Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

英語が話せない私が海外研修で感激したアプリとは?!

こんにちは、キャパの大塚です。

新人研修の引率から帰国して2週間ちょっと過ぎました。帰国してすぐは時差ボケにかなり苦労しましたが美味しい日本食を食べて復活です!(^^)/

サンフランシスコ研修に参加した新人が記事を書いてくれているので、更新していきたいと思います。また、現地で体験したIT技術や展示会の様子は弊社コーポレートサイトのブログにて公開予定です♪

チェックしてみてください!

こんにちは。キャパ営業部の大倉です!

先日新人研修の一環としてサンフランシスコに行ってきました!

サンフランシスコに初めて行って、AppleやGoogle,Facebook、Airbnbなどの大企業の本社が一つの街に集まっていているのを実際にみて、日本とは違う規模感に圧倒されました!

そんな、初めてサンフランシスコに行った英語のできないわたしが、感激したアプリを紹介したいと思います!

  • 配車サービス「Uber」

皆さんは、配車サービスの「Uber」知っていますか?

まず「Uber」とは?


2009年にアメリカで誕生した自動車配車プラットフォームです。読み方は「ウーバー」。仕組みをひと言で言うと、一般人が空いた時間を利用してタクシー運転手のような仕事を行い、スマホアプリを通じてマッチングした利用者が乗車するというライドシェアリングサービスです。アプリで簡単に車を手配できるという手軽さが受け、近年のシェアリングエコノミーの普及とともにサービス地域を拡大。2019年7月現在、世界65ヶ国・600都市以上で展開しています(アプリは日本語にも対応)

日本ではまだまだ普及率低めで、値段なども5000円~などお手頃とは言えないお値段なので、サンフランシスコで実際に乗車してみて、便利さにとても感激しました。

Uberの使い方↓

Uberを利用するには、スマホが必要です。以下の手順で登録を行います。

1. スマホにアプリをインストールします。

2. アカウントを登録します。日本で登録すると割引クーポン(プロモーションコード)が日本でしか使えないので、海外でクーポンを使いたい場合は海外で登録するとよいでしょう(登録にはWi-Fi環境が必要)。初めてUberに登録する場合は、クーポンを使って無料で乗ることができることもあります。クレジット決済なので、クレジットカードの登録も必須です。

※海外で初めてUberを利用する場合は、携帯に送られる認証コードが届かない場合もあります。その際には、アプリまたはUberウェブサイトのヘルプページからUberに問い合わせる必要があります。

3. 配車するには、アプリで行き先を文字入力して検索します(Wi-Fi環境が必要)。今いる場所の近くにいる車が表示されるので、車種とドライバーを選びます。車種の下には料金の目安も表示されるので、おおまかな見積もり料金をあらかじめ知ることができます。

4. 配車する車を決めたら「ハイヤーを依頼する」ボタンから予約を行います。

5. アプリに表示された時間(7分など)が経つと、今いるところに予約したドライバーが到着します。

6. 乗車したら、行き先はすでにアプリ上で伝わっているため、改めて言葉で伝える必要はありません。アプリ上で決済が行われるため、料金を支払う必要もありません。

7. 目的地に到着したら、あとは降りるだけ。チップもアプリ上で決済することができます。

英語を話せない私でも、行き先を入力するだけで目的地に行くことができるので海外旅行には、欠かせないものになりそうです!!(`·⊝·´)

以上、私が実際に使って感激したアプリの紹介でした!


引用:https://www.travel.co.jp/guide/howto/85/

株式会社キャパ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more