1
/
5

「想像以上に好きな環境だった」IT職種、未経験の私がモアアジア に入社してみて|転職体験記

未経験で飛び込んだ、システム開発の世界

私の前職は、学童保育の先生でした。

本当はずっとこの仕事を続けていくと思っていましたが、家庭の事情もあってプライベートにも時間を割ける職種にいく必要が出てきて、転職活動を開始。

10社以上の企業を見ていましたが、モアアジアに出会いこの会社の人たちと話すたびに雰囲気に惹かれていき、入社に至りました。今回はその転職活動の背景から実際に入社して3週間が経過した今の心境をお話ししたいと思います。



モアアジアで働く"人"の魅力

『仕事が好きで、心が動く仕事がしたい』とはずっと思っていた上で、結婚や出産まで見据えて女性として生きていきやすい環境で長くキャリアを積みたいと思ってアシスタント職を希望していたので、モアアジアにもアシスタント職で応募しました。

応募を見た時は希望していたアシスタントポジションというのが魅力的だと感じていましたが三回の面接の中で感じられる人の雰囲気がそれ以上に魅力的で、この会社で働きたいなという決意に変わりました。

入社して1ヶ月近くが経ちましたが、そこは期待以上に素敵な環境で私の転職活動は成功だったと感じています。


ミスは誰かのミスではなく、みんなで気付けなかったミスになる環境。

最初の1週間は自社サービスを覚えながら商談に同行。

いきなり何かお客さんと話せという動きではないので社長の北田さん、営業の尾崎さんについていきながら仕事を覚える期間をいただき、精神的にもストレスなく働けています。


それでもあえて入社してみないとわからなかったギャップの部分を答えるとするなら

ベトナム人社員が多いこともあって雰囲気が予想以上に柔らかかった。

想像以上に惹かれた雰囲気の部分が好きだったということですかね笑


今までの会社はミスをすると始末書、報告書などがありましたが、社内で誰かがミスをしたとしても詰めていく人がいない環境に驚いています。

営業に関しては、お客さんとのやりとりをCcなどでみんなが見れますし、何かあったときに誰かが気づけるミスがほっとかれない環境だからこそ、誰かのミスではなくみんなで気付けなかったミスになる。

わからないことも、教えてくれる時間をきちんと取ってくださり、本当に助かっています。

そういった心理的にも安心感のある環境だからこそ、モアアジアは仕事のストレスを抱えにくいのではないかと感じています。

また、先日のブログでもあったように、社員がワーケーションをする制度も進み始めています。

まだ3週間なので利用するタイミングがないですが、新人だから制度を利用できないといった雰囲気もなく、気兼ねせず有給やワーケーションでリフレッシュできそうだなと感じています。

それも含め、自分の気持ちを正直に伝えやすいモアアジアの雰囲気は私に取ってすごく好きな環境です。



これから応募を考えている方へ

ポジティブなところもネガティブなところも書いて欲しいと言われているので、課題も挙げてみるとタスク進行スケジュールに関しては若干ゆるさを感じる人がいるかもしれません。

例えば、お客様の開発は進捗が早いけど、優先度の低い自社サービスの開発に関してはゆったりしていることがあったり、スケジュールの計画が甘くてローンチの日が伸びてしまうこともあります。

ベトナムの社員さんは日本人の働き方のイメージに比べると多少ルーズな感じはあると思うので、これから入社される方と私でそういった細かい部分でも会社の体制を整えていきたいなと思います。

株式会社モアアジア's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings