1
/
5

様々な仕事を経験したからこそ、分かること。自分を含め、クリエイターが輝ける未来を目指して。

2015年入社
金 眞浩
店舗デザイン事務所や、建築事務所で経験を経て、WEB業界に転身。
デザイン・ディレクター業務を探していたところ、クリエイターズマッチの理念に惹かれて入社。


WEB関係の仕事に挑戦したい。その思いが常に強くあった。

ーこれまでの経験について教えてください。
日本での生活を始めたのは、2005年から。まずは専門学校に進学するため、半年ほど日本語の勉強に励み、その後専門学校に入学して、インテリアデザインを学びました。

キャリアのスタートは、2009年に入社したデザイン事務所から。図面起こしや現場の進行管理、素材選びの仕事を担当しました。また、経験はなかったのですが、事務所のホームページ更新をすることに。WEB関係の仕事はやったことがなかったので、最初は探り探りでしたが、やってみると意外と面白いな、と感じました。その後、転職先の建築事務所でもデザインの仕事は続けていたのですが、徐々に違う仕事を経験してみたいという思いが湧き上がるようになりました。

そこで考えたのが、「WEB業界への転職」。

これまでと全く違う分野ですが、「WEBディレクターの経験を積みたい!」と思い、挑戦。未経験からのチャレンジではありましたが、様々な会社でアプリコンテンツのデザインや、ディレクション業務を担当し、徐々に経験を積み重ねました。


クリエイターが幸せに働ける環境に共感。自分もその一員になりたい。

ークリエイターズマッチ入社のキッカケは?
もともとモノづくりが好きで、新しいモノを作りたいという思いが根本にありました。本格的に腰を据えてWEB業界でディレクターとして強みを磨いていきたい!と思っていた矢先に、クリエイターズマッチと出会いました。クリエイターが幸せに働ける環境を作りたいという会社の考えに共感。また社長がクリエイター出身のため、クリエイターの気持ちを分かってもらえるのではないかと感じたのがキッカケです。

【クリエイターズマッチの考え】

・Mission
クリエイターが輝ける社会を創造する
・Vision
クリエイターと、未来をかえる
・Value
Creator First, Creative Change.

世界中のクリエイターが、自分のスキルや人生にマッチしたワークスタイルで、最高のパフォーマンスを発揮しながら人生を歩む。その結果として、素晴らしいクリエイティブが世の中を変えていく。そんな社会の実現に向けて、私たちクリエイターズマッチはクリエイターとともに挑み続けます。


ディレクター以外にも、パートナー教育や育成業務にも挑戦。

ー現在のお仕事内容は?
クリエイターズマッチに入社してからは、ディレクター業務を中心に仕事をしています。クライアント様からの仕事をパートナーさんに割り振り、進行管理をしながら品質チェック、時には自分で手直しをしながら納品しています。クライアント様から依頼があったときは、臨機応変に対応する必要があるため、柔軟性が求められる仕事です。大変なことも多いですが、パートナーである一流のデザイナー達と仕事ができるのは、クリエイターズマッチならではの魅力だと感じています。

入社した当時はもちろん、ツールの使い方など、分からないことが多くありました。しかし、先輩にツールの使い方を丁寧に教えてもらったおかげで、今では自分で創意工夫して、使いこなせるまでに成長しました。

クリエイターズマッチで貴重な仕事や経験を学ぶことができて、自分自身の成長にも繋がったと感じています。クリエイターズマッチに入って良かったな、と心から思います。


クリエイターズマッチでしか経験できないことがある

ー仕事のやりがいは?
仕事のやりがいは、大きい案件を任せてもらえること。現在は、大手アパレルメーカーの案件に3年程携わっており、ホームページのトップ画面や、キャンペーンページをクリエイターズマッチで作成しています。アパレルは他のECサイトと違って、サイズやカラー、着用感など、オンラインで伝えていくのが難しい分野です。ブランドの魅力をどうやったら伝えられるのか、常に考えて提案をし、実際のクリエイティブで表現をしていける今の仕事は、とてもやりがいがあります。

またクリエイターズマッチは、15万本を超えるインターネット広告を手がけていて、国内トップクラスの制作実績があります。クリエイターズマッチだからこそ挑戦できる環境があり、大きい案件を通して、自分のスキルを高めていくことができます。

ー自分が成長できる環境がある。とても魅力的に感じます。
他にも、大手インターネットサービス会社のプロジェクトを担当しています。プロジェクトでは、クライアントと相談しながら、広告配信、改善、提案を繰り返しています。自分の訴求に対して、ユーザーがどう反応したか、手に取るように分かるので、良いところや改善点、全部見えてしまうんですよね。もっと現状をよくできる方法はないか、プロジェクトの改善点はないか、今は常に模索している状況です。「お客様にもっとよりよいサービスを届けたい!」という思いで、一心にやっています。

責任のある仕事ですが、自分が主体となってできる業務だから楽しいし、やりがいを感じます。

クリエイターズマッチに恩返しがしたい

ー今後の目標や目指しているビジョンがあれば教えてください。
今は、ディレクション業務に集中していますが、決められた事をやるだけではなく、企画フェーズから携わって提案が出来るようになれたらいいな、と思っています。クリエイターズマッチへの恩返しというか、雇ってもらってよかったと思ってもらえるような人物になりたいですね。

また、パートナーさんの育成が、結果的にはお客様へのよりよい提案、品質の向上に繋がります。よりよいモノを作るためには、日本全国にいるパートナーさんを育成することも大切だと感じています。

クリエイターズマッチの魅力は、企業へ価値あるモノを提供できるところ。自分自身はもちろん、そういったことが出来る人を増やしていきたいです。


株式会社クリエイターズマッチ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more