1
/
5

仕事の“役割”

こんにちは!

株式会社五光 採用担当の荒川です。

会社説明会も第一期分は終盤に入ってきました。

特に大手はある程度決まってしまうのでしょうか?

本日は、会社説明会などでたまーに聞かれる

「荒川さんは普段はどのように考えて仕事していますか?」

についてお話しようと思います。

まず第一に、僕は仕事って“役割分担”だと思っています。

どうしても、会社って

営業が偉い!!

とか

数字を持っている人間が天下!!

みたいな風潮がありますが、

僕は決してそんなことないと思っています。

もちろん数字を作ることは会社にとって有益なことだし、大変な努力が必要なことは分かった上で、です。

一言で言うと

「お互いを思いやる心」

が大切で、それが全てだと思っています。

例えば

営業は「事務がいるから気持ちよく外に出られる。」

という気持ちを持っていて欲しいし

事務は「営業に数字を取ってきてもらっている。」

という気持ちで、お互いwin-winの関係を築いて欲しいのです。

たまーーーーーに、ブログなどで

「社長が動いてくれない!」

みたいな記事を見かけますが、

“社長”って何をする人なのでしょうか?

率先して営業する人?

いやいや、多分それは認識が違いますよ。

会社によって捉え方は違うので、一概には言えませんけどね。

それと、僕は

今日の仕事は会社にいくら貢献出来たかな?

って考えています。

営業と違って、数字に表すのは難しいのですが

人ひとり採用するのに、プラットフォームを使うのにも労力をかけるのにも、年間数十万、下手すれば100万円以上掛かるんですよね。

ただし、採用をして例えばその人がとんでもない利益を生み出してくれたら、会社にとっての費用対効果は十分プラスと言えます。

ですから、優秀な人材を採ることはもちろんのこと

退職者を減らす

っていうこともかなり大きな仕事になります。

多分、自分のやっていたことが正解だったのか否か、答えが出るのには数年掛かると思います。

だからこそ

今日面接した子が入社してくれたら、5千万以上の価値だろうなぁ~。

とか想像しながら仕事をすると

面白いんですよ!

ごちゃごちゃ言いましたが、結局は

モチベーションを上げつつ(維持しつつ?)、自分に求められているキャラクターを確立していく

っていうことが自分の仕事のやり方かなぁって思います。

株式会社五光's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings