1
/
5

【社員インタビューVol.1】立上げ期を支えた取締役の鈴木が語るアンテクの魅力とこれからのビジョン

皆さん、こんにちは!アンテク採用担当です!

今回は取締役兼システム開発チームマネージャーの鈴木さんにアンテクの魅力や今後の展望を赤裸々にお答えいただきました。

是非、最後まで読んでみてください!

<Profile>

鈴木 匠 Takumi Suzuki
株式会社アンテク 取締役 システム開発チーム マネージャー

鈴木さんの現在の業務内容を教えてください

テックリード、プロジェクトマネージャー業務を中心に複数案件を並行して携わっております。

プロジェクトに寄り添う形で、スクラムやアジャイル開発のチームを作って、チームが回り始めたら抜けていくみたいな感じを繰り返してます。

―鈴木さんはどんなところにやりがいを感じますか?

一番面白いのはプロダクトに寄り添うところですね。
プロジェクト、プロダクトに真摯に向き合って誠実にお客様と同じゴールを見てそこに一緒に向かって行くのが幸せだなと思います。

後はチームを見ていて、新人だったエンジニアが自信をつけたり、お客様と話せるようになったのを見ると嬉しいですね。

―プロジェクト、プロダクトに向き合うとは具体的にどういうことなのでしょうか?

プロジェクト、プロダクトを一番に考えるということですかね。

受託案件は、お客様と仕様の面でのすれ違いで意見の相違が生まれることがよくあります。
その時に、開発チームや自社の利益をとるか、お客様だけの利益をとるかなど様々な選択肢が出てきます。

そういったときに開発チームでも自社でもなく。またお客様でもない。
そのプロジェクト、プロダクトが「何の」「誰の」ためのものなのか。
ここに誠実である判断をとりたいと常に思っています。

―鈴木さんのメンバーにはどういう方が多いですか?

本当にいろいろな性格、志向性を持ったメンバーが集まってますね。
ほぼ未経験の方もいればベテランの方もいますし、話すのが好きな人や無口で聞き上手な人。
本当に様々です。

ですがメンバーみんな同じ目標に向かって進んでいけている点がすごく良いチームだなと思っています。


鈴木さんがアンテクに参画しようと思った理由を教えてください

元々、代表の山﨑と前職で一緒に不動産システムや人事関連システムなどの開発に従事していました。

その後、山﨑が副業みたいなかたちで会社を立ち上げ始めました。
事業は、今のような受託開発ではなく自社サービスでしたね。
ただあまり上手くいっていない様子で、キャッシュもなくなってきていてこのままじゃヤバイと
言っているのを隣の席でよく聞いていました。
それを聞いてて少しでも力になれるならーと思ってジョインしたのがキッカケですね。

ージョインした当時の様子とか覚えていますか?

資金面でみるとかなり厳しかったです。
ただどんよりした雰囲気ではなく、新たなスタートで前向きな雰囲気でした。

夜10時に集まって、夜中の3時まで話し合うことも頻繁にありましたね。
内容は当初主力だった自社サービスを撤退するかしないかとか、、、かなり大きな決断だったので。

最終的には現実的に足元土台を固めていこうと決断しました。


―いつ頃から安定してきたのですか?

受託開発にシフトしたのが2期の半ばだったので、3期目には黒字転換することができました。
そこからまた新規事業の構想や、人を増やして大きくしたいねなんて話しました。
今は人数も増えてきて、グループ会社で音楽教室も作ったりしていろんな事業を展開しています。
昔を振り返ると、かなり安定して、成長したなと思います。

―自社サービスの撤退から受託開発で地盤を固め、また軌道に乗り出してからいろんなことに挑戦している印象なのですが、やはり挑戦することに前向きな社風なのでしょうか?

実は最初はそんなに大きくしないでほのぼのやっていこうという雰囲気でした。
ただ本来やりたかった事業に挑戦したり、社会貢献できる力をつけるには経済力が重要です。
ですので会社を大きくしていこうと決めました。

もちろん大きくするにあたって課題も増えてきていて、昔は立ち上げメンバーの個々の力で案件に対応できていたのですが人数が増えていくにあたってそれも難しい状況になってきました。
チーム体制を組んではいるもののまだまだアンテクとして一貫した案件対応ができる状況じゃない。

ですのでもっと人数を増やしそれぞれが実力をつけ、チームを作ってアンテクとしてプロダクト、プロジェクトを一貫してサポートできる状況を創っていきたいと思っています。
チーム自体もたくさん作っていきたいです。

それが達成したころには自社サービスにも再チャレンジしたいですね。

課題ではあるんですが、チーム作りは大好きなので、苦ではないです(笑)


これからのアンテクにはどんな方が相性良さそうですか?

前述したように誠実であること。
あとは技術が好きで前向きな方ですね。

エンジニアと言っても様々なので組み合わせて良いチームになればいいなと思ってます。
コミュニケーションができる人が絶対欲しいとかではないですね。

誠実であることが一番、そこからコミュニケーション力があったり、作るのが好きだったりというキャラクター性があると思っています。

―アンテクは今後どこに向かっていくのでしょう?

まずはいまの主力である受託開発を中心に自社サービスを運営していく。
そこの経済力をもって、慈善事業や地域発展などをしていきたいですね。
アンテクの音楽教室もそうなんですが、社会の力になれることをしたいですね。

自分はそのような事業にエンジニアのチームとしてずっと関わっていたいです。

やっぱりものづくりが好きなんですよね(笑)

後は自分が関わったチームをたくさん作りたいです。


最後に一言お願いします。

これからさらに大きくなるアンテク。

ありがたいことに案件をたくさんいただき事業も安定はしてきていますが、人手も足りないのが実情です。
開発に興味があって、スキルアップしたいなと思ってる方。
アンテクで一緒に成長しませんか?

技術や今後のキャリアプランの話でも、音楽の話でもぜひ気軽にお話ししましょう!


アンテクメンバーの技術ブログ♪


Webエンジニア|実務経験者
少数精鋭のITベンチャーで腕を磨きたいエンジニアWANTED!!
私たち株式会社アンテクはWeb制作会社です。 最新の技術トレンドを駆使しながら、本当に世の中に役立つものを「創造」することを事業のスタイルとしています。 ■アンテクのサービス■ ・スタートアップ企業のプロダクト開発支援 機能設計やプロトタイプ制作、UI/UX改善、機能追加・保守対応を含む拡張開発を行います。 ただ「作る」だけではなく、スタートアップ企業に寄り添い、販売計画や運用方針、収支計画も含め、トータルでご相談をお受けできることが強みです。 ・新規事業のプラットフォーム開発支援 システム開発とクリエイティブ開発の両軸で、ビジネス課題に対応できるプラットフォームとして、利便性や更新性・運用性を鑑みた高品質な開発を提供します。 ・コーポレートサイト制作/リニューアル 国内外の企業WEBサイト、EC、コミュニティなど多様で豊富な開発経験の視点から、進化した企業WEBサイトのご提案と開発をしています。また、コンペの代行も承ります。 ・スマートフォンアプリ開発 Monacaを活用したスマートフォンアプリ開発をお受けしています。魅力的なアプリ開発を総合的にサポートし、コスト効率の良いアプリケーション導入をお手伝いします。 ■これまでとこれから■ 大手小売店様や人材派遣業、Web広告企業様をはじめ、これまで幅広い業界にソリューションを提供してきました。おかげさまで現在は事業もメンバーも順調に拡大・成長しています。 ゆくゆくは自社サービスや自社コンテンツをリリースしていく予定ですが、当面の間は既存の受託事業に注力し、堅実に足元を固めていきます。
株式会社アンテク
株式会社アンテク's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more