1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

初心者でもわかる!AR・VR・MRの活用紹介!

近年、VR・AR・MRなどの新技術が生活をより良くするために開発され、注目を集めています。それらの技術の違いは何か、または何に活用されているのかを本記事では明らかにしてみましょう!

VR(Virtual Realityー仮想現実)

VRとはコンピュータで現実に似せた仮想世界を作り出し、あたかも現実世界にいるような感覚を体験させる技術です。

2016年はVRの年元と言われ、Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation等の様々なVRツールを登場されて、凄く注目されました。

VRはゲーム開発や映画などのエンターテインメント業界によく活用されています。「Sword Art Online」映画にある人間が仮想環境に生きているような体験をさせるNerveGear機械はVRの将来だと予想されています。VR機械を利用する時に全く現実環境を見えないので広い空間で利用することをおススメです。

また、VRは不動産、ヘルスケア、災害救助等の色々な分野にも活用されています。

AR(Augmented Reality―拡張現実)

ARとは、コンピュータ等で作った仮想物体を現実世界に反映(拡張) させる技術です。例としては、PokemonGoは仮想なゲームですが、このゲームに反映されるプレイヤーの座標は現実の座標です。

ARは以前からあった技術ですが、2016年にPokemon Goというゲームでよく注目されるようになりました。2017年、多くの会社がARや位置情報に関わるゲームアプリケーションを開発することを始めました。

VRのMicrosoftのHoloLensはかなり有名ですが、Smart Contact Lens等の製品は将来的により注目されると予想されています。

ARはスマートフォンだけで利用できますが、VRとMRの場合は他のサポート機械が必要です。

MR(Mixed Reality –複合現実)

MRとは現実世界と仮想世界をより密接に融合させ、バーチャルな世界をよりリアルに感じることを可能にした、ARをさらに発展させた技術です。MRは50%のVRと50%ARを合わせることで誕生されたことを理解してもいいと思います。

MRの代表的な例としては、マイクロソフトが開発した「Microsoft HoloLens」があります。

MRは建築業界によく活用されています。例としては、HoloLensで現実の家の床をスキャンして、仮想環境に反映して、椅子、机等の仮想な物を置いてみるなどのレイアウトなどができます。

まとめ

上記でVR・AR・MRの概要とそれらの活用について紹介しました。将来的に凄く発展する技術だと思うので、興味がある方は是非それらの技術の活用されているアプリケーション等を実際に体験してみてください。

弊社のAR・VR・MR実績は下記からチェックしてみてください。

https://www.capa.co.jp/ms_vrarmr

それでは!

株式会社キャパ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more