1
/
5

脳汁があふれ出す?!【データアナリストインタビュー】

多動力でなんでもやってみる

鶴谷:入社して半年となりましたが、今日は入社前から今現在までのことについて色々と教えてください。よろしくお願いします。

大小原:よろしくお願いします。

鶴谷:半年も経つと大小原さんの人柄は分かって来ているのですが、これからアナリストを目指す方々に向けて、大小原さんご自身のアピールを全力でお願いします!

大小原:そうですね…自分は多動力なので、興味のあるものには何でも食いついて行ってしまう人です。コグラフではサウナ部の部長をしています!月一で行なわれているTGIFが何よりも楽しみでコミュニケーションをとった後に、みんなを誘ってサウナに行っています!コミュニケーションで言えば人と絡むのが本当に好きなので、最近ではゲストハウスによく泊りに行きそこで異業種交流をしていたりします。趣味はゲストハウス巡りです!!!

鶴谷:すごい活発的に動いてるなぁ…って私も思ってました!趣味の感覚が人と違いすぎて面白い人だなぁ…ってね。笑  そんな大小原さんですが、何かやりたい事はやはり他にも沢山あったりするんですよね?今一番してみたいことは何ですか?

大小原:そうですね…趣味でブドウ農家をやってみたいですね。ワイナリー用のブドウを育ててみたいんです。農業をジムの変わり…みたいな感じで!

鶴谷:え?ぶどう農家ですか?しかもワイナリー?趣味で今度はワインを作ろうとしてるんですか?

大小原:はい。農家です!お手伝いの範囲ですがね、肉体労働をしたいんです!!まぁそれだけではないんですがね。最近、農家で機械学習を取り入れてきていて、そこで役立てることがあったりするのではないかとも思い趣味から始めてみようと思いました。

鶴谷:なるほどですね、なかなか趣味まで奥深いところまで考えてますね。笑

大小原: 病虫害検知や収量予測など色々な予測ができるんですよ。出来るのであれば是非携わってみたいと思いまして。

鶴谷:趣味を仕事へと結び付けていくスタイルですね。好奇心旺盛で大小原さんっぽいと思いますよ!

残業がほとんどない?!残業が当たり前(前職)からのキャリアチェンジ

鶴谷:早速本題のインタビューに入らせていただきたいのですが、大小原さんの入社が半年前のことで忘れかけているかもしれませんが、応募時からのことについてお聞きしたいのですが、入社前と入社後のコグラフのイメージはどのようなものでしたか?

大小原:Wantedlyからの入社だったのですが、実はコグラフに応募する前に30社くらい受けていたのですが、突然Wantedlyの検索で上位にコグラフが出てきまして、それで応募しました。

鶴谷:そうなんですね!よく見つけてくれました!!ちなみに、応募する前に色々とコグラフについて検索などしたかと思いますが入社前後で何かギャップはありましたか?

大小原:データ分析をする会社に入りたかったのですが、他社も含めてになってしまうのですが企業イメージにギャップは特になかったです。ただ一つIT企業と言えば残業の多いイメージがあったのですが、半年経った現在で残業はほぼ無くて驚いている感じです。

前職が残業して当たり前の職場だったので、今は残業がない分、趣味や機械学習の勉強に費やせています。

鶴谷:残業課題などの労務課題には力入れておりまして、大小原さんのおっしゃる通り、そのように趣味や勉強の時間に割り当ててもらいたいと思っているんですよ!

鶴谷:入社の経緯について教えて欲しいのですが何故データアナリストになりたかったのか?

大小原:きっかけは、エクセルの関数を書くのが大好きで、そこからプログラマーになりたいと思ったのです。プログラマーと言っても色々とあるのですが、どのようなプログラマーになろうかと模索していて将来性を考えた結果、機械学習の出来るプログラマーになろうと思ったのです。

クエスト形式のデータアナリスト研修

鶴谷:そうなんですね、入社する前に機械学習などの勉強や、経験をしていたりするんですか?

大小原:Pythonの言語や機械学習についてサイトで勉強をしていました。実践デモを解いたりしていました。

鶴谷:コグラフは入社前研修もあると思うのですが、どのようなことについて研修を受けていたんですか?

大小原:入社前はSQLを基本に研修を受けました。

鶴谷:入社前は独学でPythonと機械学習していたとのことでしたけど、SQLは初めてだったんですか?オンライン研修で学習できる内容でしたか?

大小原:パワポでテキストが送られてきたのですが、そこにはSQLの内容について記載されていました。そのパワポ自体が参考書のようになっていたので、見るだけで内容は把握できました。

分からない箇所については、質問もどんどん出来たので研修から不安になることはありませんでした。

鶴谷:研修を受ける前と、研修を受けた後の感想は何かありますが?

大小原:SQLの研修はとても楽しかったです。クエスト形式になっていてゲーム感覚でやることができました。とても面白かったです。1日があっという間でした!

鶴谷:それはすごいですね。クエスト感という事はRPGゲームですもんね。1日があっという間ということはより一層SQLを学んでいきたいという気持ちになったんですかね?

鶴谷:その研修を担当した人はどのような感じでしたか?例えばすごく厳しかった…とか分かりにくかった…とか何か不満があった…とか。

大小原:二人の副部長が面倒を見てくれたのですが、一人は1聞くと100返ってくるので最初はかなり混乱しました(笑 けれど、理解してくるとその内容にも慣れてきます。

もう一人はとても丁寧でコミュ力も高くて野球部のマネージャーのようで、やる気がとても出ました。研修資料については未経験者向けの資料ではなかったため少し分かりにくい箇所もあったので今後のためにその資料を素人視点用にアップデートしていきたいと思ってます!

毎日壁にぶつかりながらも成長を実感(脳汁があふれ出す)

鶴谷:研修を終えて今アサインをしていますが、業務についてみてどうですか?

どんな業務を行っているんですか?

大小原:一つ目の案件業務は0からスタートの手法論から始まり、調べて提案していく業務でした。ほかに自然言語処理の知識もついて新たなスキルも身につきました。

鶴谷:作業は楽しいですか?

大小原:作業はめっちゃ楽しいです。元々コードを書くのが好きなのもあるし、新たなスキルも自信もつくのでとても良いです。POCの経験が出来たのが何よりも良かったです。

鶴谷:アサインして壁にぶつかった…と言う事はないですか?もし分析の中で困ったことがあったりしたらどうしていますか?

大小原:毎日壁とぶつかっています。全然プログラムが動かないこともあります。エラーが出まくっています(笑) けれど、そうなったらエラーコードを読み解いて原因究明し解決させています。動いた時の脳汁が溢れだす感覚は最高です!!!

鶴谷:脳汁ですか!!まさにボスと闘って勝利した時の気持ちですね!

日々勉強って感じなんですね。何か業務外で勉強していたりするんですか?

大小原:Kaggleという機械学習のコンペサイトがありそこで株価の予想し順位を争っていてそこで色々と勉強しています。1位になると賞金もあるのでがんばっています!笑

鶴谷:これからアナリストとしてチャレンジしたいことなどありますか?

大小原:色々あるのですが、ホットな分野に身をおきたいところもあって、今は異常検知に興味があるのでそこの分野を学んでいきたいです。そのほかにもオートメーションのロボットを作るための制御や画像認識など、今後伸びていくであろう物を学んでいきたいです。

鶴谷:最後になりますが、アナリストを目指している方へメッセージをお願いします。

大小原:アナリストはかなり向き不向きがあると思うのですが、学習サイトやYoutube動画でプログラミングを手軽に体験できる時代です。コグラフには未経験からデータアナリストとして活躍している人がたくさん。僕もそうです。扉は開かれているので飛び込んでみてはどうでしょうか!

コグラフ株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from コグラフ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?