1
/
5

前職を活かして、新しいフィールドで活躍する~デザイナー八重幡さん~【前編】

皆さんこんにちは。

ソーイングボックス採用担当です。


本日は、最近お子さんが産まれたと社内で話題?の

八重幡 一樹 さん

にインタビューさせて頂きました。



幸せそうですね!!


【Profile】

八重幡 一樹 (Kazuki Yaehata)

1990年生まれ/2017年入社

デザイン企画セクション チーフマネージャー


それでは宜しくお願い致します!!!



入社までの経緯・経歴

ーソーイングボックスに入社される前はどのようなことをされていましたか?

社会人になる前は、デザイン系の専門学校で広告デザインを主に学んでいました。

卒業後は、渋谷のTシャツ屋さんで企画デザイン~プリント製造~販売の業務を行っていました。


(前職兼学生時代の写真)


ー前職もアパレル業をされていたとのことですが、ソーイングボックスに入社されたきっかけは?

前職を続けていく中で、現職に関連しながらも

「何か新しいことにチャレンジしたい」

と思うようになりました。

そんな時に、当時ソーイングボックスに勤めていた中学の同級生に、

「デザイナー職募集しているけどやってみない?」と声を掛けて頂きました。


―入社の決め手は?

社長(現会長)や専務(現社長)とお話をさせて頂いて、ソーイングボックスの事業内容の新しさに惹かれました。

正直当時は、大手企業への転職も考えていたのですが、先述の通り、役員の方々からのお話を聞いて、

「事業内容は会社のサイズと関係ない」

と考えるようになり、最終的にソーイングボックスへの入社を決めました。

また、専務(現社長)の只ならぬオーラと出で立ちに圧倒されたというのもあります(笑)


(並々ならぬオーラを放つ、菅沼社長)


業務内容

ーデザイン企画セクション チーフマネージャー どのようなお仕事ですか?

私の業務は、主に3つあり、

企画デザイン系、営業系、製造系

に分類出来ます。


―それぞれどのようなお仕事ですか?

仕事内容自体は分かれているのですが、一貫して業務に携わることが殆どです。

例えば、「企画・デザイナー」としては、クライアントに提案するユニフォームをデザインする、他のデザイナーに仕事を振る、デザインを外注するといった仕事があります。

ただそれだけではなく、そのデザインを基に「営業」として提案資料を作成して、自らクライアントに営業に行きます。

また、「チーフマネージャー」として、他のメンバーの業務進捗の管理も行っています。

時には、前職の経験を活かして、「製造」担当としてTシャツのプリントの外注作業にも勤しみます。

ー中々マルチに活躍されていますね!!!


(こんな感じでデザインしてます。)


会社の雰囲気

ー会社の雰囲気についてはどのようにお感じですか?

とにかく若手が多いので、やる気に満ち溢れています!

その中でも、アパレル業ということもあって女性の比率が多いです。

男性だけだと、どうしても「猪突猛進」というか「ガツガツ」と進めて行くイメージですが、

女性が多い分、和やかな社風を持ち合わせていることはとても気に入っております。


ー現在コロナの影響もあり、1年間ほどリモート勤務となっていますが

社員と顔を合わせて仕事してない分、お互いの雰囲気を感じ取り難い、細かい意思の疎通が難しい時は多々あります。

ただ、こればっかりは仕方がないので、その分細かい連絡をその都度入れるようにすることで、業務に支障が出ないようにしています。


(健康にテレワークをするため、スタンドスタイルにしました)


長くなってしまうので、前編はここまでにします。


後編はこちら↓

育休明けのイクメン!?チーフマネージャー~デザイナー八重幡さん~【後編】

https://www.wantedly.com/companies/company_125479/post_articles/327806

株式会社ソーイングボックス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more