Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

数多くの業界に携わってきたからこそ、だから私はココロマチ

中途入社3年目の制作ディレクター市川。

美大を卒業後、様々な業界に携わってきたからこそ培われた広い視野を持ち 現在は制作ディレクターとして活躍しています。 今回はそんな彼女にインタビューしてみました。

市川 雅子

東京出身。
美大卒後、パソコンを触りたくてwebデザイン、システムUI、UX設計を中心に、
ITベンダーにてデザイナーとして受託制作の経験を積む。
その後、異なる分野のデザインを経験したくなり、アパレルECへ。
企画提案の機会が増えていつの間にかディレクターへ転身。
現在は社内外案件問わず、企画や制作進行などの業務に従事。

ー現場についた(入社した)背景を教えてください。

会社のビジョンに魅力を感じたことが大きいです。

もともとwebの受託制作をしていて、医療や官公庁のシステム、アパレルなど、色んな業界のデザインや企画に携わっていました。 制作するたびに自分の知らない世界を知ることの楽しさを感じていたのですが、段々と「自分ができることを通じて、自分は世の中に何を伝えていきたいのか」分からなくなっていったんですね。「なんでこのデザイン作ってるんだっけ?」という疑問が消えなくなってしまって。

また、小学生の子どもがいるのですが、子育てを通じて今まで出会ったことのない地域の人との接触が増えたことで、地域の重要性を体感するようになりました。 そんな中、地域の情報を発信して、つながりを生み出すことを掲げているココロマチを知って自分も何か協力したいと応募したのがきっかけです。

ーあなたの部署はどんなことを行う部署ですか?

制作に関連する幅広い業務をしています。 サイトや印刷物の企画設計から、取材調整・執筆・校正といった編集業務や、デザイン・コーディング、イベント企画から実施まで、制作全般を行います。 弊社のサービスが多岐にわたるということもあって、作るものは幅広いです。

また、クライアントありきの受託案件だけでなく、自社サービスの企画設計や社内システムの改修なども行います。

ーあなた自身はどんな業務を担当されていますか?

前職の経験もありますので、webサイト関連をメインに担当しています。手を動かす制作業務もやりますが、どちらかというとディレクションが多いです。 担当プロジェクトも、新規受託案件、既存サイトの運用、新規商品企画、社内改善など幅広いです。どちらかというと個人で完結する業務より、社内の複数メンバーと絡む業務が多くて、常にだれかとコミュニケーションを取りながら進めている感じでしょうか。

受託業務であれば、コンテンツ制作をする編集メンバーとどんな施設に取材をする予定なのか意識を合わせつつ、デザイナーやコーダーにコンセプトや設計を伝えてサイト制作進行する…といった感じです。 社内業務であれば、営業や制作側からのニーズを集めて、社内システムメンバーとどう改善できるか検討しつつ進めたりしています。

ーやりがいを感じる時は?

自分一人では出来ないことがほとんどなので、社内外の沢山のメンバーと協力し合っていると感じる時です。どんなプロジェクトであっても、各メンバーの見ている方向性が一致していると思えた時は、やりがいというかやる気がでますね。

ーでは反対に苦労することはどこですか?

自分の中で本質や目指す方向・ゴールを明確に落とし込めない状態のままプロジェクトや業務を進めざるを得ないとき。 性格的に大雑把なので細かい部分は気にならないのですが、大枠の方向性が見えていないと非常に苦しくなりますね。大体そういう場合は、社内メンバーに相談してアドバイスをもらったりして、とにかく自分なりの落としどころを作るようにしています。

また、多数のメンバーと一緒にプロジェクトを進めるとなると、やはり目指すゴールが合っていないと感じるケースもあります。うまく一つにまとめられず、強引になってしまったり、逆に膠着状態になったり。ずば抜けたリーダーシップがあれば、解決できるんだと思うのですが。


ー仕事の中での「こだわり」のポイントは?

先ほどの回答と重複しますが、どんな仕事でも、自分なりの本質や答え、ゴールを作ることです。自分で出ないときは、相談します。直ぐには実現できなくても答えを持っておくと、意外なところで道が開けたりすると思います。 クライアントや社内スタッフ問わず、協力者が出てきたりするので。

ー今後の目標について教えてください。

もっといろんなプロジェクトを活性化させていきたいです。難しくても、わくわくする仕事のある職場にしていきたい。 ココロマチは若いスタッフも多いので、エネルギーあふれる彼ら彼女たちの意見がもっとポンポンと飛び交うと良いですね。 なので、スタッフが面白そうと思えるような仕事を作って、更に絡む人を増やしていくのが目標でしょうか。

ーココロマチのここが「いいね!」と思うところは?

常に新しいことに挑戦していく姿勢がいいなと思います。現在プロジェクトの一つとして「新橋まちあるき」というアプリを試作しています。このアプリは街に住む人、訪れる人に街をもっと好きになってもらえること、そしてご近所や店舗の方などとお話するきっかけを作り、人と人との縁を繋ぐことを狙いとしています。今までありそうでなかった「新しい」を作っていけることに胸が高鳴ります。

株式会社ココロマチ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings