1
/
5

<子会社インタビュー>人の縁が繋いだ~暗号資産業界へ飛び込んできた経理財務の絶対的エース~

こんにちは!人事総務Gr.の五十嵐です。

オリンピックが終わり、いよいよ次はパラリンピックの開催ですね!

開催が1年延期される等、アスリートの人々が大変な1年を乗り越えてきたことを思いながら

テレビ越しで応援していました。

アスリートの人々からたくさんの勇気を貰えた素敵な大会でしたね!

(オリンピックが終わってしまうのはちょっと寂しいですが....)

さてさて、だいぶご無沙汰してしまったこの企画!

2021年3月に暗号資産販売所「CoinTrade」がついに開業した子会社マーキュリーメンバーへの

突撃インタビュー企画を再開したいと思います!!

再開第一弾は我らが管理部の経理財務部門のエース!!Sさんに突撃インタビューです。


↑これまでのインタビューはこちら!

ーでは!S先生、今日はよろしくお願いします!

 では早速自己紹介からお願いします!!

  ※私も業務でいろいろ教わっているのでS先生と呼ばせていただいております....w

よろしくお願いします。

ついに僕もWantedlyデビューですね(笑)

僕は新卒からマーキュリーで4社目になります。

1社目はASPやWEBの受託開発をする会社に入社しました。

そのころWEB2.0とか言われていた時代だったので、

インターネット系のベンチャー企業に入社したいなって思っていました。

ーS先生はもともとずっと経理財務志望だったんですか?

いや、実はそういうわけじゃなくって....(笑)

1社目の会社のESには「エンジニア志望」ってしていました。

でも、もともと、バックオフィス関係に興味はあったんですよね。

なので、面接のときに「エンジニア志望だけど間違ってない?」って聞かれたときに、

「できればバックオフィス関係がいいです!」とか言っちゃってたんですよね。

そしたら、たまたま「新卒で経理財務メンバーを増員しようか!」って話が出ていたようで、

経理財務部長の方と面接する機会を運よくもらえてジョインすることになりました!

この会社はIPOを目指していたので、いろんな挑戦ができました。

IPO自体はそんなに簡単なものではないのでもちろん紆余曲折はありましたけどね。

そんなこんなで「上場準備はやることやったな」って思ったんで次のチャレンジをしたいと思って、

上場企業でチャレンジするために2社目に入社しました。

2社目はIPO準備をしていた1社目に比べると働き方や仕事の量がスーパーホワイトで

ある意味ギャップが大きかったですね。自分としてはもっとバリバリ働きたいなって思っていました。

ー今でもベンチャー大好き感強いですが、この頃からだったんですね(笑)

そうですね。僕としてはまだまだバリバリ働きたいと思っていますし、

個人的にこういう働き方の方が好きなんですよね!

ーS先生、恐れ入ります。。。

 このあと、前職を経てマーキュリーにジョインですね!

 そのときのことも聞かせてください!!

ちょうど2社目でもっとバリバリやりたいなって思っていた時に、

1社目の元上司からたまたま連絡があったんです。

元上司とはたびたび連絡は取りあう仲で、

元上司の在籍している会社で経理財務のメンバーを探していたようで、

人のつながりの大切さを感じましたね。

ーS先生の人のつながりってすごいですね。

 あれ!?確か寺崎取締役とも知り合いですよね?

そうなんです(笑)

寺崎さんも実は1社目の上司でした。

寺崎さんと初めて会ったのは2013年末の会社の飲み会でしたね。今でもはっきり覚えています。

だって、いきなり社長から「この人(寺崎さん)、Sさんの新しい上司になる人だからよろしく!」

って急に紹介されたんですもん(笑)

寺崎さんにも1社目ではとてもお世話になっていました。

よく飲みにも連れて行ってもらいましたね。

寺崎さんともすごく仲がよかったので退職した後でもたびたび連絡を取る仲でした。

ーなんと!ここでも人の縁ですね。

 じゃあ、マーキュリーへは寺崎さんの声がけで??

そこの頃、ちょうどアーリーベンチャーにチャレンジしたいと思っていました。

そんな時にタイミングよく、寺崎さんから連絡をいただきました。

当時は家族のある身としては得体のしれないアーリーフェーズのベンチャー企業に転職したいとか

家族には言い出しにくいですし、転職を考えていたものの迷いもありました。

ただ、マーキュリーの場合は

上場企業の資本が入っている&自分の経験を活かせる&尊敬する上司がいる

という環境だったので、同じアーリーベンチャーでも

安心してチャレンジしやすい環境だったんですよね!

そこでマーキュリーにジョインすることを決めました!!

ー素敵なキャリアですね。私も人との縁は大切にしなきゃって感じました...。

 ちょっと話は変わりますが、今後のことを聞かせてください!

マーキュリーとしては「暗号資産と言えばCoinTrade」と言われる会社にしたいと思っています。

金融インフラに大きな変革を起こせる領域だと思いますので、

セレスの行う投資育成事業等とのシナジーを活かして差別化をはかれるといいですね。

個人的には事業に寄り添いつつも現場と対等にやりあえる管理部を目指しています。

今でもマーキュリーの業務は事業サイドと協働する仕事が多く、

事業サイド寄りの仕事も多く対応しています。

個人的には縦割りでキチッキチっとやるよりそのほうが楽しいですね!

管理部として仕事を最低限出来るのは当たり前だと思うので、

そこから管理部としてどのように付加価値を出せるかがすごく重要だと考えながら日々仕事をしています。

ー先生!!!素敵すぎます!!!

 最後にマーキュリーの管理部を検討している方へメッセージをお願いします!

ベンチャー企業にチャレンジしたいと思っているけど、

不安もあって二の足を踏んでいる人にはぴったりの環境だと思います。

上場企業の後ろ盾がありつつ、ベンチャーとしてのチャレンジができる環境って

そんなには無いんじゃないかなって思います。

特に経理財務にはチャレンジもしつつ、冷静に考えられる人がぴったりだと思いますよ。

昔の上司に言われたことで今でもすごく心に残っていることがあります。

「お金が落ちています。あなたはどうしますか?」っていきなり聞かれたことがあるんですよね。

そのあと、上司に聞いてみると、これって質問にある「どうするか」が重要ではなく、

「どうするかを考えることが重要」って話をしてもらいました。

それ以降、この言葉を心にとめて仕事をするようにしています。

特にこの領域では発生した事象に対して冷静に考えられる人がぴったりだと個人的に感じています。

まずはぜひ一度話を聞きに来てもらえると嬉しいですね!

S先生!!ありがとうございました!!

上場企業の安定感とベンチャー企業のスピード感のある環境でのチャレンジをしてみたい方、

是非一度お会いできればと思っております♪


マーキュリーでは引き続き、一緒にワクワクしてくれる方を探しています!!

コンプライアンス
金融系コンプライアンスにチャレンジ!レアなコアスキルを身につけたい方募集!
2021年3月15日、暗号資産販売所「CoinTrade」はついにサービスインを果たしました。 親会社であるセレスは2005年1月、マンションの1室からスタートしたスマートフォンメディア事業を展開する企業です。 今では従業員数が150名を超え、2014年10月に東証マザーズ上場、2016年12月には東証一部に市場変更を果たしています。 [具体的には] ■暗号資産取引所の開設 2021年3月15日、暗号資産販売所「CoinTrade」はついにサービスインを果たしました。 トークンエコノミーの実現を目指し、セレスで行っているポイント事業と、 マーキュリーで行う暗号資産交換業は金融インフラに大きな変革を起こせる存在です。 ■マイニング事業 2017年12月より「NEM」「Waves」のマイニング事業をスタート。 暗号資産の取引の過程で、取引の内容をブロックに記録する作業があり、コンピューターによる大量の計算が必要となります。それを行った人に報酬として暗号資産が新規発行されます。この一連の新規暗号資産獲得までをマイニングといいます。 その方法としては、Proof of Work(PoW)と呼ばれる、計算を一番最初に終えた人に報酬が支払われる方式と、Proof of Stake(PoS)と呼ばれる、対象の通貨の保有比率が高い人に優先的にマイニングの機会が与えられる方式があります。マーキュリーではビットコインやイーサリアムなどのようなPoWによるマイニングではなく、「NEM」「Waves」を対象にPoSによるマイニングを行っています。 今後は暗号資産の販売所を主軸としてマーキュリーを大きく成長させていきたいと考えています。 そのため、マーキュリーにとって今が一番大切な時期。 スタートアップメンバーとして様々な活躍とチャレンジの場に関われるチャンスです! 是非、一緒にマーキュリーを作り上げていきませんか? ◎暗号資産販売所◎ 『CoinTrade』https://coin-trade.cc/ ◎マーキュリー運営の暗号資産メディア◎ 『コインペディア』 https://coinpedia.cc/ ◎マーキュリー紹介ストーリー◎ 『そもそも子会社が何しているところなのか? 採用担当目線で書いてみました~その1~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/281863 『そもそも子会社が何しているところなのか? 採用担当目線で書いてみました~その2~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/282550 『&lt;子会社インタビュー&gt;会社が大好き!!~未経験からの金融コンプラにチャレンジ!~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/344775 ★おすすめ!!★ 『〈子会社インタビュー〉元プロスノーボーダーが暗号資産業界にやってきた!~セレス&amp;マーキュリー両方の経験を持つエンジニア~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/352334 ■他、インタビューはこちら!■ https://www.wantedly.com/stories/s/mercury_post
株式会社セレス
WEBマーケター
広告業界の経験をいかして、WEBマーケターにチャレンジしたい方Wanted
2021年3月15日、暗号資産販売所「CoinTrade」はついにサービスインを果たしました。 親会社であるセレスは2005年1月、マンションの1室からスタートしたスマートフォンメディア事業を展開する企業です。 今では従業員数が150名を超え、2014年10月に東証マザーズ上場、2016年12月には東証一部に市場変更を果たしています。 [具体的には] ■暗号資産取引所の開設 2021年3月15日、暗号資産販売所「CoinTrade」はついにサービスインを果たしました。 トークンエコノミーの実現を目指し、セレスで行っているポイント事業と、 マーキュリーで行う暗号資産交換業は金融インフラに大きな変革を起こせる存在です。 ■マイニング事業 2017年12月より「NEM」「Waves」のマイニング事業をスタート。 暗号資産の取引の過程で、取引の内容をブロックに記録する作業があり、コンピューターによる大量の計算が必要となります。それを行った人に報酬として暗号資産が新規発行されます。この一連の新規暗号資産獲得までをマイニングといいます。 その方法としては、Proof of Work(PoW)と呼ばれる、計算を一番最初に終えた人に報酬が支払われる方式と、Proof of Stake(PoS)と呼ばれる、対象の通貨の保有比率が高い人に優先的にマイニングの機会が与えられる方式があります。マーキュリーではビットコインやイーサリアムなどのようなPoWによるマイニングではなく、「NEM」「Waves」を対象にPoSによるマイニングを行っています。 今後は暗号資産の販売所を主軸としてマーキュリーを大きく成長させていきたいと考えています。 そのため、マーキュリーにとって今が一番大切な時期。 スタートアップメンバーとして様々な活躍とチャレンジの場に関われるチャンスです! 是非、一緒にマーキュリーを作り上げていきませんか? ◎暗号資産販売所◎ 『CoinTrade』https://coin-trade.cc/ ◎マーキュリー運営の暗号資産メディア◎ 『コインペディア』 https://coinpedia.cc/ ◎マーキュリー紹介ストーリー◎ 『そもそも子会社が何しているところなのか? 採用担当目線で書いてみました~その1~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/281863 『そもそも子会社が何しているところなのか? 採用担当目線で書いてみました~その2~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/282550 『〈子会社インタビュー〉暗号資産業界経験者のチャレンジ!!~スタートアップの弊社に飛び込んできた経験者~』★おすすめ!★ https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/348709 『〈子会社インタビュー〉元プロスノーボーダーが暗号資産業界にやってきた!~セレス&amp;マーキュリー両方の経験を持つエンジニア~』 https://www.wantedly.com/companies/ceres-inc/post_articles/352334 ■他、インタビューはこちら!■ https://www.wantedly.com/stories/s/mercury_post
株式会社セレス
株式会社セレス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more