1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ありがとうメイプル

メイプル卒業しました!

メイプルシステムズウエストとして2019年8月から事業を行っておりましたが、この度、メイプルシステムズウエストの名前を卒業して、株式会社コムネックスとして運営していくことになりました。

2020年7月、株式会社コムネックスは受託開発事業を親会社のインフォニック株式会社に事業譲渡し、メイプルシステムズウエスト事業部として運営していたエンジニア派遣事業をメインとした会社に生まれ変わりました。

メイプルシステムズって?

2018年Twitterでメイプル旋風が巻き起こりました。

東京のSESの会社がやたらバズってたんです。


採用のトレンド的には「これからはTwitter採用だ!」と言われて数年たった頃だったと思います。

Twitterで採用できそうな気がするけども、企業もTwitter運用をいまいち使いこなせていない中の躍進劇。

「次はどんな発信するんだろうな」とメイプルの活動を毎日楽しみにしてました。


そのうち気になって気になって仕方がなくなって、京都に住んでたんですが、わざわざ東京まで会いに行きました。

自費で。


そこでたまたま自分の会社の役員とメイプルの社長が旧知の仲だったことを知り、つなげてみたら、数日後に呼び出されて、事業やってみようよと言われました。


メイプルシステムズウエストの誕生です。

メイプルシステムズウエストの運営

会社は派遣事業を行ってたんですが、バックオフィスメインだった私は営業やら事業運営やらにはノータッチで生きてきたので、はじめてのことだらけだし、よくわからんし、ということで、まずは全部やり方パクればいいやんということで、お尻の穴のでっかい経営者なメイプルの望月社長も快く了承してくれたこともあり、ロゴも採用ページも、営業の仕方も、給与の仕組みも、なにもかもパクって事業をスタートさせました。

望月社長からは、「お金はいらない」って言われたんですが、10年間積み重ねて編み出した考えをタダでいただくなんてとてもできないと思って、顧問として契約してもらいました。

そして面談の仕方から、スカウトのうち方から、Twitterの使い方まで、なにもかもメイプル流を叩き込んでもらいました。


最初から、「ひでみんの好きにしていいよ」と望月社長はおっしゃってたんですが、はじめてのことだらけすぎて、こうしたいというのがそんなになかったので、「むしろメイプルが理想なので!」と言って、ひたすらパクった運営を続けました。

脱皮

パクりまくって事業を運営していくうちに、ようやく会社の魅力がわかってきました。

隣の芝生は青く見えて、なかなか自分の会社を客観的に見れないものです。

そうして自分の会社の強みがわかってくると、だんだん、ここはこうしたいなというのが出てきて、この度、ついにメイプルを卒業して独自運営していく決心がつきました。


とはいえ、運営方針がいきなり大きく変わるというわけではないです。


まぁ正直、「「メイプルシステムズウエスト」はサービス名で、会社は「株式会社コムネックス」なんです」っていう説明をするのがめんどくさいというのが一番の理由です笑


あとは、グループ会社の強みを活かそうと思ったときに、就業規則もなにもかもメイプルと同じにしていたので、いろいろと運営上ややこしいことになってきて、運用をスリム化させようとするのも目的の一つです。


守破離でいえば、「破」の段階かな?

メイプルはこころのふるさととして、そして同じ志をもった同業者として今後もお付き合いしつつ、

コムネックスは、これからオリジナルを生み出す「離」の段階を目指して、今後も精進していくので、

応援よろしくお願いします!

株式会社コムネックス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings