This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

CARRACの新しい指針、社員がイチから創った“VALUE”誕生秘話

CARRACは「価値ある”意志”決定シーンを創る」をMISSIONに掲げる、デジタルマーケティングエージェンシーです。そのMISSIONに向けての道標として、新たにVALUEが策定されました。このVALUEは社員たちが自ら策定し創り上げたもので、先日実施した『CARRAC AWARD』でもその功績を称えられMVPを受賞。今回はVALUE策定チームの主幹となった井手口に、CARRACの新しい行動指針であるVALUEについて語ってもらいました。

グロースデザイン部:井手口

第1ユニット、ユニットリーダー。今回のVALUE策定チームの主幹として、VALUEの完成に大きく貢献。2016年中途入社後、2019年4月ユニットリーダーに就任。主にアフィリエイトプロモ―ションにおいて強みを持ち、粘り強い姿勢と熱い情熱でクライアントの信頼を勝ち得る。

VALUEとは「共通言語」、だからこそ多様なメンバーで

もともと、今回のVALUE策定に至るきっかけとなったのは、2月のリーダー陣の合宿(CARRACはリーダー陣の合宿を定期的に実施)でした。これからのCARRACをどうしていきたいか、個人ベースで考える機会があって。そこで私が話した価値観に対して、末澤さん(代表)に共感をいただいたことから、VALUEを完成させる策定チームの主幹になりました。策定チームのメンバーに関しては、「今後一層多様性をもっていくであろうCARRACのこれから」を一緒に考えていきたいと思ったので、多様なバックグラウンドを持つメンバーに声がけをして、ジョインしてもらいました。

この先の人生において、不変の軸になるようなものができた

そんなメンバーたちと一緒に、約5か月の期間を経て完成したのが今回のVALUEです。メンバー1人ずつのこれまでの人生経験や仕事を通して培った価値観を、とことん深堀して集約・概念化していきました。これが思ったよりとても難しく、時間を要しました。人生でこんなに自分の価値観に向き合ったことはないかもしれない、と思うくらい深堀を繰り返しました。VALUEが実際に完成してみて今思うのは、私自身、この先「社会にかかわる人間としてこうありたい」というすがたに対しても、軸になるようなものができたと思っています。そしてCARRACにおいて、この先組織が成長してメンバーの増加や変更があったとしても、このVALUEがあれば全員が一つのチームとして進んでいける、そういうものに育ち、根付いていってほしいと願っています。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼CARRAC 5VALUE

1.Limitless・・・もう一歩先へ

「価値ある意志決定シーン」はその人が「未来に対し、ポジティブな意志をもった(変化を望んだ)」際にうまれるもの。                                         そんなシーンをつくるためには、まずわたしたちが、自分自身を決めつけず、絶えず「現時点での最良」に対し問い続け、絶えず「betterの更新」を目指し続けるべきである。                ここでいう「価値」にゴールライン(限界)はない。

2.Stay Honest・・・どこまでも真摯に

「価値ある意志決定シーン」は私利私欲をまじえず、真に相手を想いつづける姿勢・行動をもとに、正しく成り立つもの。                                       なぜならば、価値ある意志決定は、そこに『信頼』がなければ、生まれないからである。また、真に相手を想い、向き合い続ける「熱量」は時に相手の「価値ある意志決定」を"後押し"する。

3.Act Right・・・正道をいこう

「価値ある意志決定シーン」とは“本質的な理解・判断”のもとに生み出されるものである。      「本質」とは何か。                                      「なにが本当の事実なのか」「何を”最適解”とすべきなのか」常に追求し続けるべきである。      それを見極めるために、私たちは常にあらゆる情報を客観的・多角的に整理し、取捨選択を行い、そのためには常にフラットな視点・姿勢を忘れず、かつ、クリーンな存在で居続けなければいけない。

4.Go Forward・・・未来を起点に

価値ある意志決定、つまり、「未来」に対し、ポジティブな意志を持つ(変化を望む)シーンを創るには
我々は常に社会の変化を意識・想像し、誰よりもその「未来」を見つめ続ける事が必要である。    そして、我々自身が、「どんな未来になるか?」「その未来に対し、どうありたいのか?」という問に
向き合い、そして、その答えを口にできる集団でありたい。

5.Make a Move・・・まず自分から

「価値ある意志決定シーン」をつくるには「この人にとっての”価値ある意志決定”とは何なのか」を
イメージできなければいけない。
そのためには何よりも相手のことを知らなければいけない。
相手を知るためには「相手の価値観をまず受け入れる」「まず自分から最初に与える」「相手と一緒の目線を大切にする」ことが大切である。そしてその先に信頼を得る必要がある。

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の価値観と合わせて、日々の中で体現して欲しい

今回AWARDではMVPに選んでいただき、とても嬉しかったです。ただ、実際にはまだVALUEが完成した段階なので、これから浸透させていくうえでの活動こそ、しっかり取り組んでいかなければいけないと考えています。具体的にはCARRACのメンバー全員がこのVALUEをしっかりかみ砕いて消化し、実際の日々の活動の中で体現していけるように、ワークショップ等の実施を策定チームで企画中です。立場や年次等は関係なく、メンバーが日々の行動や自身のあり方に迷った時に、このVALUEがより良い判断の手助けや後押しになってくれるように、大切に育てていけたらと思います。

▼CARRAC AWARDでのMVP受賞の様子

HR・CC部より

CARRACでは現在、中途採用を積極的に募集しています。少しでも興味を持っていただけましたら、募集ページや他の記事もぜひ見ていただけますと幸いです。皆様からのご応募お待ちしております!

CARRAC(株式会社カラック)'s job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more