Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【All of Cluex】テクノロジーから未来の教育を創る、Cluexでのエンジニアの働き方とは?

こんにちは。採用担当の徳永です。

Cluexでは2018年からWantedlyのフィードにて、普段のCluexの様子だけでなく、”All of Cluex”として、ビジョンや事業・働き方といった企業情報をより詳しくまとめていきます。ある程度"All of Cluex"シリーズが集まったら総集編も作成する予定ですので楽しみにしててくださいね♪
これらの記事を面談前などに会社資料としてご確認いただけますと幸いです。

今回は"All of Cluex”第2弾、Cluexでエンジニアの働き方・キャリアイメージについてです!
この記事を通して、より具体的にCluexでの働き方にイメージを持っていただければと思っています。

何故Cluexでエンジニア採用をしているの?

私たちは「IT×教育で世の中を変える」というビジョンの元、子育て領域を支援するサービスを展開してまいりました。
スマートフォンの使用率が年々増加する中で、インターネットの力を使えばどんなバックグランドを持った人でも質の高い教育を受けることができ、世の中を変えることができるのではないか。
そのように考え、現在は妊娠・出産・育児・子育てをするママのための情報サイト"mamanoko"、妊娠・出産・育児情報とQ&Aを毎日お届けするアプリ"ままのて"の2サービスを運営しております。
今後もインターネットの力を利用して、新規サービスにも挑戦していく予定です。

そのような中で、技術を通して未来の教育を創る、エンジニア職の募集を行っております。
「自身の技術力で世の中を変える仕組みをつくりたい」そんな想いを持った方大歓迎です!

Cluexでエンジニアとして働く魅力は?

エンジニアの視点からサービスの根本に携わることができる

弊社のサービスは全て社内で内製しており、各サービスごとにエンジニア・ディレクター・デザイナーが1つのチームとなって運営しております。

基本的にはディレクターがプロジェクト課題の立案・要件定義を行いますが、エンジニアも同様に提案から実装を行い、主体的にプロダクトを改善することを歓迎する風土があります。実際にエンジニアが週1のプロダクトMTGで提案し、そのまま1週間後にリリースという事例も多数あります。

技術は勿論ですが、社内全体として「技術を用いてサービスの根幹からプロダクトを良くする」ということに積極的な会社です。

新技術を積極的に取り入れることのできる風土

弊社ではECS×DockerによるProduction環境運用、分析基盤の構築、Reduxの導入、Rails5系での運用、GolangによるネイティブアプリAPIの運用、クリーンアーキテクチャを用いたネイティブアプリの運用を行っています。
これらはメンバーによるインプット、外部の勉強会で吸収したものが実現したものです。社内で事例が無くとも「それいいね!」となれば積極的に取り入れていく風土があります。
まだ比較的若いベンチャー企業ですので、自身の提案次第で会社のエンジニア文化を創ることができることも魅力の一つです。

技術者としての成長を促進する環境

開発全般を担うデベロップメント・ユニットは7名とまだまだ少数ですが、技術習得に熱心なメンバーが揃っています。実際に、iOSDCのLTに登壇、外部の勉強会で定期的に登壇、個人でプロダクトを持っているメンバーがおり、各々熱心に活動しています。高い技術力のあるメンバーが多いため、常にフィードバックや相談をしながら開発を進めていくことができる環境が整っています。

また、弊社では会社全体の技術力をあげるために開発だけでなく個々のインプットを大切にしています。社内制度ではラーニングランチ、カンファレンス参加費負担制度、勉強会交通費負担制度、書籍購入制度、ペアプログラミングの推奨等、個人・チームの技術力アップを会社が積極的にサポートしております。

キャリア形成のサポートに熱心

エンジニアと言っても「プロフェッショナル」「マネジメント」「プロダクトオーナー」等様々なキャリアが存在します。

弊社は創業してから3年と組織としては日が浅いですが、各々が最もモチベーション高く活躍できることが重要だと考えており、キャリア形成に力を入れています。
四半期の目標設定面談では会社の目標のみならず、個人のエンジニアとしてのキャリアに関しても同時に目標を設定しています。。また、毎月の1on1では各々のキャリアビジョンに極力沿うようなタスク・役割をお任せするようにしています。

※Cluexエンジニアチームでの取り組みに関してはこちら!

将来的にどんなお仕事ができるの?

弊社のエンジニアとして入社された場合、「mamanoko」または「ままのて」チームに所属頂き、下記のような業務をお任せする予定です。サービスの企画から制作まで幅広く担当することができます。

▼入社当初にお任せしたい業務

・子育てメディア「mamanoko」のサーバサイド・フロントエンドの設計/開発(Ruby on Rails)
・子育てアプリ「ままのて」のAPI設計/開発(Golang)
・子育てアプリ「ままのて」のネイティブアプリ開発(Swift/Kotlin)

▼将来的にお任せしたい業務

弊社ではメンバー一人一人のキャリアを尊重し、ご希望に合わせて所属や業務内容なども調整を行っております。

【プロフェッショナル】
プロダクトの改善を行う実装や新規プロダクトの実装を担って頂きます。技術選定や社内の技術的な相談に乗ることができます。

【エンジニアリングマネージャー】
開発チームの運営を担って頂きます。ビジネスサイドとの折衝を行い、健全なスプリント運用、リファクタリングの指針等を定めることができます。

【プロダクトオーナー】
エンジニアの目線からプロダクト全体の運用を担って頂きます。ビジネスサイド・技術サイドの状況を見極め、プロダクトをグロースさせる施策を企画することができます。


※妊娠・出産・育児・子育てをするママのための情報サイト「mamanoko」はこちら!

※妊娠・出産・育児情報とQ&Aを毎日お届けするアプリ「ままのて」 はこちら!

INTERVIEW -活躍するメンバーたち-

▼内山 佑樹

mamanokoチーム
Webエンジニア

「IT×教育で世の中を変える」というビジョンに共感し、エンジニアとして入社しました。前職は大企業で社内SEとして働いていましたが、社会貢献性の高いスタートアップでオーナーシップを持って働きたいと思い転職しました。スピーディーな意思決定のもと、モダンな環境で毎日サービスを改善していける今の組織・働き方が気に入っています。また、私自身、昨年こどもが生まれて一児のパパになったのですが、チーム開発の体制が整っておりメリハリをつけて仕事ができるため、プライベート(子育て)と仕事のバランスが取りやすい会社だと感じています。

現在は、子育てをするママのための情報メディア「mamanoko」のWeb開発(プログラミング)を担当しています。技術進歩の早い環境の元、日々チームで知恵を出し合って、ユーザーさんにとって最適なサービスを実現するための技術調査・導入に取り組んでいます。また、新機能の追加だけでなく、インフラやプログラムの品質をより一層上げていく業務も行っています。テストや検証の方法を日々改善して、いつでもユーザーさんに便利に使っていただけるように心がけています。

私自身はエンジニアでありながら、mamanokoユーザーのひとりでもあります。(mamanokoという名前ですがパパにも役立つ情報が満載なのです!)エンジニア業務の枠にとらわれず、パパ目線で改善点を提案していき、よりよいサービスにしていきたいと思っています。子育てはママ、パパや社会で一体になり協力しながら取り組んでいくものです。このサービスが全てのママやパパの問題解決につながること願って開発をしています。また、エンジニアチームは「mamanoko」や「ままのて」といった自社プロダクトの開発だけでなく、業務の中で得た知見を技術の世界に向けて発信していくことも目標としています。仲間と切磋琢磨しながら育児・教育の世界、技術の世界を変えていきたい。そう思いながら今日もわくわくしてプログラムを書いています。


※より詳しくエンジニアチームのメンバーを知りたい方は、こちら!


※Cluex Developersブログはこちら!


エンジニアの求人はこちら!

サーバサイドエンジニア
IT×教育で社会問題を解決するサーバサイドエンジニア募集!
我々クルイトは「世界の社会問題を解決する」ことをミッションとして掲げております。 現在は主に「教育」分野において、業界の”アップデート”をすべく、 以下の4事業を展開しております。 < 現在展開している事業 > (1)新型教育事業 (2)教育事業者向けITソリューション事業 (3)自立型学習支援事業 (4)子育て事業 我々は上記の中でも、1,2に注力して参る所存ですので、 簡単に説明をさせてください(3,4は割愛いたします)。 (1)新型教育事業 我々は現在首都圏で「キミノスクール」というブランドの 新型の教育事業を展開しております。 https://kimino-school.com/ 「キミノスクール」は従来の学習塾とは異なり、 「コーチング」や「アクティブラーニング」といった手法を用い、 生徒様が、知識暗記だけではなく、知識の活用/応用といった、 これからの社会で求められるチカラを身につけることを支援いたします。 文部科学省は、2020年教育改革によって、 これまでの教育で重要視されてきた「知識・技能」に加え、 「学びに向かう力・人間性など」「思考力・判断力・表現力」といった、 資質を獲得こそ、これからの社会を生きてゆく学生たちに必要としています。 (社会に出た、もしくは出ようとしている私たちにとってもなんら違和感のない内容です) 「キミノスクール」は、まさにこの教育改革によって変わる教育・入試に対して、 ソリューションを提供するものであります。 既に、通われている生徒様や親御様からは、 「授業中に手をあげるような子ではなかったのに、、、学びに対する姿勢・意欲が激変した」 というような嬉しいお声を頂戴しております。 我々は「キミノスクール」の価値を確信しております。 今後は、東京へ全国へと展開を進め、 年間数十校舎のペースで事業を拡大して参る方針であります。 (2)教育事業者向けITソリューション事業 我々は現在「じゅくみ~る」という集客ソリューションを展開しております。 https://jyukumiru.com/columns/ 「じゅくみ~る」は現在いわゆる学習塾向けの集客メディアという形をしておりますが、 今後は、学習塾向けの集客全般を支援すべく、 メディア運営以外にも事業を派生させていく所存であります。 教育業界は、まだまだITリテラシーが高くありません。 集客にとどまらず、業務のあらゆる部分において、まだまだITの活用が進んでいません。 我々はこの状況に逆に可能性を感じております。 教育業界に根差しながら、精鋭エンジニアチームを保有する我々だからこそ できること、届けられる価値は、相当に存在するものと見立てているのです。 その他の事業については、現時点では大型の投資は予定しておらず、 上記2事業に人材・投資を優先的に振り分けていく所存であります。
株式会社クルイト
株式会社クルイト's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more