1
/
5

【社員インタビュー】営業部の泰道です。

株式会社obniz 営業部 部長/法人営業 泰道 (2019年4月入社)

えぇ、大学は経済学部でしたが、ちょうどその頃インターネットが世に出る直前だったものですから、Computer Science Research Labに所属して、学部の授業はそっちのけで当時最先端のコンピュータ技術を学びました。卒業後はまず、電子デバイスのテック・ベンチャーで技術営業、次に米国系IT企業で日本国内営業、その後は国内企業で勤怠管理クラウドサービス事業の新規立上げ責任者を務めました。このクラウドサービスは現在、国内シェアNo.1に成長しています。実は、この企業はもとも

おや?自己紹介が長引いたようです。いけませんねぇ。細かいところが気になるのが、僕の悪い癖。

改めまして、営業部の泰道です。話し方が何やら有名なドラマの主人公に似ている、と非常によく言われます。もしお会いする機会があれば、確かめてみていただけますか?



一目惚れしたのです。

これまでのキャリアにおいて電子デバイスやB2BのITソリューション、クラウドサービスなど、今日「IoT」と呼ばれる世界にいろいろな角度から関わってきました。

そうしたなかで「ハードウェアをAPI化して、どんなものでも“object”として操作可能にする」という『obniz』のコンセプトとテクノロジーを初めて知った時に、さまざまなシーンで生じている難題を『obniz』で解決できるというビジョンが見えたのです。

まさに一目惚れでした。それで、『obniz』を世の中に広めていく活動にどうしても関わりたいと思ったのが、僕の志望動機です。



試行錯誤

2019年に営業部部長・法人営業として入社して以来、当社公式製品の販売代理店やパートナー企業、SIerなどのエコシステムを拡大する為に各社との調整を行い、対象顧客への営業提案を行っています。同時に、『obniz』による収益をどのように拡大していくかについて、日々考えを巡らせています。

当社は、サービス・プロバイダではありません。IoTソリューションを提供している、あるいは提供しようと考えているサービス・プロバイダ、ないしソリューション開発会社から見て「使い勝手の良いツールやプラットフォーム」として『obniz』をご提案しています。

とはいえ、この業界においては当社はまだまだ赤子のようなもの。お客様へ少しずつご提案の種を撒き、それがようやく芽吹いてきたところです。

ですから、大きな取引が成立したタイミングも然りですし、実際にお使いになったお客様にて想定通りないしそれ以上の効果を感じて頂いた瞬間が、営業として何よりもうれしいです。



世の中に何かを為したい

尊敬しているのは、父そして祖父です。それぞれ業界は異なりますが、会社勤めではなく独立して会社を興しました。人に言われてではなく自分自身で考えて、世の中に何かを為す。つまり、世の中に何らか影響を残していくことを目標とする、そうした自分の生き方に最も影響を与えたのは、父と祖父だと思っています。

最初の就職先は当社と同じくスタートアップでして、そこで経営と事業との違いを経験し、新規事業に携わることが自分の夢への近道だと考えるようになりました。その後、30代半ばでクラウドサービスの新規事業を立ち上げたのは、大きな成功体験でした。

いまの夢は、世界中のありとあらゆるモノを『obniz』を通じてインターネットやクラウドへ接続することです。大成功させてから早めにリタイヤしたい気持ちもありますが…(笑)、僕の性格的に将来も何らかビジネスに携わっている気がしますねぇ。



最後にひとつ、よろしいですか?


当社のビジョンに共感し、自主・自考・自律のマインドを持ってビジネスに取り組んでくれる方とご一緒に働きたいです。

お時間いただいて、ありがとうございました。それでは、そろそろ失礼します。

*掲載内容は2021年の情報です

all portrait photo taken by Takahiro Ando

株式会社obniz's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings