1
/
5

自分が胸を張って本気で成し遂げたと言えることって何だろう?大手企業から異業種のベンチャー企業を選んだ理由

1. これまでのキャリア

こんにちは!ポテンシャライトHRインキュベート事業の加藤佳澄です。
ポテンシャライトに入社して、早くも1ヶ月が経とうとしてます。

私の経歴を簡単にお伝えします。
大学卒業後、18新卒で広告代理店に入社。約1年半弱広告営業として、結婚情報雑誌やWeb広告の営業をしていました。その後2019年秋頃に大手生命保険代理店に転職し、生命保険の営業を約2年半経験。

そして2022年6月にポテンシャライトに転職しました。

ポテンシャライト入社前の私の人物像は・・・

・自身のキャリアへの漠然とした不安があった
・本気で頑張りたいという思いもあるけど、一歩踏み出せないでいた
・本当の意味で世の中のために役立つことってなんだろうと感じていた

私と同じように思われたことがあった方は、是非最後までご覧いただけたらと思います!


1−1. 本気で何かを成し遂げた経験がないことに気づく

前職は、大手生命保険の営業を行っていました。
どこに行っても、皆が知っているほど知名度の高い商品だったため、営業に行けばある程度売れて、ある程度成績を積むことができました。

  • 「商材で売れたの?」と言われるのが嫌だったこと
  • 人一倍成長意欲があったこと

そんな思いもあり、入社から半年でいわゆる新人賞をもらえたことはちょっとした自慢ポイントです。笑

▼新人賞のメダルと賞状

前職の中ではある程度成績が良い方でしたし、特に不満もない日々を過ごしていました。

しかし、ある時ふと、「自分が胸を張って本気で成し遂げたと言えることって何だろう」と考えるようになりました。そして考えた結果、ひとつも思いつきませんでした・・・。

このままでは、30代目前に差し掛かり、女性としてのライフイベントも控えてる中で
・「本気で何かを成し遂げたことがないまま」終わってしまうのではないか
・自身が胸を張って成し遂げたと言える経験を積むことや、勢いよく働けるのって今しかないのでは?
と考え、転職活動に一歩踏み出しました。


1−2. 異業種からHR業界を目指した転職活動

まずは転職活動の軸を洗い出しました。

<転職活動の軸>
・スタートアップ・ベンチャー企業で働きたい
  →「大手企業で働けば一生安泰」というのは、この先限界が来ると思っている
・裁量権がある企業で働きたい
  →大手で働いているときは、やれることに制限があった
・成長していく企業に入りたい
  →企業と自分自身が成長していくことは絶対楽しいと思った
・人の人生や企業の大きな転機に携わりたい
  →自身が力点となって、転職や採用を通して役に立ちたい

上記が決まったところで、早速転職活動を開始!

転職エージェントを利用し、選考に進んだのは約20社。
・人の人生や企業の大きな転機に携わりたいという思い
・自身が力点となって、転職や採用を通して役に立ちたい
そう思ったため、HR業界を中心に選考を受けていました。

その中の1社がポテンシャライトだったんです。


2.ポテンシャライトになぜ興味を持ち、入社したのか

ポテンシャライトの入社の決め手は、大きく2つあります。


2−1. お客様に合った内容の支援ができる

1つ目の決め手は、お客様に合った内容の支援ができることです。

前職では、利益率が高い商品を売ることが是とされており、時としてお客様のためにならないものを提案/提供することもありました。

しかし、ポテンシャライトでは幅広いサービスの提供ができ、お客様に合った支援ができます。
また、「この支援でないといけない」などの決まりはなく、むしろお客さんに合わせた新しいサービスを生み出し、お客様に本当の意味での価値提供ができる部分もポテンシャライトの魅力でした。

▼ポテンシャライトの支援内容


2−2. MVVCへの共感

2つ目の決め手は、MVVCへの共感です。

弊社代表の山根は、私とのカジュアル面談時に、ポテンシャライトの創業の背景や目指したい世界観、MVVC、職務経歴などを遡りながら丁寧に説明いただきました。

・ベンチャー企業は「採用ハードルが高く」、「年収が低く」、「社格や認知度が低い」ため、HR業界(特にエージェント)ではターゲットクライアントからは外れてしまうことが多いこと。

・日本のGDPは直近20年間、ほぼ成長していない。日本の企業を支えるためにも、経営資源の中で最も振れ幅が大きい「人」の要素を担う人材業界の構造/あり方を変えていかなければならない。

👆の話を直接山根から聞き、非常にワクワクしました。
HR業界を変えたいという考えはもちろん、日本や世界までを見据えている目線に「自分では想像もしなかったことを本気で考えている」と感銘を受けたことを覚えています。

また、山根との面談の中でとてつもなく印象的な言葉がありました。

「ポテンシャライトが描きたい世界観は、日本からGoogleやFacebookのような企業を輩出することです。」

私は正直驚き、そしてその一言で一気に引き込まれていったのを覚えております。
いくつかの企業の選考を受けましたが、こんな大きな夢を選考中の私に語ってくれる代表は初めてでした。

この話を聞いてさらにワクワクし、「その夢に私も携わりたい。」「企業の成長と共に自分も成長したい」と考えていた私の転職活動の軸ともピッタリマッチしており、すぐにでもポテンシャライトに入社したい!と感じました。

思い立ったらすぐ行動に移すタイプの私は、カジュアル面談〜最終面接まで、たったの5日間という速さで入社の意志決定をしました。(4月4日にカジュアル面談をして、4月8日に最終面接、その場で内定という驚異のスピード感でした)


3. 大手出身・未経験から入社してやっていけるのか?

正直なところ、異業種からの転職だったので、「大丈夫かな…、やっていけるのかな…」という不安は、非常に大きかったです。

その不安は半分正解、半分不正解だったと言えます。

<正解部分ついて>
経営者を相手にやり取りを行う必要があるため、価値観を変化させなければいけないことやコミュニケーションスキルの向上などの「変化」「成長」が求められる点。念押ししておきますが、今までの自分の価値観を大きく変えなければいけない場面が多いですよとお伝えしておきます(笑)

<不正解部分>
業務についていけるのか?未経験だと周りから冷たい目で見られるのでは?雑用だけ任されたりするんじゃないだろうか?見放されたり、いきなり現場に放り出されたらどうしよう。。


不安を不正解にしてくれていたのは、ポテンシャライトの「Culture」が大きく関係していました。このCultureによって自身のなりたい姿や方向性が定まっていき、不安なく業務に取り掛かることができたと強く感じています。(👇ポテンシャライトのCulture)


今回の記事では、特に自分が感銘を受けたCultureを2つ紹介しようと思います!

1つ目は、「challenge yourself」というCultureです。

選考中ずっと「未経験だから、やっていけるのだろうか?」という疑問を心の中に持っていました。
しかし、山根から「未経験だとしても、加藤さんが頑張りたいという意志があるのであれば、メンバー全員でサポートしていく」という声をかけてもらいました。

他のHR企業では、未経験よりも即戦力を求めているケースが多かったため、こんなチャンスはもう二度とない!と思い挑戦する決意ができました。

実際に入社してみると、本当に経験の有無は一切関係なく、手を挙げたメンバーにチャンスが正当に提供される環境だということがわかりました。(もちろん自分がやるべきことをやっていることが前提ですが)

2つ目は「full flat」というCultureです。

これまで私が働いてきた会社は、上の決定が絶対という環境でした。(私はそれが当たり前だと思っていました)しかし、ポテンシャライトの選考を受けている中で full flatさを感じる場面が多々ありました。2次選考で会った寳田は4月から執行役員になっています。私は、自分と同い年の人が執行役員になる世界があるのか!!と非常に驚きました。本当に年齢に関係なくflatに評価される環境なのだなと感じました。

また寳田が執行役員であるにも関わらず、業界の知見が全くない私に対しても同じ目線で面接をしてくれたことからも、ポテンシャライトが本当にflatな組織であることがわかりました。


4. 企業の成長に、採用を通して貢献していきたい

ポテンシャライトのMissionである「Grow Up Ventures」の達成のために力をつけていきたいと考えています。繰り返しにはなりますが、「大手企業で働けば一生安泰」ということは、崩壊しつつあると思っており、今後、日本が成長するためにスタートアップ・ベンチャー企業の活躍が欠かせないと私自身も思っています。

スタートアップ・ベンチャー企業が成長し、それらの企業を希望する求職者の人数を増やす、そして日本が成長していく。そんな世界感を成し遂げていくポテンシャライトと共に私自身も成長していきたいと思っています。

なので、1日でも早く、また1社でも多くのスタートアップ・ベンチャー企業の採用支援に貢献できるよう、日々精進し続けていきます。

▼入社の際にケーキを頂きました!

5.最後に

本気で頑張りたいという思いもあるけど、一歩を踏み出す勇気が出ない方や、世の中に役立つことってなにか考え悩んでいる方。HR業界経験者はもちろんのこと、私のような未経験の方も大歓迎です!!

是非一度カジュアルお話ししてみませんか?


株式会社ポテンシャライトでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社ポテンシャライトでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社ポテンシャライト's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more