1
/
5

【CLASS101 社員Interview #1】映像プロデューサー / 流行に左右されない、価値のあるコンテンツを作りたい

オンラインレッスンを提供しているCLASS101(クラスワンオーワン)の採用担当です。

CLASS101は「すべての人が好きなことをしながら生きていける世界を創る」というビジョンのもとに、習いたいクラスをいつ、どこでも、納得がいくまで受講ができるオンラインプラットフォームです。

手芸、刺繍、編み物などのクラフトをはじめ、デジタルイラストやカリグラフィー、料理、ダンス、自己啓発クラスなど沢山のカテゴリーでクラスを制作、提供し、大変ご好評頂いております。

今日は、クラス動画を制作している映像プロデューサーのTinaを迎えて、これまでの経歴やCLASS101にジョインした理由、映像プロデューサーの業務内容などをインタビューしました。




※インタビューの前に・・・
CLASS101では、オンラインクラスの講師を「クリエイターさん、先生」、 受講者を「クラスメイト」と呼んでいます。

価値のある動画コンテンツを作りたいと思ったことが入社の決め手


━━Tina、こんにちは。はじめに、簡単に自己紹介をお願いします。

こんにちは、CLASS101 JAPANで映像プロデューサーをしているTinaです。
私は韓国生まれで、大学卒業後に韓国のテレビ局で8年間放送作家をしていました。朝の情報番組やスポーツ番組、ドキュメンタリー、バラエティ番組など様々なジャンルの企画や台本制作を経験。

その後人生のターニングポイントを求めて日本に渡り、ライフスタイル系の女性向けwebメディアに入社しました。今はかなり知名度のあるサービスですが、当時はまだスタートアップで、動画コンテンツの企画から演出、撮影、編集、運営スケジュール管理まで一連の業務を任せてもらい、業務の幅がかなり広がりましたね。

テレビ業界では、一つの番組を作るのに本当に沢山の人が関わっていますが、webメディアは自分ひとりで全て完結できるというのがとっても魅力的でした。


━━CLASS101にジョインした決め手は何ですか?

知人を通じてCLASS101のスカウトがあり、話を聞いて「これだ!」とピンと来ましたね。その理由は大きく三つありました。

まず1つ目は、有料のオンラインレッスンであれば、確かな情報を元にしたレベルの高いコンテンツを作れるであろうという期待があったからです。
Webメディアでコンテンツを作ることはとても楽しかったです。ですが、webの世界に足を踏み入れて、事実が検証されていない不確かな情報も多いと感じ、流行に左右されない価値のある動画作りをしたいという思いが募っていきました。

2つ目は、クリエイターさんと〝一緒に〟クラスを作り上げる、という過程が魅力的でした。
撮影や編集などの制作現場が楽しいと言う方もいますが、前職を振り返ってみると、企画し、担当モデルさんのイメージやコンセプトを考え、プロデュースする工程が好きで、とてもやりがいを感じていました。クリエイターさんの魅力を存分に引き出してクラスを作り上げていくのは、私の得意分野だという自信がありました。

3つ目は、新しい事にチャレンジできる環境があった事ですね。
当時CLASS101の日本サービスは立ち上げ段階だったので、「今がチャンスだ!」と。性格的にスタートアップの方が合っていると思ったんですよね。システムがしっかり整っている会社よりも自分ができることや裁量も多いはずだし、何よりこれから新しいサービスを作り上げていくという点に心が躍りました。




「私の作品」ではなく、クリエイターとクラスメイトが満足できるコンテンツ作りを


━━では、入社後はどうですか?CLASS101での映像プロデューサーについて教えてくれますか?

まず、CLASS101にはオンラインクラスプランナーというクラス企画担当者がいて、クリエイターさんと相談しながらクラス全体のカリキュラムを組みます。 その後、カリキュラムに沿ってオンラインクラス動画を完成させるのが、私たち映像プロデューサーの仕事です。


━━具体的にはどんな業務でしょうか?

動画を作るにあたり、クリエイターさんと打ち合わせを何度も重ねながら台本制作、演出を考えます。カリキュラムは決定していますが、場合によっては細かい変更や調整をします。

そしてテスト撮影をした後、映像の撮り方やクラスの魅せ方などをフィードバックして、クリエイターさんと一緒にクオリティの高いクラス動画へと磨きをかけていきます。例えば「照明はもっと明るく、角度はもっと上から、この部分は少しゆっくり話してください」など、技術的な細かいディレクションを一つ一つ行います。 CLASS101は、ひとつのクラスに20〜30個程の動画が含まれているので、クラス開講予定日に間に合うよう、全体の制作スケジュールを管理することも重要な任務です!



映像プロデューサー
映像プロデューサー|オンライン動画コンテンツを企画するお仕事です!
CLASS101は、すべての人が好きなことをしながら生きていける世の中を創るために 「見つかる、届く」オンラインクラスを提供しています。 <見つかる> CLASS101ではあたなのやりたいことが見つかる。新しい趣味が見つかる。 趣味を通して彩り豊かな日常が見つかる。 そして新しい自分が見つかる。 <届く> CLASS101は受講に必要なキットがおうちまで届く。 いつ、どこでも受講できるオンラインレッスンが届く。 クラスを楽しみながら学んでほしいクリエイターの気持ちが届く。 あなたの応援(「いいね!」)とクラスへの声がクリエイターに届く。
CLASS101


━━制作するにあたって、大事にしているポイントやミッションはありますか?

自分の「作品」を作るのではなく、クリエイターさん自身やクラスの魅力をどう引き出し、どうブランディングしていくかという仕事なので、「先生が満足できて、かつ、受講者も満足できるクラスを作る」というのが、メインミッションです。当然ながら有料のプロダクトなので、ハイクオリティで価値のある動画を作りたいと常々思っています。

また、「クラスに必要なキットが届く」というのがCLASS101のサービスの核心でもあるので、そのキットがクラスの中でどう使われるべきか、きちんと魅力が伝わる動画になっているのかを考えることも大事にしている視点ですね。

個人的には、クリエイターさんとの関係性を1番大切にしています。クラス開講というゴールに向かって約2ヶ月間二人三脚で動画制作に取り組むので、密なコミュニケーションを取る機会が増えます。CLASS101のイメージを損なわないよう、「私がCLASS101の代表だ」という心構えでいます。また、クリエイターさんの中には、動画の制作経験が全く無い方も多くいらっしゃるので、頼りにされる事も多いです。丁寧なコミュニケーションを心掛けていますね。


━━心に残っているエピソードはありますか?

二ヶ月の開講準備を終え、無事クラスがオープンできた後に、クリエイターさんから私宛にお花とプレゼントを頂いたことがあったんです。

このクリエイターさんは動画を撮影するということ自体が初めてで、打ち合わせ回数も多く、個人的にも思い入れのあるクラスだったので、プレゼントを受け取った瞬間、「先生のお役に立てて良かった」と涙が溢れました。



クリエイターさんの「はじめの一歩」を応援したい


━━今後のキャリアプランや個人的な目標について教えてください。

「すべての人が好きなことをしながら生きていける世界を創る」というCLASS101のビジョンに強く共感しているので、すでに著名なクリエイターさんだけでなく、駆け出しのクリエイターさんの「初めて」を応援していきたいです。

ご本人の分野に関してはプロでも、誰かに教える立場ではどう表現すれば良いかわからないというクリエイターさんもいらっしゃると思います。そんな方々のお手伝いをしたいです。 「CLASS101とTinaと一緒なら、私も先生となって教えることができる!」という夢を持ってもらえるようなプロデューサーになりたいです。


━━ありがとうございました。では最後に、どんな方がCLASS101の映像プロデューサーに向いていると思いますか?

コミュニケーション能力が高い人、ですね! 私たちの業務は90%がコミュニケーションで成り立っています。撮影や編集スキルは勉強すれば上達できますし、基本的なセンスがあればいいですが、クラス企画にはクリエイターさんを初め、多くの人が関わるのでコミュニケーションスキルが最も重要です。 経験面で言うなら、コンテンツ企画の経験があるといいですね。特に教育コンテンツやハウツー動画の制作経験がある方でしたら、基本的なクラスの見せ方を理解していると思うのですぐに活躍して頂けると思います。 そして何より「すべての人が好きなことをしながら生きていける世界を創る」というビジョンに共感し、クリエイターさんとクラスを楽しくプロデュースできる方とご一緒したいです!

CLASS101's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more