結婚や出産などでライフステージが変わっても働き続けられる選択肢が増えていきますし、わたしもそんなSurpassの一員として働いていきたいと思っています。

──非常に大切な視点ですね。「産休・育休後のフォロー体制」以外で、他にも「ここはまだまだな」「もっと直してほしいな」というところがあれば教えてください

う〜ん、他には…パッと思いつくのは…あまりないですね…。強いて挙げるとすれば、このコロナ禍ではまあ仕方ないとも思うんですけど、「もうちょっとみんなで集まる機会があったらといいな」とは思います。

プロジェクト単位で動く分、社員同士の繋がりはどうしても薄くなりがちなんですよね。私やプロジェクトメンバーは、「研修プロジェクト」や「部活」といった社内活動に参加しているので社員同士の関わりはある方ですが、全く関わっていないメンバーもいますし…。

誰がいつ入社して、どういう人で…とか、最近は新しいメンバーも増えているのでお互いのことを知らないっていう状態が増えているんですよ。ここはどうにかしたいですね。

──改善するために、なにか渡邊さんのアイデアがあったりするんですか?

具体的なアイデアではないのですが、「最初のうちは強制参加でもいいから、やっぱりみんなで直接会って話す機会を作ったほうがいい」に一票いれたいですね。

強制的に社員同士で会う機会があって、ちょっとでも「この人って結構面白いな、もうちょっと話してみたいな」と思えたら、「じゃあ、あの人と話したいからまた行こうかな」という気持ちになっていくじゃないですか。

社員同士の交流がある方が、お互いのことも知れるので困ったときにはプロジェクト内外問わずにサポートしあえますし、お互いに切磋琢磨して成長していく環境にもなると思うんですよね。

会社への帰属意識も高まるので、そうした交流に対して、会社としてもっとお金をかけてもいいんじゃないのかなとちょっと思っています。

──これまた率直なご意見をありがとうございます!

次は、Surpassの良い点をお聞きしたいです。「社員の人の良さ」以外にも何かありますか?

Surpassというより、セールスアウトソーシング(SPO)の魅力になってもいいですかね?

──もちろんです!

一社にいる中で、いろんな業界・業種の会社やいろんなプロジェクトに携われるところが大きな魅力だと私は思っています。私のように、いろんな人と繋がりたいと思っている人からすると、とても良い環境です!

──たしかに!普通の会社だったら転職しないとできないような経験が、Surpassであればたくさんのプロジェクトがあるから一社内でできるってことですね!

そうなんです!転職せずに幅広い経験ができることって、私は結構おすすめです。

しかも、大手のクライアントが多いので、シンプルに楽しいです!

──そろそろ終盤です!もう少しだけよろしくお願いします!
もし、人材業界の方で転職しようか迷っている人がいたら、人材業界出身者としてどんなアドバイスを送りますか?

人材業界の方に、ですよね…。そうですね、「実際に現場に立って仕事がしたい」かつ「複数の会社での営業を経験したい」という方には合うかもしれません!

私を含めてですが、人材業界で働いている/働いていた人って、(誤解を恐れずに言えば)表面の知識しかない状態なんですね。現場を知らないというか。浅く広いというか。

浅く広い知識ではなく、「実際に自分も現場で営業してみたい」「いろんな営業経験を積んでみたい」という方であれば、SurpassのようなSPOはぴったりだと思います。どちらも叶えられます。

ただ、希望するプロジェクトに必ず配属されるわけではないので、「この業界がいい、この商品がいい」とかがあれば、その業界、商品を扱っている企業に行った方がいいですね。

──広く浅くではなく、狭く深くを求めていればということですね!

ちなみに、Surpassに合う人ってどんな人ですか?もしくは、どんな人が働いていますか?

すごくありきたりな言葉になりますが「明るい人」ですかね。人見知りをしない「陽キャラ」という意味ではなく、どちらかといえば「みんなを巻き込んで楽しくしよう、一緒に進めよう」みたいな思いをもった人が多いかもしれません。

端っこでシュンとしている人にも声をかけるタイプとも言えますかね。周りに気を遣えて、思いやりのある人が本当に多いです。

そういう人たちのなかで一緒に働きたい!という方には、多分Surpassはすごく合ってると思います。

──本日はありがとうございました!

いかがでしたか?

人材営業の経験を活かし、Surpassでさらなる成長を遂げてマネージャーとして活躍する渡邊さん。渡邊さんの人柄、Surpassの雰囲気や成長できる環境、SPOの魅力などについて教えていただきました。

読者の皆さまにとって、参考になる記事になっていれば幸いです。

記事を読んでSurpassに興味を持った!という方は、Surpass中途採用担当の「Email」または「LINE公式アカウント」までお気軽にご連絡ください。

面接・カジュアル面談・会社説明会など、ご連絡内容に応じた案内を差し上げます。

Surpass中途採用担当

・Email mid-recruit@surpass-star.com

・LINE公式アカウント https://lin.ee/iJ6ARl8


株式会社Surpass's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more