1
/
5

株式会社Smart119 企業沿革

2016.11  日本医療研究開発機構(AMED)研究開発課題「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業『救急の現場にて傷病者が早く正しい医療を受療できる技術開発プロジェクト』(Smart119プロジェクト」に中田孝明(研究代表者)山尾恭生(分担研究者)が採択される(約3億円)

2018.05 Smart119を実装するために株式会社設立

2018.11 ベンチャー・カップCHIBA グランプリ受賞

2018.12 国際医療研究センター病院でACES実装

2019.01 CHIBAビジコン 千葉起業家優秀賞・ITEC経営者メンタークラブ賞・bayfm賞受賞

2019.02 Smart:DR(Smart Disaster Response)の有効性を論文発表 Am J Emerg Med. 2019;37:351-355.

2019.02 ベンチャークラブちば ビジネスプラン発表会 大賞受賞

2019.03 Smart:DR(Smart Disaster Response) 新機能発表

2019.04 Smart:DR(Smart Disaster Response) 新機能開発開始

2019.09 関西医科大学病院でACES実装

2019.10 AMED「先進的医療機器・システム等技術開発事業(基盤技術開発プロジェクト)」に採択(株式会社Smart119 代表取締役 中田孝明が代表研究者として)分担機関 千葉大学

2019.11 Smart:DR(Smart Disaster Response) 新機能に関する特許申請

2019.11 九都県市きらりと光る産業技術表彰

2017.07 Smart:DRが特許を取得(特許番号:特許第6166114号)

2020.07 Smart119が千葉市消防局に導入

2020.12 Smart ACESを発売/Smart:DRに「職員健康管理機能」を追加

2021.03 代表取締役・中田孝明が第25回千葉県優秀企業経営者表彰「ひまわりベンチャー育成基金賞」を受賞/千葉県アクセラレーションプログラムで最優秀賞受賞

2021.03 『日本版敗血症診療ガイドライン2020』アプリをリリース

2021.04 Smart119が特許を取得(特許番号:特許第6875734号)

株式会社Smart119's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more