1
/
5

【社員インタビュー vol.3】システムエンジニアを断念するも、Salesforceコンサルタントで成功した理由とは

こんにちは。

株式会社セラク・カスタマーサクセスソリューション事業部の採用担当です。

今回は、システムエンジニアからSalesforce推進部へ転職した社員、M.Kさんにお話を伺いました!

プロフィール

大学を卒業後、IT企業のシステムエンジニアとして3年半勤務しましたが、モノを開発するということに違和感を覚え、パッションを持ち続けらなくなったので、キャリアチェンジを決意しました。

その後、コンテンツの作成やSNSマーケティング等のWebマーケターとして就職しましたが、ライフワークバランスが崩れてしまったという点と、エンドユーザーと直接やり取りのできる仕事をしてやりがいを感じたいと思い、転職を決意しました。

2019年10月セラクSalesforce推進部に入社し、カスタマーマインド精神を持って仕事に取り組んでいます。

趣味はカフェ巡りで、休日は都内のカフェでリフレッシュしています!



私の転機 ~Salesforceに出会う~

セラクに応募した理由を教えてください

私はシステムエンジニアに向いていないと気が付いたので、IT業界内での転職をほぼ諦めていましたが、開発をせずにWebに携われる仕事かつ、お客様と密に関わりお客様の為になる仕事をしたいと思っており、IT業界での転職を諦められずにいました。そこで、セラクの「Salesforceコンサルタント」という仕事に出会い、私の理想とするIT業界での働き方だと感じ、応募しました。

「Salesforceコンサルタント」は、Webサイトを管理し、カスタマーサクセスという観点でコンサルタントとして営業支援を行う仕事です。まさにお客様と密にやり取りができ、やりがいを感じられる仕事だと思い、非常に感動的な出会いでした。


セラクに入社した理由を教えてください

セラクに入社した決め手は「キャリアサポートの手厚さ」と「社風」です。

セラクには社内で認定されている資格(100種類以上)の合格時の費用負担・報奨金支給を行う資格支援制度があります。他にも社内全体開催している勉強会や事業部内での勉強会も行っており、キャリアサポートの手厚さに魅力を感じました。この制度は自分のキャリアアップのために役立っているので、本当に有難く感じています。資格の勉強は自己学習だけでは苦労したと思いますが、勉強会で先輩からアドバイスをいただけたことで、効果的に勉強ができ、プライベートの時間に負担なく資格を取得することが出来ました。

また「キャリアアップを目指したい」「こういう資格を取得したい」「Salesforceにもっと詳しくなりたい」など、社員の成長意欲の高さに魅力を感じました。面接中も前向きな発言が多く、常にポジティブな考え方を持って働く社風に共感しました。

お客様からの「ありがとう」が私を支える

業務内容を教えてください

Salesforceを導入している自動車部品メーカーの企業様の定着支援を行っています。現在の担当企業様は元々Salesforceを導入されていたお客様でしたが、Salesforceの運用が滞っており、実質一から運用を行う必要がありました。主に企業様の営業活動の管理を行うため、Salesforceのカスタマイズ・売上実績の可視化・マーケットシェアの可視化などに取組み、Salesforceの定着支援を行いました。

やりがいを教えてください。

お客様から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時にやりがいを感じます。これまでIT業界で働いてきましたが、仕事の多くがSIerからの下請け業務がメインだったので、エンドユーザーとやり取りする機会が少なかったです。ですが、セラクでのSalesforceカスタマーサクセスの業務は直接お客様の声を聞くことができるのでとても満足しています。

お客様の声を聞くことで、自分自身が顧客目線で物事を考えられるようになったので、成果物の品質を高め、お客様と信頼関係を築くことができました。

今のテーマ

今後の目標を教えてください

Salesforceアドミニストレーター、コンサルタントとしてカスタマーサクセスを追求しながらも、今まで身につけた開発領域を活かして、コンサルタント兼エンジニアになりたいと思っています。

お客様目線で話す、Salesforceに詳しくないお客様にも伝わるように専門用語を使わないなどを心がけてお客様と深い信頼関係を築けるコンサルタントになりたいです。また、エンジニアとしては、お客様の支援の質を高めるためにSalesforceの開発言語にチャレンジをしていきたいと考えています。開発言語はまだ苦手意識がありますが、開発もできるとお客様の支援の幅が広がるのでぜひ挑戦してみたいと思っています。

最後に

応募者の皆さんに一言お願いします

前職のシステムエンジニアで違和感を持ち、IT業界を退こうと思っていましたが、「Salesforce」との出会いで仕事への意識が変わりました。私のようにシステムエンジニアに向いていないから、IT業界での転職活動を諦めようと思っている方はいらっしゃるのではないでしょうか。一度Salesforceに触れてみると私が開発だけではなく、「Salesforce」に魅了された理由が分かると思います。

一緒にお仕事が出来る日を心より楽しみにしております。

株式会社セラク(Salesforce部門)'s job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings