1
/
5

FraudAlertを支える女性エンジニアが語る。カウリスに所属する理由【社員紹介 #3】

今回ご紹介するカウリスメンバーは、セキュリティ事業部開発課エンジニアの宮津知美さんです。

CS(カスタマーサクセス)からエンジニアまでを社内で経験した宮津さんのこれまでの経歴とカウリスへの加入のきっかけ、感じているカウリスの魅力を紹介します。

▼カウリス入社までの経歴を教えて下さい。

大学卒業後、SIerに入社して、エンタメ系企業の案件や官公庁案件に携わりました。

その後、実装のスキルをもっと磨きたいと感じ、決済系のWebサービスを手がける会社に転職し、実装の経験を積みました。

カウリスは3社目になります。

▼カウリスへ入社したきっかけは?

前職はWeb系の企業だったのですが、エンジニアが作ったものが顧客のもとになかなか届かないという課題感がありました。

エンジニアとビジネスサイド、両方の言葉や視点がわかる人材になりたいと思い、開発経験を生かしながらビジネスサイドで働く道を模索し始めました。

そのときに出会ったのがカウリスです。会社として、自分が求めていたポジションがまさに必要なタイミングということもあり、ここでなら自分のやりたいことをできると感じました。

希望通り、カスタマーサクセスとして入社し、エンジニアとビジネス両方の観点を持って働くことになりました。

今は基本フルリモートですが、出社時はFINOLABのフリースペースを利用して作業することもあります。

▼カウリスでどんなことをしている?

カスタマーサクセスとしては、自社サービスであるクラウド型不正アクセス検知「FraudAlert」の導入コンサルティングやお客様のサポートを行いました。サイバーセキュリティ分野のサービスということもあり、ビジネスの視点だけではなくエンジニアとしての視点が必要とされることが多々有り、前職の経験が活きました。

1年ほどカスタマーサクセスとして働いた後、2020年の頭にエンジニアに復帰しました。

復帰した理由はここで語ると長くなるので割愛します(笑)気になる方は是非話を聞きにきてください。

現在は、バックエンドの保守や追加開発を中心とする業務に取り組んでいます。具体的に言うと、自社サービスの不正ログイン検知WebAPIと周辺機能、ちょっとした自動化ツールなどの面倒を見ています。

Javaでのアプリケーション開発がメインになりますが、サーバレス等で他の言語を使うケースもあります。

プログラムを書くだけでなく、要件定義や基本設計などのいわゆる上流の部分から全て担当することもあります。完全に決められたものを作業的に作るのではないため、自分でプロダクトを成長させている実感を得られています。

▼カウリスの魅力は?

一人一人のやりたい仕事、やってみたい仕事を応援する文化でしょうか。

事実、自分がカスタマーサクセスからエンジニアに復帰した実例があります。

自分とは逆にエンジニアからビジネスサイドの職種に異動した他のメンバーのケースもあります。

もちろん会社にとって必要な仕事であることは大前提ですが、関わりたいプロダクトや挑戦したい業務など、希望にしっかりと向き合ってくれる印象を持っています。

FINOLABの共有スペースにて

▼どんな人がカウリスに向いていると思いますか?

開発組織に限っていえば、最近は緻密な部分も深く考慮できるタイプが好まれる傾向がありますね。

ミッションクリティカルな部分に導入されるシステムなので、会社が成長するにつれて、失敗時のインパクトも大きくなってきているというのが正直なところです。

勿論、まだまだベンチャー企業なのでチャレンジを日々していますが、大手の金融機関様などが顧客のため、システムダウンといったような障害を起こさないよう、リスク管理をしっかりと取る必要があります。

一方で組織としてはまだまだベンチャーで未整備の部分もあるので、そのアンバランスさも含めて楽しめる方が向いていると思います。

株式会社カウリス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more