1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

急成長中のアパレルD2Cブランドのディレクター岩崎の過去と現在の業務や未来について

はじめに

本記事では、centerwaveで活躍するメンバーに入社前~現在までのストーリーと現在の仕事や未来についてのインタビュー記事となります。

1人目は創業メンバーの1人で、現在取締役(COO)兼 coko.tokyoの事業責任者でもある岩崎凌麻さんです。



学生~会社員時代

>学生時代と会社員時代について教えてください。

学生時代は「人と違うことがしたい」と漠然に考えていました。

周りの友人と同じように当たり前のように就活して、というのがどうしても自分に合わないなと感じていて、周りを楽しませるのが好きな性格だったので、芸人になるとか歌手になるとか思いつきで言ってましたね 笑

結局友人や先生に流されて普通に就職する事になり、大手自動車メーカーに入社し、新規事業開発チームに配属になりました。配属されてからは食らいつくのに必死でしたね。ただ、大学院で専門的にゴリゴリ研究してきた人たちの中に、高卒の自分が入って何が出来るんだって話で、週1回の会議も99%何を言ってるか分からないし、2か月目からは自分も毎週スライドを作って進捗の共有と、課題に対してのアプローチを報告するのですが、毎回突っ込まれまくりで、ズタボロにやられた記憶があります。

とにかくダメダメでした。笑

創業者で現在代表取締役の齊藤との出会い

>centerwaveの代表取締役である齊藤とはどういうきっかけで出会い、centerwaveに入社しましたか?

齊藤とは前職が同じで同期入社でした。入社から1年数か月して彼が副業でネット物販を始めてて、よくその話を聞いていました。お互い1年10か月で退職する事になり、そのタイミングで齊藤が個人事業主として独立するということで、それなら一緒にやってみたい!という思いで挑戦する事を決心しました。



centerwaveで今まで経験してきた事

>centerwaveには2015年の個人事業時代から入社し、2017年2月には取締役にもなりました。その中で今まではどんな仕事を経験してきましたか?

初期はアフィリエイトサイトの運営を行っていた時期もありました。また、弊社ではリユース事業も行っている為、取引先からゲーム機やCD・DVD、月間数十万冊ほどの古本が届き、仕分け作業にかなりの時間を使ったり、支社の業務フローの構築を行ったり、ECモール販売の責任者として立ち上げから安定した収益を出すまでの仕組み作りを行ったり、新入社員教育を行ったりとやってきたことは色々ありますね。

そんな中で2019年9月に、弊社のビジョンと時代にマッチし、今までやってきたことも活かせる事業としてレディースアパレルのD2C事業が始まりました。

2019年9月から始まったcoko.tokyoの事業責任者

>レディースアパレルのブランドをやると決めて、SNS運用やアパレル未経験からのスタートでしたが、当時の事や最初の苦労話などがあれば教えてください。

ECモールの販売責任者の経験があったのでその時に得たマーケティングの知識を応用しながら、プラットフォームに依存しない集客を行う方法を色々試していきました。

立ち上げ初期は、SNS発のレディースアパレルブランドが乱立していた時期だったこともあり、どうしたらお客様が求めるモノを提供しながら、他社とバッティングしないかを常に考えていました。

自分自身アパレルに対して知識があるわけではないので、社内のアパレルに興味のあるメンバーにヒアリングしながらテストマーケティングを繰り返し、その時々の最適解を見つけていきました。

そんな中、新型コロナウイルスの影響で海外から仕入れている商品が、日本に入ってくるのが1か月以上遅れてしまうとわかった時は、お客様にご迷惑がかかってしまう、立ち上げたばかりのブランドなので信用もないため、今まで買ってくれたお客様も離れていってしまうのではないかと不安に思うこともありました。

そこで、我々が今やれる事を真摯にやろうと思い、お客様一人ひとりに誠実にご連絡させて頂き、しっかりと対応させて頂きました。そんなこともあり、お客様からの不安を最小限に抑えることができたかと思います。



現在の業務

>ブランド運営開始から1年が経ちましたが、現在はどのような業務をやっているのかについて教えてください。

かなり少数のチームなので比較的多くのことを請け負っています。

事業責任者として戦略的な側面、例えばKPI管理と売上のコミットは勿論、マーケティング施策の立案やブランディング戦略を練ったり、SNS広告の運用、Instagram運営の企画立案及び運用、クリエイティブの作成、商品企画など事業責任者とはいえど少数チームなので、自分で立案した施策を自分で実行することがほとんどで手を動かしてる時間は長いですね。

チームメンバーが請け負ってる業務としては、商品企画、カスタマーサポート、Instagram運営の企画立案及び運用、クリエイティブ作成ですね。業務に関してはメンバーの特性を見ながら割り振りを決めています。



どんなチームにしていきたいか

>今後更にブランドを発展させたり、新しいブランドを立ち上げていくフェイズに入っていくと思いますが、どんなチームにしていきたいと考えていますか?

団結しながら長期的に目標にコミットし続ける為に、新しい施策をドンドン生み出し実行できるチームでないと衰退していくと考えています。

その為、尊重し合いながら新しいアイディアを出し合える環境を作っていきたいなと考えています。

「独りよがりなブランド運営ではなく、お客様視点で見たときにどうか?」

「一緒に運営しているチームメンバーはどう思っているか?」

相互に向き合いながら運営する事で良いチームが作れると考えています。

メンバーが出してくれるアイディアに対して常に肯定な姿勢でいると、どんどん意見が活発になるので、

「なにそれ!?おもしろ!」みたいなアイディアが生まれたりするんですよね。

もちろん肯定しながらも、リソースは限られているので優先順位をつけて実行する為、全てを実行できるわけでは無いですが、常にそのような環境作りをしておくということが大切なのかなと感じていますね。


どんな人が向いているか

>今後coko.tokyoをはじめアパレルブランド事業での採用を増やしていく上で、どんなタイプの人が向いていると考えていますか?

弊社のビジョン、ミッション、バリューに共感しているという事は大前提として、その他には大きく4つあるかなと思っていて、

1つ目はブランド運営を通して事業をイチから作ってみたい人ですね。なぜかというと弊社では経験を積んで実績が認められたら、ブランド責任者としてイチから立ち上げに携わるチャンスも用意しています。20代前半で事業立ち上げに関われるチャンスは、自ら起業したり、リクルートやサイバーエージェントなど次々と新規事業が立ち上がる企業で大勢の優秀な若手人材の中からチャンスを掴み取らないといけなかったりと多くの人はハードに感じるのではないかと思います。そのため弊社のようなまだ人数が少なく経営陣や事業責任者と距離が近い環境で、会社、事業の成長とともに自らを成長させていけることに楽しみを感じとれる人は向いているのではないかと思います。

2つ目は泥臭く地道に施策を実行できる人ですね。InstagramでD2Cブランドの運営と聞くと、少し華やかな見え方をするかもしれないですが、行っている業務は極めて地味なので、そこに過度な期待をしている人は向かないかもしれません。勿論マーケティング企画のアイディアやInstagramの運用のアイディア出しはどんどん行って活気ある場にしたいと考えていますが、一方でただ単に意見を発したりするだけではなく、当たり前のことですが、チームとしてやると決めた事に対して愚直に実行でき、やり切れる人でないと難しいのかなと思います。

3つ目は数字をもとにロジカルに意思決定できる人ですね。感覚やセンスで語られがちなアパレルの業界ですが、データを見て合理的な打ち手を試し続けることで、その先に飛躍した、右脳的なアイディアがあると思うので、しっかりと数字を見れるというところは大事ですかね。今までの経歴で数字と向き合う機会が無かったという人でも、ここを念頭に置いて貰うだけで入社してからの成長速度は変わると思います。

4つ目は目先の結果に一喜一憂せず長期視点で考えることができる人ですね。これは2つ目と通じる部分もあるのですが、事業を運営していく中で良い時もあれば悪い時もあります。これが正しく身についてないと、調子の良い時に傲慢になり地に足の着いた事業運営が出来なくなったり、逆に悪い時に一時が万事とネガティヴになりすぎる人もいたりします。なので目の前の事に過度に反応しすぎずに、長期で見たときに今やるべきことは何か?と冷静に物事を捉える能力は必要ではないかと思います。


ブランドの展望

>coko.tokyoの事業をスタートしてから約1年が経ちましたが、今後はどういうブランドにしていきたいですか?

ブランド立ち上げ約1年で7.5万人のフォロワーを達成し、多くの人に応援して貰えたので、Instagram発のD2Cブランドとしては、ひとまず、スタートラインに立てたかなという感覚ですね。今後もお客様としっかり向き合いながら洋服を通して、より多くのお客様に365日のワクワクをお届けし続けるブランドにしていきたいという思いです。これは立ち上げ初期に作った事業ビジョンと変わっていないですね。

これから新しいブランドの立ち上げや、既存ブランドの次の展開も考えていますので、一緒にブランドの事業運営や立ち上げをやりたい!という熱意のある方は、前職の経験やスキルの有無問わず募集中です!



株式会社centerwave's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more