1
/
5

【メンバー紹介】 「一度はharmoで働いてみることをおすすめ!」その理由をCS&OP大本さんに聞いてみた

2022年5月に入社された大本 光一(おおもと こういち)さん。

harmo株式会社 カスタマーサクセス&オペレーション(CS&OP) の一員としてharmoを支えている大本さんにお話を伺いました。

―なぜharmoを選ばれたのですか?ご入社の理由やきっかけを教えてください

今後、長期目線で見ても成長していくヘルスケア分野において、自社開発サービスを扱っている会社で働きたい。自分の強みであるテクニカルサポートの経験やカスタマーサクセス(CS)のオペレーション改善の経験を生かせる会社で働きたい。という思いでWantedlyの記事を見ていました。そこに、たまたまharmoの記事を見つけたのがきっかけです。ただ、お恥ずかしながら私はあまり病院に行くことがなくて、harmoのカードもアプリも持っていないし、harmoの存在を知ったのもこの時が初めてでした。

電子お薬手帳「harmo」と予防接種管理アプリ「harmoワクチンケア」は製品上、売って終わりではありません。導入していただいた後も使い続けてもらうことがこの「harmo」という製品の価値と思います。ちょうど、「harmo」が2022年秋からリニューアルすることになると知り、製品が新しく生まれ変わる瞬間に当事者でありたい。という思いから応募しました。

当時の面接でお会いしたエンジニアマネージャーが、元々harmoのCSとして、今の私と同じポジションで仕事をしていた話を聞き、DevOpsの中でもCSの観点を持った人がいるのは心強い。と思ったのが入社の決め手でした。

―業務はどういったことをされていますか?

カスタマーサクセス(CS)&オペレーションというチームでは、大きく分けてカスタマーサクセス、カスタマーサポート、オペレーションの3つの業務を行っています。

カスタマーサクセスでは、薬局・医療機関・患者、それぞれのユーザーにharmoをどうしたらより良く使ってもらえるかを考え、行動しています。「harmo」のリニューアルに向けて実際に開発中の製品を触りながらマニュアルの整備や、導入に向けたアンケートを作成しています。

カスタマーサポートでは、ヘルプデスクが対応している既存の顧客対応の確認およびエスカレーション対応を行っています。リニューアルに向けた問い合わせFAQの作成や、問い合わせの傾向分析も行っています。

オペレーションでは、オペレーション構築と各ベンダーコントロール、資材の在庫発注計画立案などを行っています。リニューアルに向けて製品が一新するので、機材、紙材、オリジナル梱包箱など発注するベンダーの選定や、発注タイミングを計画しています。

私は主に、カスタマーサポートとオペレーション業務を担当しています。特に今は2022年秋に予定されている「harmo」のリニューアルに向けて、流動的に立案される施策について、チーム一丸となって対応しています。

―仕事での「楽しいこと」「入社前のイメージとギャップを感じたこと(しんどいこと)」を教えてください

入社前にお話を聞いていましたので、入社前後でギャップというのはそこまで感じていないのですが、今の仕事はとても楽しい、そしてやりがいも感じています。2022年秋に予定されている「harmo」のリニューアルは、単なるバージョンアップではありません。中身をほぼ入れ替えるような大規模なリニューアルとなるため、たくさんの施策が同時並行で動いています。それぞれが表裏一体で「何かひとつでも欠けると10月のリニューアルが成功しない」と思うと、いろいろな部分でローンチ前から関われる楽しさもあり、今は踏ん張りどころだと感じています。



―harmoのチームってどんな雰囲気ですか?

みなさん、とてもみんな明るいですね。結構活発にコミュニケーション取るチームなので仕事もやりやすいですね!

仕事では同じフロアの見えている範囲内にチームや他部署メンバーを含む全員が座っていますので、困ったことがあれば、すぐに他部署メンバーともコミュニケーションが取れます。距離が近いのはCSとしても、とても助かります。その場にいない場合やテレワークの場合は、Slackも使っています。(※harmoではSlackをメインコミュニケーションツールとしています。)

プライベートにはなるのですが、入社して1週間後にみんなで釣りに出かけました。船を借り切って、釣った後のアジを近くのお店でさばいてもらい、食べました。これで一気に打ち解けました。

先日、DevOpsメンバーやマーケティング&セールスのチームとともに、山梨県小淵沢にあるシミックグループの研修施設で合宿をしました。自然豊かで、静かな環境で集中して課題解決に取り組めました。入社3ヶ月目での参加でしたが、本音で語り合える貴重な体験ができました。仕事終わりにはBBQでさらに懇親を深めて。

―harmo社員と運命的な出会いをしたそうですね?

そうです。野球観戦が趣味で、週末は球場へ足を運ぶのですが、それは入社日の夜でした。球場で飛んできたファールボールを、偶然キャッチしまして。周りから歓声があがり、私もテンション高くうれしく帰りました。そして次の日、社内でその話題をしていると「私も近くにいたよ」と声をかけられたんですよ笑。そもそも、あの日同じ球場にいること自体めずらしいのに、近くにいたことが偶然。というか、縁を感じました。

補足)入社日は1日かけてシミックグループの入社オリエンテーションプログラムを受講します。この日、大本さんはharmoオフィスには立ち寄らず、球場へ向かったのです。それも、まだ見ぬharmo社員とオフィスよりも前に、球場で出会っていたのです。しかも同じチームのファンという、幾重もの偶然。まさに運命的ですよね!

―これからharmoという会社はどう成長していくと思いますか?

PHR(Personal Health Record)業界は経済産業省、総務省、厚生労働省の後押しもあり、今後も成長が加速する分野と考えています。優秀で活気のあるメンバーがそろっています。harmoファンを1人でも多く増やし、「おくすり手帳といえばharmo」といわれる会社に成長していきたいです。



―大本さんがこれから成し遂げたいこと(目標・野望)を教えてください

harmoを導入したお客様(医療機関、患者)に末永く使ってもらえるよう、運用面をサポートしていきたいです。具体的には、お客様の声を集め、分析すること。要望を吸い上げて開発に共有、運用を改善することで貢献したいです。そして「改善されたね」って反響を見聞きすることが何よりも満たされます。

僕自身の目標は、最近ちょっと太ってきたので、ダイエットしてスリム化を目指しています。産業医の先生にも勧められましたので、こちらも意識して頑張ります。

(※harmoでは栄養に配慮した社食システムも導入しており、大本さんはヘビーユーザーです!)

―これからharmoで一緒に働こうとされる方(未来のパートナー)へのメッセージをください!

シミックグループという大きな会社がバックにありつつも、スタートアップのコアメンバーとして働けるというのは、よいとこ取りです。このタイミングで入社できるのは非常にラッキーなことです。

前職もスタートアップの会社にいましたが、harmoにはグループ内にも協力してもらえる仲間が多いです。連携も密に取れますし、スタートアップ的な意思決定の早さもあります。加えて、シミックグループにはコールセンターもグループ会社内にありますので、円滑なフィードバックやコミュニケーションが図れます。これはCSとして、とてもよい環境だと実感しています。

現在大企業で働いていて、今後は裁量をもって自分たちで製品を作り、育てていきたいと思っている方も。スタートアップで働いていて、会社の将来に不安を持っている方にも、おすすめできる会社です!

ご自身に合うポジションがあれば、興味を持って欲しいです。可能であれば、一度はharmoで働いてみることをおすすめします!

<大本さんの1日の(繁忙期)スケジュール>

※テレワークも可能です


(写真:真剣な表情で仕事に取り組む大本さん)

インタビューを終えて

実は大本さんとお話するのは初めて。しかもオンラインでした。
画面越しからでも、本気でharmoをよいサービスにしたい。ひとりでも多くのharmoファンを作りたい。
そして、仕事に実直な方だと感じました。

千葉ロッテのファンということもあり、野球談議を挟みながら、あっという間にインタビューの時間が終わりました。佐々木朗希投手のノーヒット・ノーランを球場で観戦していたそうですよ。すごい運の持ち主かも。
お会いする機会がありましたら、その時の話を聞いてみてください。

(写真:CS&OPチームで談笑する大本さん)

===

インタビュアープロフィール

間瀬 健(ませ たけし)
シミックソリューションズ株式会社、大阪支社所属
シミックグループの総務・ITなどを幅広く担当。harmoのファン。阪神タイガースのファン。今回の取材を通して、いつか大本さんと甲子園球場に行くのが夢になりました。

harmo株式会社's job postings
40 Likes
40 Likes

Weekly ranking

Show other rankings